English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

Categorys:クラシカル英国車

戻ってきました・・MG MIDGET

IMG_0627

 

5月の神戸イベントの際、思わぬアクシデントに見舞われたMIDGET

 

3か月振りに修理と化粧直しを終え、戻ってまいりました。

 

 

 

早速、足回りのデキを確かめるべくマン島を走らせたのです。

 

IMG_0634

IMG_0636

 

驚く程に変わりました!

 

新品の板バネとブッシュ類を入れ替えるだけでこんなに違うとは想定以上です。

 

中速域で明らかにストロークが無いなと感じながら鈍い挙動だったタイトコーナーも

しっかりとリアタイアにトラクションを掛け、出口に向けて抜けることができるようになりました。

 

さらに

車高も適切な高さとなり、直線の悪路でのガツンとくる底突きも無くなったのです。

 

IMG_0633

 

IMG_0623

 

チリ合わせも絶妙

 

ボンネット裏もご覧のようにエンジンルームが映るほど綺麗にして頂きました。

 

 

そして今回は

ボンネットの角は敢えて着けない仕様に・・

 

IMG_0622コックピットは何もしていませんが何故かレーシーになったような?

 

 

 

 

今回の作業のおさらい

 

IMG_0418お世話になったフロッシュさん御用達のこだわりショップ

 

IMG_2024全剥離の状態

IMG_0412IMG_2025こんな穴も逃しません

 

 

IMG_0416IMG_2023ミリ単位で修正

 

 

IMG_2026こちらはフロッシュさんでの作業

デスビキャップの中で踊っていたコンデンサーの固定穴をヘリサートで切り直し

IMG_2027IMG_2028

 

 

 

そして足回り

IMG_2030これだけの差がありました!

 

IMG_2029IMG_2031

全く役目をしていなかったブッシュ類

 

 

 

 

 

気分爽快でガレージへ戻ると

IMG_0638

 

バイク達も「兄貴お帰り」と云っているようでした。

 

 

 

 

 

 

RGS に続いてT110を

IMG_0469

 

記録的な酷暑は鳴門でも続いています

 

 

暑さも少しはマシになる夕刻の木陰

RGSに続きT110の手入れを行いました。

 

IMG_0464

 

薄く錆びが見受けられるStagium mirrorIMG_0467

 

真鍮ブラシで磨きます

 

IMG_0462 MADE IN ENGLAND が誇らしげですね

 

 

 

念の為に予備のストックを探してみると・・

https://www.classicbikeshop.co.uk/  スタジアムミラー入手可能です

 

 

 

その他、関連したクルマパーツも見つけることができました。

 

はるしおんみらーはるしおんみらー2

 

こちらも英国ではポピュラーなHALCYON はるしおん

 

MG MIDGET にも使えそうです。

 

 

 

やりがいのある夕方の時間でした

IMG_0538

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梅雨明け BSA Rocket Gold Star ワックス掛け

西日本各地で甚大な被害を齎した豪雨

 

鳴門は大きな被害は無かったのですがご旅行キャンセルが続出

夏以降に仕切り直しです・・

 

 

被災地の方々のことを考えれば何てことありません

 

 

我々とすれば

一刻も早い復興を願うばかりです。

 

 

 

 

さて、梅雨も明け

 

対策会議も終わった午後

日が傾くのを待ってRGSのワックス掛けを行いました

IMG_0421

 

この時期

 

ガレージ内も湿気が多く、メッキ類がくすんでしまいます

 

 

 

 

大汗をかきながらアルミ製のOIL注入蓋を磨いていて改めて気が付きました

IMG_0422

1962年当時のBSA指定OILが記載されていました

 

30年近く乗っていますが気がつかなったのです

 

MOBIL

SHELL

ESSO

CASTROL はポピュラーですが

ENERGOL? HAVOLINE? 調べてみました

 

 

ポスターbp どうやらBP社のシリーズのようです

 

当時のモノと思われるキャラクター付きポスターもカッコイイですね

 

 

27454517_1 こちらも現在はシェブロン社から供給しているようですが

旧車に使えるようなシングルタイプは生産していない様子

 

 

当時のこのデザインの缶、昔にどこかの修理屋さんで見たような記憶があります

 

 

 

 

IMG_0424

 

2時間近く磨き上げた後

キック2発で調子良く始動

 

 

 

 

次回はT110を磨いてやりたいと存じます。

 

 

 

 

BSA SPIT FIRE のオイル交換

IMG_0169

梅雨の晴れ間の午後

 

予てより予定のOIL交換を行いました。

 

使うOILはコレ

IMG_0145

古いバイクやクルマに乗る方はOILにもこだわりがあるかと存じます。

50年代~60年代の英車乗りの皆さんもそれぞれのお考えでお使いのようです・・

 

私の場合は30年以上、ずっとAMALIEを使っています。

真夏も真冬も、兎に角走るのが好きな方は粘度を変えているようですが

私はずっとSAE40です・・

 

IMG_0147抜く前のOILの状態

距離は走っていないのですが1年以上になるので交換です。

 

IMG_0148サイドカバーを外し

IMG_0151フレームに垂れないようマスキング

IMG_0156

ついでにOILフィルターも掃除しますIMG_0157

 

IMG_0158IMG_0160

 

AMALIEを3本注入

IMG_0165

 

今回はクランクケース底に残った少量はそのままに・・

 

 

キレイなOILがゲージに付いていますIMG_0167

 

 

 

 

エンジンを始動させOILが廻っているのを確認し完成です。

 

IMG_0144

 

次回はTR6の高速道路での試運転を行いたいと存じます。

 

IMG_0170

 

 

 

とても良い雰囲気です・・

以前にも少しご紹介させて頂いた

新しいタイプのオリジナル愛機パネル

 

 

完成品をお持ち頂きました。

 

IMG_0126

 

少し引いて見ると

 

IMG_0131

 

製作して頂いたのはNOBUKO AKIYAMA //TOTO’Z FACTORY//

URLはhttp://totozfactory.com/

 

受け取って驚いたのは軽さ

3mmのアルミ複合板に軽量のゲタのみなのです。

 

IMG_0127IMG_0128

 

簡単に壁から浮かせて取り付けることができます

 

 

IMG_0130

 

 

ご興味ある方は是非、お問い合わせてみては如何でしょう・・

1 / 512345