English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

Categorys:ポルシェについて

PORSCHE 356 SC の話が続きます・・・

怒涛のお盆期間も

例年よりも忙しい営業となりました。

 

 

夕刻、30分程度ですが高速走行を楽しんでみました・・

 

 

DSCN0897

 

相変わらず始動には少し手こずりますが高速は気持ち良く走ることができます。

 

 

この年式で90マイル前後を安心して巡航できるのは流石にポルシェ

 

DSCN0895

 

早くスロー系のキャブ調整が出来ることを願うばかりです。

 

 

それにしても運転が楽しくて仕方ない356SCです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

走行写真は貴重です・・その2

近畿道を使って向かったのは奈良

 

 

主治医も同じで気の合うエンスー宅

 

DSCN0727

納車日も数日しか違わない気の合いよう(笑

 

この個体はカブリオレのボディにルーフ部を取り付けたタイプで相当に貴重な個体のようです

通常のボディと比較するとリアクォーターガラスの形が違います。

 

 

姫路・奈良・徳島の356

DSCN0742

 

この後、これまたポルシェ繋がりの三輪素麺ファクトリーに向かいます。

 

DSCN0748

 

 

そこには地元のご友人が何とプレA356で合流となりました

DSCN0756

 

美味しく冷やされた素麺を堪能することができたのであります・・

 

 

・・・奈良盆地の暑さは車と共に堪えました。

 

終わり

走行写真は貴重です

7月初旬の炎天下の中

 

356SCを駆り、果敢にもロングツーリングに出かけました・・

 

DSCN0852

 

近畿道をランデブー走行した356仲間が撮ってくれた1枚

 

 

走行中の写真は難しいかと存じますが大変上手く撮れているのです・・

 

 

 

早速、モアナコースト フロントのギャラリーに飾りました。

 

DSCN0853

DSCN0854 Uさん、有難うございました。

 

 

2年の月日を経て蘇る・・

早いもので今日から7月

つまり、昨日で一年の半分が終わったわけです。

 

 

 

時間はあっと云う間に過ぎ去ります・・

 

 

 

 

 

あれから2年

6月30日の大安、無事に356SCが納車となりました。

 

ところで納車の日のことをウィキペディアで調べてみました。

6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)」と云い、この半年の罪やケガレを祓い、残り半年の無病息災を願う日なのだそうです。

 

 

さらに

 

6月30日で一年の半分が終わります。この半年の間に身内に積もった罪や穢れ(ケガレ)を落とし、後の半年の息災を願う行事が「夏越の祓(なごしのはらえ)」です。「大祓(おおはらえ)」ともいい、年に2回6月末と12月末に行われる神事ですが、民間信仰として広く親しまれてきました。厄除けの茅の輪(ちのわ)をくぐり、人形(ひとかた)に穢れを移して川に流し、災厄をはらいます・・

 

 

以上のような記述がありました。

 

DSCN0699

 

是非、コイツにも無病息災を願いたいものです

 

 

 

 

早速、鳴門のマン島を試乗します

 

DSCN0708

 

DSCN0709

 

始動時に少しクセがありますが運動性能はダイレクト感がほど良い刺激となり

ドライブ(運転)していることが体中に伝わります。

 

 

 

高速道にも乗り入れてみました。

DSCN0715

 

 

80マイル(120K~130Km)辺りで流しても安定感があります

やはりポルシェ

53年も前に製造とはとても思えない乗り味

SCよりも5年後に造られたMG MIDJETと比較しても大きく違いを感じるところです。

 

 

 

再度、夕刻のマン島へ戻ります

DSCN0675

 

 

DSCN0719

 

過去、930・928・964・993・997・718等々乗り継いできましたが

丸みのある圧倒的なフォルムは356が突出しています。

 

前、後ろ、斜め・・どこから見ても飽きることの無い美しさですね。

 

 

 

DSCN0722

 

 

ソレックスキャブのジェット類のパーツの交換で始動~低速域の改善できれば完璧です。

 

 

718 以外で初めて見るマイアミブルー

 

梅雨入り前の薄曇りの鳴門

 

 

ポルシェセンターさん曰く

「リゾートホテル  モアナコーストにはこのカラー」と言わしめたマイアミブルー

 

718ケイマンのカタログでもご存じかと

718・ケイマン

 

その特注カラー マイアミブルーでお越しの991カブリオレ

DSCN0667

 

カタログで見るよりも実車の色合いはずっと良いです

 

964時代のルビーストーンレッドの実物の良さ・・と云えばお判りでしょうか?

 

DSCN0669

 

機会あれば是非ご一緒したいと存じます

 

 

DSCN0670

 

有難うございました。

1 / 1112345...10...最後 »