English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

八ヶ岳ならぬマン島鳴門へ

過日の八ヶ岳はご報告のとおり

 

 

出発間際まで準備万端、BSA RGS はいつでも走らせる状態のままでした。

 

そこで、晴れ間の夕刻にマン島まで走ってきました

DSCN1620

 

RGS独特の2in1マフラーからのノートは惚れ惚れします

 

 

30分程で一旦ガレージに戻り、SPIT FIRE に乗り換えてもう一度走らせます。

 

DSCN1627

 

久々にこの2台を乗り比べると随分とSPIT FIRE  が中速域までは速いことに気づかされます

 

クリップオンやステップ位置も大きく違うので雰囲気もよりRGS がクラシカルでレーシー

 

只、基本エンジン設計が随分と違うので比較するには難がありますが・・・

 

 

 

気になるのはチェーンケースに溜まったエンジンオイル

DSCN1630 上部のこの蓋からの滲みからして溜まっています

 

ガレージに戻って確認ですDSCN1633

このネジ位置がクラッチ側の適正オイル量となります

 

 

DSCN1634想定外の量が溜まっておりました

 

オイル受けが間に合いませんでしたDSCN1635

 

 

 

 

一方、RGS はこの位置にありますDSCN1636

 

RGS はそんなに溜まった量では無かったのです・・

 

 

 

DSCN1637 スピットファイアには AMALIE を300cc程足しました。

 

今週末は第36回となる「英車の集ひ」・・その4

やっとの思い 何とか辿り着いた心境で伊予ロッジへ

 

IMG_1142

 

DSCN1516

 

DSCN1514

 

一抹の期待も空しく到着したようです

 

 

自走組もちらほら

DSCN1521

 

DSCN1528

 

参加者はしかし、ほゞ予定どおりの人数のようです・・

私にとっても他の皆さんにも2年に一度の清里開催を楽しみにしているのです。

 

IMG_1144

 

 

夜が更けるまで英車談義が尽きません

 

DSCN1534

 

DSCN1535

 

 

 

翌朝も雨

 

DSCN1538

 

 

DSCN1540 不安な様子のトライアンフ

 

 

DSCN1543

 

皆さんで対策を協議しているようでした・・

 

 

 

今回は長野北部の戸倉上山田温泉にもう一泊の予定

皆様に挨拶し、雨の中を出発です。

DSCN1545

 

長野道をさらに北上しますが、雨脚は強くなるばかり

DSCN1550

 

途中、ワイパーが動かなくなるトラブルもあり、決死の覚悟で運転です。

 

 

 

何とか旧友の宿に到着IMG_1148

早めにチェックインをさせて頂きました。

 

 

 

この界隈の名物と聞き、昼飯は近くの蕎麦屋へIMG_1158

 

 

 

 

少し雨も和らいだようなので近くを散策してみました

 

 

 

DSCN1556IMG_1160DSCN1559昭和な雰囲気を色濃く残す路地

 

さぞかし夜は賑わっている事と存じます。

 

 

 

 

 

三日目は快晴

 

旧友にも再会を誓って出発です。

DSCN1577

 

これこそ、信州

 

DSCN1583

 

お土産のリンゴを買って中央道を南下します

 

DSCN1589

岐阜から参加の方ももう一泊したようです

 

 

DSCN1594

ここまで来れば一安心

快調に名神~神戸淡路鳴門道を進みます

 

DSCN1609

淡路島から見た夕日

 

DSCN1614

何とか小トラブルで帰って来ることが出来ました。

 

総走行距離は往復1100Km強

1275ccのMGでは流石にキツイと体感した今回の「英車の集ひ」でした。

 

 

 

 

 

 

 

今週末は第36回となる「英車の集ひ」・・その3

台風の近づく小雨の中

 

MG MIDGET で鳴門を出発しました。

 

 

ガソリンタンクの小さなMIDGETは頻繁にガソリン補給を行う必要があります。

 

二度目の補給は養老SA

エンジンオイル量も心配になり少し足してやることに

IMG_1115

常にカストロールは助手席の足元に用意してあります

 

順調に走行、昼過ぎには恵那峡SAに到着できました。

DSCN1484

 

雨も小雨となり、台風接近よりも早く八ヶ岳に着けるかもしれません

 

 

 

しかし、これから標高の高い場所に向かうワケですので雨が減る様子も無く

DSCN1485

さらに大粒の雨となってきました・・

 

 

さらにこの先、不安が過ります   そうです全長8Kmある恵那山トンネルです。

 

 

昨今、高速道路での追突事故を見るにつけ、エンジン不調による停止は命取りとなります。

特にこの恵那山トンネルは古い構造で退避帯が無いに等しいので旧車乗りには大変です。

DSCN1495

エンジン音には最大限の神経を集中させ、出口までの距離を計算します。

 

その昔、無謀にもBSAやTriumphで自走していた時期も念仏を唱えて走っておりました・・

DSCN1499

やりました!

 

 

 

諏訪湖を越えても一向に雨は止みません

DSCN1501

 

 

 

やっとのことで小淵沢ICを降り、いつもの県道11号線八ヶ岳高原ラインで清里に向います

 

IMG_1123

IMG_1125

 

予定よりも2時間遅れで会場近くへ到着

 

IMG_1128

 

 

続く

 

 

 

雨は恨めしい

恵みの雨には程遠い、今年の10月

 

バイク乗りやクルマ好きには先月のお天気にはウンザリかと存じます。

 

 

 

過日の週末

「英車の集ひ」に向け勇んで準備万端の中

止む無くMID GET で八ヶ岳に向かった早朝、残念な思いでは無いかと拝察する駐車場

 

DSCN1476

 

 

DSCN1478

DSCN1479 秋晴れの中、鳴門の海岸線や島田島スカイラインを堪能して頂きたかったと考えながら写真に収めました。

 

 

 

 

そして

 

 

台風接近の風雨の中、MG MIDGET で出発したのです。

356 SC ステアリングの感触は・・

ステアリングの交換でめっぽう気を良くしたその日

 

その他、プチモディファイを行いました。

 

 

DSCN1340

ポルシェジャパン30周年の記念バッジ

 

 

 

ガレージ内の本棚にディスプレイしていたのですが

この際、356 SC のエンジンフードに取り着ける事としました。

 

IMG_1086

ナットを左右4か所緩めるとグリルが外れます

 

IMG_1092IMG_1090

蝶ネジが緩まないようにボンドで抑えます。

 

 

 

IMG_1095

 

 

さらにF2のオーナーから頂いたステッカーを貼ります

DSCN1452

 

 

 

早速、鳴門のニュルブルクリンクで感触を確かめます

 

DSCN1459

 

DSCN1461

 

交換前の964カップカー用に比べると一回り大きくなり

悪い路面でのダイレクト感が和らいだのと同時に腕の位置が適切になりました。

(5cm位ディープ度が無くなりました)

DSCN1467

 

さらにドライブが楽しくなった356 SC なのでした。