English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

今年もこの季節がやって来ました・・

少し寒さも和らぎ

風の無い日は外の作業も捗ります

 

これからの1月~サクラの季節の間、モアナの廻りの林にも多くのメジロがやって来ます。

 

DSCN2361

DSCN2362

 

傷んで食べられなくなったミカンは

メジロ達、野鳥の絶好のエサとなります

 

DSCN2363

 

ヴィラの西側、水盤の前にある木に輪切りにしたミカンを置いてやります

 

 

暫らく観察してましたがヒヨドリが先にやって来てしまい

メジロは警戒して近寄ってきません。DSCN2364

 

 

 

 

 

0812101558

 

original

 

運が良ければこんな風景がご覧頂けることと存じます。

 

 

 

BRITISH RUN 「英車の集ひ」春の開催はTRIUMPH TIGER T110

26219728_2008947822708328_6503536935642454315_n

2018年4月に開催のBRITISH RUN 春のミーティングの案内が告知されました

 

 

ここ数回は日帰りでの参加でしたが

今回は宿泊での予定

 

 

 

ガレージ内で英車の資料を整理していて発見した古い写真

DSCN2290 DSCN2291

 

30年近く前

BSA ROCKET GOLD STER を手に入れて直ぐの写真であることは判明しましたが

場所が思い出せず・・

旧友に調べてもらうと初期の清里であることが判りました

 

旧友がSNSで送ってくれたのがコチラ

26167034_1649370505139570_2290731998009570026_n

現在の開催地のずっと奥での開催だったこと思い出されました(恐るべしSNS)

 

 

この記念大会の後の10年間近くは子育てや仕事に追われ休んでおります

 

 

 

 

今回は気軽に1泊で楽しみたいと存じます。

 

 

 

前回、BSA SPIT FIRE で痛い目に遭いましたので今回はTRIUMPH TIGER T110 を予定してます。

DSCN2349

 

 

あの場所 PORSCHE 356 SC も

DSCN2327

島田島(鳴門のニュルブルクリンク)へ渡る堀越橋と小鳴門海峡を眺め

働く船舶やクルーズ船も楽しめる場所です

 

 

 

DSC04285

運が良ければこんなカッコイイ船と愛機を写真に収めることができます

 

 

DSC04302 この港は水深が深くかなりの大きさの船も停泊することが可能

 

 

DSCN2328

 

DSC04298 クルマ・バイク問わず

様々なテーマで愛機の撮影に使えるかと存じます。

 

 

 

初乗り BSA Spit Fire , Rocket Gold Star Triumph Tiger 110

明日の祝日は雨予報

 

その為か

冬空にも関わらず風も無く少し寒さも和らいだこの日

 

昨年より注文の英国バイクパーツが届きました。

DSCN2308

 

抵抗無しのプラグキャップとプラグコード

 

併せて、ギヤチェンジのラバー

こんな細かなパーツ入手可能なのが英国のクルマ・バイクに共通しています。

 

 

 

そんなことで

スピットファイア・ロケットゴールドスター・タイガーT110と走らせました

 

 

先ずはSpit Fire ですがキック10発で掛る気配無く

プラグ交換で1発始動

DSCN2332

快調にマン島の長い下りで駐車

 

DSCN2333

oil漏れも無くアイドリングも安定しています

 

 

20分程度で一旦、ガレージへ戻ります

 

次は Rocket Gold Star です

 

ティクラーを多めに使いタラタラとオーバーフローさせるのがコツ

2発で始動

 

やはりOILが降りているのか白煙が出ます

2分程煽ってから白煙が出なくなるのを確認してマン島へ向かいます。

 

DSCN2342DSCN2341

 

やはりドライブチェーン側からのOIL漏れ

30分走っても無くならなければ要チェックです。

 

 

さらにガレージに戻りTiger 110 に乗り換えます

 

コイツもキック3発で掛りました

 

DSCN2343

3台の中では一番良い感じ

ひょっとするとSpit Fire とRocket Gold Star はガソリンが古くなっているのかもしれません。

 

 

何れにせよ、今日の感触を忘れずに

届いた抵抗無しのプラグコードとキャップを後日に試したいと考えております

 

DSCN2345

 

 

鳴門も流石に低温 porsche 928 S4 Ex

穏やかな正月が続く 鳴門・南あわじ方面

 

しかし、気温も上がらず走行していない928 s4 Ex はバッテリーも上がり気味

 

 

 

 

走らせる前にフル充電を試みました。

 

DSCN2317

928 のバッテリーはリアの面倒な場所に在る為、フロントエンジンの右横にジャンプ用のターミナルが設置されています

 

 

半日程度でフル充電完了

 

セルも勢いよく廻りました。

 

 

 

調子見を兼ねて鳴門のニュルブルクを走行させました

DSCN2302

 

DSCN2307

 

メデタシ 愛でたし。