English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

Categorys:ポルシェについて

30年越し・・・11月の記念ツーリング その2

DSCN1719

大分道を1時間も走れば湯布院

 

 

ICから直ぐに「岩下コレクション」は在りました。

http://www.geocities.jp/iwasita_c/

 

 

 

 

DSCN1744

 

オーナーである岩下氏にお会いするのは30数年振りとなります。

 

つまり、岩下氏がこの「岩下コレクション」の準備を進めていた時期にお会いしているのです。

 

 

 

DSCN1735

 

膨大な数のアンティークの品々

 

もちろんメインはバイクです。

 

DSCN1725

 

DSCN1730

 

DSCN1732

英国車もきっちりおさえてあります

DSCN1731

コチラが超有名なコレクションの一つ

 

 

 

 

 

 

 

DSCN1740

 

DSCN1742

 

他にも昭和モダンなコーナーも充実しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回、訪問の最大の目的であるコーナーに向かいます

 

緊張の中、

その場所はフロアの一番奥、1960年代後半~1970年代のコーナーに在りました!

 

DSCN1739

 

そうです、私が大阪マッハクラブ時代に仕上げたH1!

 

 

信じられませんでしたがあの当時のまま・・

一気にあの時代・・マッハに明け暮れた毎日を鮮明に思い出したのです。

 

 

まさかあの時、本当にこんなに素晴らしいミュージアムに飾られるとは思いませんでした・・

 

 

匂いや色、道具or音楽は人間の中に深く刻まれています

今回の体験で否応なしにそう感じた瞬間でした。

 

 

 

 

名残惜しいのですが

岩下氏とも再会を誓い出発しました。

 

 

 

お昼も過ぎており、近隣でお勧めと聞いたピザ屋さんに向かいました。

DSCN1755

 

DSCN1754

 

湯布院を見渡せる小高い場所で食します

 

DSCN1748DSCN1751

 

 

 

 

食後は湯布院のブランド戦略等について勉強させて頂きました。

 

DSCN1778

 

 

DSCN1777

 

DSCN1773

 

DSCN1769

 

海外からのお客様はもちろん、日本中からも大勢お越しになりリピートするのが分かります。

 

 

是非、こうした空間を参考にさせて頂き、モアナコーストにしかないブランド力を付けたいと感じたのです。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても湯布院

そして、九州各地は又訪れたいと感じた弾丸ツーリングでした。

 

DSCN1797

 

30年越し・・11月の記念ツーリング

11月9日は33th wedding anniversary

 

予てより計画していた湯布院に行ってきました。

 

今回も1泊2日の弾丸ツーリングですが敢えて佐田岬~フェリーを使って九州入りを計画

 

 

その理由の一つが八幡浜のイタリアンに立ち寄ること。

 

 

八幡浜在住のポルシェ仲間から教えて頂いたお店がコチラ

http://www.y-amalfi.com/

 

 

到着すぐにノンアルコールで乾杯IMG_1217

 

 

 

弊社、モアナコーストのGCとも親交のあるソムリエさんと話が盛り上がりました。   IMG_1218DSCN1657

 

こんな提供も良いですね・・   IMG_1219IMG_1220 大変美味しく楽しませて頂きました。

 

 

 

 

佐田岬の風光明媚な筈のワインディングも小雨で残念な天気

 

 

フェリー乗り場に着く頃には曇り空になってきました・・

IMG_1227

IMG_1228

 

待ち時間の間、近くを散策してみると

 

面白い木を発見

IMG_1221

 

天然記念物の「アコウ」IMG_1222

 

随分前、高知の足摺岬にツーリングした時にも見かけました・・

 

 

 

 

1時間程で別府湾の南、佐賀関港に到着

 

一気に原鶴温泉を目指します。

 

DSCN1686

 

 

 

今回の宿泊地は筑後川沿いの原鶴温泉・六峰館

社長であり友人とは凡そ10年振りの再会となります。

10554554

 

92_1495591636

 

92_1495491892

 

 

夕食時の写真が上手く撮れてないのでHPからイメージを92_1495437448

 

 

翌日の早朝、筑後川を散歩

DSCN1676

 

脇の水路からは湯気?DSCN1678

 

 

 

DSCN1669

 

DSCN1671

朝食も丁寧な内容で好感がもてました

 

 

 

 

 

 

そして、今回のメインイベントである湯布院「岩下コレクション」に向かいます!

