English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

Categorys:ホテルについて

冬でも花は欠かせない。

ガーデンチャペル、カサミエントの花を入れガーデンチャペル、カサミエントの花を入れ替えました。
今回はビオラです。ビオラにも多くの種類がありますがビーコンという上品なパープルを選んでもらいました。
まずは土のお手入れです。
いつもお願いしている“花曜日”さんは仕事が丁寧ですので安心です。


ガーデンチャペル、カサミエントの花を入れ準備が整ったところで植えていきます。
これから寒くなるのでいつもより多めに植えました。


ビオラ水を少しあげてやって完成です。
ビオラなら冬の間も可憐な花を咲かせてくれます。
何日かして植生が落ち着きましたら写真でお伝えいたします。

モアナには優秀な職人が沢山おります。

モアナの隠れたスタッフレストラン横の植栽が伸び、客席からの景色が遮られましたので剪定する事にしました。いつもお願いしているこの職人さんはモアナの隠れたスタッフの1人です。
私の難しい注文にも正確に応えてくれます。
この日もリクエスト通りに波打たせた微妙なバランスでカット?してくれました。


剪定後の景色途中ですが絶妙なバランスです。
来春までには真ん中辺がボリュームのある状態になっている筈です。

結果良好!

水質検査の結果水質検査の結果が送られてきました。
全く異常の無い内容でほっとしております。
今後はポンプの取り付けや配管方法に取り組みたいと考えております。
海から近いのに塩分が無いのには不思議な感じです。

どうやって活かそうか?楽しみ!

深度によって変化した砂のサンプルこの写真は深度によって変化した砂のサンプルです。
左側から右へ行くほど深い場所の砂です。
右端は水脈直前の粘土層との事。
この層の少し上で充分な水量を確保することができました。
近々には水質検査も終了するので結果が楽しみです。


井戸地上から6メートルくらいのところが水位です。
毎分200リットル近くは可能ですのでかなりの量が使えそうです。
来年もやって来る長い夏、芝生や花の水は心配なく過ごせそうです。

地下水に挑戦。

地下水工事開始ホテル前の畑だった場所で井戸を掘る事となりました。
鳴門市の上水道料金は以外に高く、年間にするとかなりの負担になります。
そこで、以前から温めていた地下水工事に取り掛かりました。
この界隈は砂地なので費用対効果が高いと判断しました。
ベテランの方と綿密に打ち合わせたので安心です。
工法は思ったより単純でした。
良い水が確保出きる事を祈りつつ、工事開始です。


地下水工事開始心配した音もそれ程でもなく順調に進んでいます。
非常にシンプルな良く使い込んだ機械です。
合間合間でギヤにオイルを差しながらの作業です。
このあたりは旧車にも通ずるところを感じさせます。
後ほど、結果報告を行います。
お楽しみに!