English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

第26回英車の集い 清里にて

英車の集い
2007年10月20日〜21日 待ちに待った“英車の集い”です。
今年も100名を越える参加者で賑わいました。
機会を見て写真はUPして行きます。
楽しみにしてください。
英車の集い
最高の天気だった2日間でした。
帰り道、高速に乗る前に撮った、八ヶ岳近辺です。
写真でもお分かりのとおり、今年はスピットファイアーでの参加でした。
RGSは次回のお楽しみです。
それにしても楽しかった〜!!!!

オリジナルの憂鬱

銀座・ITO−YAオリジナルのボールペン
銀座・ITO−YAオリジナルのボールペンです。
弊社のフロントスタッフ用に使っています。
以前は木製の同じく、ITO-YAオリジナルを使ってましたが、生産中止になりこのタイプに変更しました。
ところが、つい先日出張のついでに立ち寄ってみるとこのタイプも打ち切りになってしまうとの事。
慌てて残り2本を購入しました。
原因は材料のセルロイドの不足だそうです。
銀座・ITO−YAオリジナルのボールペン
マーブル、大理石調の質感と何とも言えないラインがお気に入りでした。
このデザインは古い英国バイクにも通ずるところです。
スタッフにも大切に使うようお願いしました。
次回の計画には是非、復活を期待します。

こだわりのデッキ材・・・ウリン

ジャグジーを剥した状態ジャグジーを剥した状態です。
周りの土台からやり直しを行いました。
今回は点検窓も大きくし、メンテし易くします。
デッキ材“ウリン”今回、使用するデッキ材“ウリン”です。
原産はインドネシアです。ボルネオ鉄木(アイアンウッド)と呼ばれ、非常に強いのが特徴です。
びっくりしたのは水に沈むんです。まさに鉄の木です。
50年間はほぼ、この状態だそうです。
ウリンのおがくずこれはウリンのおがくずです。
写真では分かり難いのですが小さな砂のようになります。
靴で踏んでもおがくずと言うよりはまさに砂、キュキュする感じです。
大工さんも穴が空けにくく面倒であると嘆いていました。

ついにジャグジー工事が始まりました。

ジャグジー工事いよいよ作業開始です。
まず、下地をしっかりと行います。


ジャグジー工事今回はイタリアではポピュラーなスタッコ仕上げを行います。
熟練された職人さんが丁寧に塗って行きます。
この後、小石を混ぜた仕上げ材料を2回塗りです。
重厚で、しかも雰囲気のある壁になる筈です。

やりたかったデッキ工事!

デッキ工事シェスタ前の砂利を敷き詰めてあった場所をデッキにしました。
職人、佐竹さんの出番です。
いつものように手際よく工事は進みます。


デッキ工事中央部の完成した様子です。庭の乗面とのバランスも絶妙です。
落ち葉の掃除も大変楽です。


デッキ工事正面入り口向きからの写真です。
ここは張り出しを長くし、奥行き間を出しました。
来年の花見の時期が楽しみです。