English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

Categorys:バイクについて

BSA SPIT FIRE のオイル交換

IMG_0169

梅雨の晴れ間の午後

 

予てより予定のOIL交換を行いました。

 

使うOILはコレ

IMG_0145

古いバイクやクルマに乗る方はOILにもこだわりがあるかと存じます。

50年代~60年代の英車乗りの皆さんもそれぞれのお考えでお使いのようです・・

 

私の場合は30年以上、ずっとAMALIEを使っています。

真夏も真冬も、兎に角走るのが好きな方は粘度を変えているようですが

私はずっとSAE40です・・

 

IMG_0147抜く前のOILの状態

距離は走っていないのですが1年以上になるので交換です。

 

IMG_0148サイドカバーを外し

IMG_0151フレームに垂れないようマスキング

IMG_0156

ついでにOILフィルターも掃除しますIMG_0157

 

IMG_0158IMG_0160

 

AMALIEを3本注入

IMG_0165

 

今回はクランクケース底に残った少量はそのままに・・

 

 

キレイなOILがゲージに付いていますIMG_0167

 

 

 

 

エンジンを始動させOILが廻っているのを確認し完成です。

 

IMG_0144

 

次回はTR6の高速道路での試運転を行いたいと存じます。

 

IMG_0170

 

 

 

少し前~最近の・・

少し前になりますが

 

相当、心揺いだクルマがコチラ

DSCN2840

関西よりご利用頂いたホンダマニアな皆様

 

DSCN2853

 

ホンダが一番輝いていた時期のS800

エンジンの吹け上がり、音質、サイズ感・・どこをとってもほとんどバイク

 

DSCN2856 こうしたバネの仕上げや使用するネジ・ナットにクロメート処理は泣かせます

こんなこだわりは大好きですね!

 

 

 

 

DSCN3354

こちらもポルシェ繋がりなバイク乗りご一行

 

DSCN3349

皆さん、私と同年代

40年位前の話で大いに盛り上がったのです

 

 

 

 

 

 

DSCN3502DSCN3504 お若いカップルでツーリング

ストリート系の女子ライダーも随分と増えてきました

 

 

 

こちらもおじさん系

DSCN3521

DSCN3518DSCN3527

皆様、有難うございました。

 

 

 

 

 

 

TR6 仕上がりました

予てより

車検及び細かな手直しをお願いしておりましたが

完成の報を受け大東へ引き取りに伺いました。

DSCN3343

DSCN3334

私のTR6 の隣には整備待ちのファーストボンネ

 

小川師匠と今回の整備状況を確認し、トランポへ積み込みます。

DSCN3339

 

 

走り慣れた阪神高速東大阪~3号神戸~淡路~2時間少々で無事に鳴門へ

 

DSCN3346

DSCN3345

 

 

 

 

 

今回の整備内容のおさらい・・

DSCN3497 ウィンカーやタペットのロッカーキャップ、プラグコード等々

 

 

特にウィンカーは英車にはこれしか無い「旧ヤマハAT1用」のモノ

20年位前にセット買いした最後の虎の子を使用

DSCN3501似合っています

 

DSCN3417プラグキャップもCHAMPIONの抵抗無しを入手

 

 

又、始動性に難のあったモノブロックをコンセントリックに変更

DSCN3495DSCN3499

 

 

その他

左のグリップも交換しましたDSCN3407

 

DSCN3410   こちらもかなり前にストックしていたブツ

 

DSCN3411このようにウィンカースイッチに沿わす部分を切る必要があります

 

DSCN3412加工後は

DSCN3415

すっきりです

 

 

 

 

その他

英車乗りの仲間から教えて頂いたのがコチラDSCN3423

 

 

DSCN3422ピカールとの違いを調べてみたいと存じます。

 

 

 

 

 

 

2018 春のブリティッシュラン ・・その2

翌朝も絶好のツーリング日和

 

DSCN3155

 

 

DSCN3167英車乗りのレジェンドS氏

 

先にご出発のご様子、秋の再会が楽しみです。

 

 

DSCN3172

 

集合写真の後、近くの高原までみんなでショートツーリングを行います。

 

 

30分程、峠のワインディングを楽しむと・・

DSCN3178

 

 

ここで一旦、解散

 

それぞれ再会を約束し、帰路に

 

 

国道とは思えないような険しい山道を1時間近く走りぬくと

DSCN3184

DSCN3183ここで小休止

 

 

DSCN3186

 

DSCN3187

 

DSCN3188

 

なかなか絵になる場所でした

 

 

 

 

ここで、皆さんとお別れしソロで加古川を目指します

 

DSCN3189ひたすら南下

 

 

ほぼ定刻の午後2時には到着できました。

DSCN3196

 

 

鳴門着、片付けを行います。

 

DSCN3204今回の主催者であるS氏https://tribsa.exblog.jp/238482699/には感謝

 

 

こうした参加証も奥様と手作りして頂いたようです。

 

 

 

 

 

追記

友人から頂いた1枚31184879_1954585831250561_981697268937654272_n有難うございました!

 

 

終わり

 

 

 

 

 

2018 春のブリティッシュ ラン

晴天の中

 

加古川でトランスポーターからT110 を降ろし目的地に向かいます。

 

DSCN3111

東播磨の風光明媚な景色を楽しみながら快調に北へ向かいます

 

OHV サウンドを響かせながら

気に入った場所を見つけては写真に収めます。

 

 

少し遅いお昼にしようと立ち寄った道の駅で知り合いのスピードツインと遭遇

 

DSCN3114

DSCN3115

 

主治医も同じ小川モータースなのです

 

 

DSCN3116 なんの変哲もないとんかつ定食ですがこうしたシュチエーションで食すると何故か大層美味しいのです。

 

 

 

道の駅から北上すること30分

目的地に到着しました。

DSCN3118

DSCN3123

もうすでに大勢の参加者で賑わっています

 

 

会場のあわくら荘は、昭和を色濃く残す建物

DSCN3133敷地の廻りも「春の小川」です

 

 

主催者S氏の計らいで夜露の心配の無い場所に駐車できました

DSCN3154

 

DSCN3143

 

続く

 

1 / 3212345...102030...最後 »