 

DSCN1798

 

 

 

続く・・

 

二日間で70数台・・

11月の週末はツーリング日和

 

19日(日)は主治医としてお世話になっているフロッシュ秋のツーリング

http://www.frosch911.jp/blog/2017/11/post-573.html

 

DSCN1830

 

DSCN1819

 

総数52台で ほゞ空冷!

 

なんとカラフルで見栄えの良いことでしょう

 

 

忘れないうちに集合写真

IMG_1281

 

参加人数も92名と超弩級

DSCN1815

 

恒例の抽選会も大いに盛り上がりました!

 

DSCN1805

 

DSCN1824

 

大学の単車部の後輩も秘蔵のRSCSでカッ飛んで来てくれました・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして26日(日)はFast Garageさんのツーリング

DSCN1842

 

DSCN1846

 

こちらも空冷オンリー

 

 

930と964が多かったのがこのショップの特徴を示しております

 

 

特にコレは!と思ったのがこの930

DSCN1848

 

DSCN1844 フロントフォグも無いことから本物のクラブスポーツかと・・

 

 

DSCN1845

 

 

DSCN1860

 

 

関西のヘビーな空冷ファンに大勢お越し頂き、大変嬉しかったのであります。

 

 

ポルシェフリークな皆様、本当に有難うございました。

356 SC ステアリングの感触は・・

ステアリングの交換でめっぽう気を良くしたその日

 

その他、プチモディファイを行いました。

 

 

DSCN1340

ポルシェジャパン30周年の記念バッジ

 

 

 

ガレージ内の本棚にディスプレイしていたのですが

この際、356 SC のエンジンフードに取り着ける事としました。

 

IMG_1086

ナットを左右4か所緩めるとグリルが外れます

 

IMG_1092IMG_1090

蝶ネジが緩まないようにボンドで抑えます。

 

 

 

IMG_1095

 

 

さらにF2のオーナーから頂いたステッカーを貼ります

DSCN1452

 

 

 

早速、鳴門のニュルブルクリンクで感触を確かめます

 

DSCN1459

 

DSCN1461

 

交換前の964カップカー用に比べると一回り大きくなり

悪い路面でのダイレクト感が和らいだのと同時に腕の位置が適切になりました。

(5cm位ディープ度が無くなりました)

DSCN1467

 

さらにドライブが楽しくなった356 SC なのでした。

 

正に探していたステアリング

スピードショップF2のオーナーより薦めて頂いたのがコチラ

DSCN1436

 

ご存じMOMOのウッドステアリング

外形も38cm、グリップの太さもベストです。

 

DSCN1440

非常に丁寧な造形美

 

DSCN1438

ご覧のように1992年製のデッドストック品

 

何と云ってもボスやホーンボタンが、今装着しているモノを流用できるのが嬉しいのです。

 

 

さらに購入の決め手となったのがこの細工

DSCN1435

よりクラシカルな雰囲気にする為、マイナスネジを使っているのです。

(このマイナスネジはオーナーが特注で造らせたオリジナルネジ)

さらには精巧なテーパーを付け、ウッドの丸みが損なわれないような絶妙のバランスとなっています。

 

 

 

早速、取り換えてみます

 

DSCN1396

この964カップカーの純正ステアリングも大層貴重な品物

将来、964が増車しても良いように大切にストックです。

 

 

 

 

ものの5分で交換終了

 

DSCN1448

 

これは良い買い物ができたと実感!

 

続く

 

 

 

1 / 1412345...10...最後 »