English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

梅雨空の訪問

梅雨らしいお天気が続きます

 

 

過日の日曜

姫路での会合へ参加する為、準備中・・

ひょっとしたらとヤマモトレーシングさんに訪問する旨お電話してみるとご快諾

 

加古川で少し寄り道することに。

 

 

 

BSA繋がりで

初めての訪問となるヤマモトレーシング

DSC06373

 

 

我々1950年後半~60年代生まれのバイク乗りなら知らない人はいないと存じます。

特に、モトクロスに夢中だった私には憧れのライダーです。

 

 

 

 

山本様がお若い時から活動を共にしている方の「雑感日記」から引用させて頂くと・・

 

 

 

カワサキのレース創成期の主役 山本隆

 

f092fc6f5db98f1040d7622eb6722fa8

以下、引用

 

 

1965(昭和40年)4月、 MCFAJ 全日本の朝霧大会の時のメンバーである。

20番台のゼッケンが契約ライダーたちである。

右から梅津、岡部、山本、歳森、三橋、安良岡、

54番が星野一義だが多分未だこの時は契約はしていないがカワサキコンバットのチーム員だったのである。カワサキコンバットは三橋実が主宰し、毎月運営費契約で、全国の有望ライダーを育成していたのである。星野以下は、野島、堀、三橋弟。

山本隆、歳森康師の二人は神戸木の実クラブ所属であった。

この大会で、星野は90ccノ―ビス で優勝を果たしている。

0559561fa0cf0c6c87c224f0b17e9bdd

これはその翌年北海道ティネオリンピアで開催された第5回MFJ 日本GPである。

MFJの日本GP については第1回の相馬が原は知らないが、2回以降この第5回までは全て現地にいた。

星野も吉村ももうトップライダーになっていた。お二人はアマのデビュー時代のころからよく知っている。

一緒に走っている木村夏也は、第2回の日本GPでアマ優勝でデビューした時はカワサキにいたのだが、このころはスズキに移籍していたかも知れない。

カワサキ全盛時で、山本隆君はエ―スライダーであった。

 

ほんの一部ですが凄さが伺えるかと・・

 

 

 

 

 

 

 

 

店内にはおびただしい数のトロフィーDSC06380

 

 

 

 

モトクロスに夢中だった高校生の頃

 

私の唯一の入賞とメダルDSC06432DSC06434

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ショップ内には

他にもお宝がいっぱい

DSC06375DSC06378DSC06382DSC06385

 

 

是非、次回はBSAで訪れたいと存じます。

 

 

 

コメントを残す





次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)