English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

Categorys:リゾート社長のこだわりブログ

Meet the MG 2018 に参戦・・その2

そんなワケで会場には大幅に遅れて到着

 

お腹もぺこぺこで演出を見るのもそこそこにお食事を頂きました

DSCN3398DSCN3402

 

そしてビンゴ大会

 

今回もモアナコーストのPRも兼ねて

お食事券を提供させて頂きました。

 

 

私と家内のビンゴは遅く、残った品の中から選んだのがコチラ

DSCN3419DSCN3420

貴重なコレクションとなります。

 

さらには

Nagoya MG Car Club様より特別賞を頂戴しました。

これは、愛機MIDGETが以前はNagoya MG Car Clubメンバーの個体であることが賞の対象となったのです

DSCN3431DSCN3429

超マニアックなMGのオリジナル切手

もちろん使える本物DSCN3430大切に額に収めたいと存じます。

 

 

 

他にも真鍮のコーションプレートや

DSCN3425 DSCN3432

スコッチが似合いそうなグラスも記念品となっておりました。

 

 

 

 

 

 

Meet the MG 2018 に参戦

昨年に引き続き

Meet the MG 2018 新西宮ヨットハーバーに参戦しました。

 

DSCN3362

DSCN3377

 

今回は好天に恵まれました

 

DSCN3366

戦前モデルも安心して走らせることができます

 

 

DSCN3427今回のエントリーナンバー

 

 

いつものロッカーカバーカーレースも大盛り上がり

DSCN3360

 

 

 

午後3時過ぎには今夜の宿泊地である六甲山に向けてショートツーリングに出発

 

DSCN3390

コマ図を見ながら正確なタイムを競いますDSCN3391

 

 

 

DSCN3393DSCN3394

場所柄、甲子園球場や灘の酒蔵を縫うように進みます

 

 

 

その後は芦有道路に向かい、急な坂道を上り始めますが・・そこでアクシデント

 

 

いきなりエンジンが吹かなくなり、高級住宅地のど真ん中で立ち往生

 

仕方なくレッカーに積載を依頼し、レンタカーでホテルに向かうことに

DSCN3395

 

 

続く

 

 

 

鳴門のニュルブルクリンク「Nürburgring」 或いはマン島「Isle of Man」

昨今

日本の各地で公道を使ったタイムトライアルが開催されています

 

 

一昔前だと開催など絶対不可能と思われるような場所も見受けられます。

 

 

これも一重に全国のエンスージャストな方々の努力や地方の各種団体、地方自治体の理解によるものであると感謝の念に堪えません。

 

 

私がポルシェを走らせる時にはニュルブルクリンク、英国車で流す時はマン島と勝手にネーミングしている場所が鳴門スカイラインこと島田島です。

 

DSCN3319

 

走らせる距離は8Kmそこそこで短いのですがカーブの数や種類、高低差は素晴らしいのです。

 

 

島田島大毛島地図 モアナからだとスカイライン入口までなら10分

 

 

 

尚、この写真の安全地帯の位置は

最も見晴らし良い四方見橋からの長い下り→緩い左→右のヘアピン外にあります。

 

DSCN3327

 

DSCN3313

 

 

長い下りの始まり島田島遠方より (2)

この位置での写真は注意しないと危険ですがインスタ映えで人気があるようです

 

そしてこの斜度は10度島田島遠方より (1) 当時は相当予算の掛った橋であることが予想されます

 

 

 

 

 

DSCN3310

 

是非、体験してみて下さいませ

 

 

 

 

PS

いつか此処でクラシックタイムトライアル等が開催できればと願っているワケなのです。

 

 

928 Ex 「928 motor sports 社」マフラー装着

少し前

主治医にお願いしていたリアマフラーが届いたとの知らせを受け

ポルシェパラダイスhttp://www.frosch911.jp/に向かいました。

 

 

DSCN3228

 

マフラー交換のついでにトランスアスクル廻りのOIL漏れ点検をお願いしました

 

DSCN3224複雑な場所となり、目視することは不可能

 

そこで、主治医は医療に使うようなスコープで検査を行いますDSCN3225

 

 

今回は、OIL粘度を硬くして指定量よりも少し少なめにして経過をみることに

 

DSCN3244注入口も目視できない位置にある為、ポンプのような特殊機器で注入します

 

 

 

 

 

そしてリアマフラーの交換ですDSCN3307

 

 

ボルト位置やエキゾーストから延びるバイパスも正確DSCN3237

 

流石、928専門のショップhttps://928motorsports.com/parts/exhaustbypass.phpです。

 

 

DSCN3235

 

 

 

結果

予想以上の満足な音質となりました。

 

 

 

 

近々に動画もUPしたいと存じます。

 

 

 

四国では貴重なTR6

好天に恵まれたGW前半

 

旧英車繋がりなM氏がひょっこりと訪ねてくれました

DSCN3293

 

近場でもご一緒したかったのですが時間も無く暫し立ち話

 

 

この個体

もうすぐ仕上る予定の私のTR6と同じダウンマフラー仕様です。

 

DSCN3301

 

次回の月曜日ツーリングを期待しつつお別れしました

 

DSCN3306

 

四国内にもこんな若者が増えること願っております。

1 / 16512345...102030...最後 »