English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

いよいよ明日は・・・

CIMG5493.JPG待ちに待った“英車の集い”ブリティッシュランの日です。天気予報は晴れ!。今回はロケットゴールドスターでの参加予定でしたが仕上がらず、昨年秋に続きスピットファイアーでの参加です。
最近のモアナコーストも週末は晴天に恵まれる日が続いておりますが和歌山方面も土日両日晴れ渡るようです。鳴門の海岸も気持ちよい風が吹いていますが花園村は標高が高いので少し寒いかもしれません。
明日は皮の上下で出発です。
先ほど慌ててプラグ交換などを行いました。
来週には皆様にも集いの報告をいたします。

銀座イトーヤのラストモデル

CIMG4900.JPG
徳島、鳴門も梅雨真っ盛り!・・・でも今日は真夏日です。今回は以前にも紹介したモアナコーストのフロントスタッフが使っているボールペンです。東京出張時には必ず寄るようにしている銀座イトーヤで見つけました。実は以前にご紹介したタイプがもしかして復刻していないか期待に胸膨らませて向かいました。が、やはり生産中止のままでした。そこで、よく似た洒落たタイプは無いものかと物色し、これに決定しました。以前のモノに比べるとモダンですが素材のUS版セルロイドの質感が気に入り購入しました。
念のため、残り在庫を確認すると3色ばらばらで5本でした。国内の他店、アメリカ店も含めてこれだけと聞き、思わず全部・・・買いました。
モアナコーストにご宿泊のお客様からも「おしゃれなペンですね・・」マニアックな方は一目で「イトーヤだな・・・」と会話も弾み、私的には非常にうれしいです。やはり、リゾートホテルらしさ・・ですよね。

モアナコースト前の砂浜に海亀

CIMG4896.JPG嬉しい話題です。
モアナコーストのすぐ前の砂浜に海亀が戻ってきました。
そしてたくさんの卵を産んで帰ったのです。
現在、徳島県における海亀産卵の北限としては日和佐となっておりますが11年ぶりに鳴門に戻って来ました。
実は遠い昔、私が小学生の頃(40年近く前)にはモアナコースト前〜竜宮の磯(如何にの名前でしょ)にかけて沢山来ていました。
当時はその卵を悪ガキ達で持ち帰り、お爺さんにこっぴどく怒られた思い出があります。
侵食により狭くなった砂浜も、砂止めのテトラなどで回復しからでしょうか。
ご希望者がございましたらご案内します。

モアナコーストに新しい教室が誕生しました。

今日の鳴門は曇り空です。
昨日は梅雨の合間、清々しい空気でモアナの緑も生き生きと映っておりました。
そんな日、6月9日にアートな教室がモアナコーストのテラスで開催されました。
その名も“桂田アッセンデルフト フローラルアート”。
聞きなれない名称ですがオランダでは歴史ある伝統芸術なのです。
特殊な絵筆を使い、革、板、ガラス等々に絵筆を走らせます。
もともと日本人は器用な為、本国を凌駕するような作品も生まれ、現在では日本オリジナルでの展開が生まれつつあるようです。
私も布川講師の作品(名刺入れ)を拝見し、歓心しました。
モアナコーストの季節感ある庭を眺めながら楽しい作品が多く生まれることを期待しております。CIMG4826.JPGCIMG4829.JPGCIMG4830.JPG

モアナコースト お宝ギャラリーの追加

今日の鳴門は入梅前とは思えない青空が広がっています。
今回はお宝とも言えるものを入手しました。
私の友人がイタリアへ行った際、古くからあるタイルメーカーを訪ねた時に社長から譲り受けた代物です。
このイラストの作者はフェラーリ本社のお抱えで、各種のイベントやリーフレットに作品を提供しています。
遠く日本から訪ねてくれたお礼にと原画をプレゼントしてくれたそうです。
帰国後、私の友人からモアナコーストにあるほうが良いのではと言う事でフロントギャラリーに追加されました。
私も将来、ディーノに乗る事を夢見ています。
CIMG4786.JPG  CIMG4784.JPG CIMG4783.JPG