English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

秘密兵器の視察とターンパイクのお土産

12月に入っても暖かい日が続いている

鳴門 モアナコースト

 

 

 

 

 

加古川の主治医ファクトリーに整備中の大層程度の良い356が在ると聞いて

行って来ました。

 

DSC04439

 

数時間に渡り

細かなパーツ情報を入手することができました。

 

来年の妄想がより具体的になりつつも、少しの不安は残ります・・・

 

 

もう一つが

主治医のブログでもご紹介のあったDSC04433コレ!

 

 

非常にシンプルな構造ですが、熱電動パワーは凄いようです

 

DSC04432 すでに数カ所、直径の違うナットで使用した模様

こういったレアな特殊工具を揃えてくれるファクトリーは旧車乗りにとっては

大変有難いですね

 

 

 

さて、コチラは過日の箱根ターンパイクのお土産

 

DSC04426DSC04425

 

 

ピンバッジ類はDSC04427このバンソンに追加で取り付けたいと考えております

 

 

 

記念のゼッケン

DSC04428こちらもガレージ内に記念品として飾りたいと考えております

 

 

 

2年振りのFUJI スピードウェイ

この度

JAPAN RUF KLUB(流石にドイツ語読み)さんとご縁があり

富士スピードウェイでの走行会に参加致しました

 

 

 

 

 

前回の富士は911誕生50周年イベントDSC01658

この時は懐かしの964での参加でした

 

 

今回はGTSで初遠距離参加となりましたDSC04355

 

 

早朝8時30分集合でしたので

夕方鳴門を出発し、HOTEL LALA GOTENBAには夜中0時に到着

DSC04247地下駐車場で安心です

 

ホテルからは富士山が望めますDSC04243

 

DSC04245温野菜の朝食で見た目も良し    参考になりました

 

 

 

朝、8時30分には到着

DSC04355

走行会はドライで走れそうです

 

 

第3ゲートに向かいます

 

DSC04253

 

既に皆さんお集まりになっておりました

 

 

DSC04264

 

やはり、この手のポルシェが似合います

 

DSC04276

 

近づいてみるとDSC04273軽量化の為なのでしょうか?    明らかにガラスではありません

そして風圧に耐えるよう、ビス止め!

確か、73RSRにもステンレス板で補強しているのを思い出しました

 

 

DSC04343

 

その名のとおりビッグターボ

 

DSC04278

皆さん、スリックに履き替え準備OKのご様子

 

 

愈々、コースイン

DSC04329

 

DSC04327

 

 

DSC04316

 

 

DSC04317

 

プロドライバーの後をなぞるように走りますが

見た目以上に幅が広く感覚が判らなくなる始末

 

DSC04300

 

4週程の走行でしたがあまり上手く走ることはできませんでした・・

 

 

 

 

 

今から35年も前

サニーB110やチェリーX1Rでローカルな狭い中山サーキットを全開にして走った頃が懐かしく感じられました

 

 

 

続いてプロドライバーさんがGTSを運転し

パッセンジャーシートで体験

DSC04330 流石にプロは違います・・

機会あれば再度、挑戦したいものです

 

 

 

 

翌日は ☂

 

例の中央フリーウェイ作戦は延期

 

 

折角なので箱根ターンパイクに登ることに

 

DSC04380

 

この度で3度目ですがご覧のように霧でなにも見えません

 

早々に下山

 

 

 

あまりに寂しいのでガラスの美術館へ

 

散策しするも目新しいことは無く

これは!と思ったのがコチラDSC04382

 

地下に在るトイレ

DSC04383

 

中から見るとDSC04385

 

これは大変良いと思った次第です

 

 

RUFクラブの皆様、大変お世話になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

RSタイチの最新プロテクター

 

早いもので師走の12月も1週間が過ぎました。

 

過日、RSタイチ様より最新の胸部プロテクターを頂戴する事となりました・・

 

DSC04016

 

開けてみると DSC04018

 

非常にコンパクトで軽量な仕上がり

これならウェアの下に装着しても邪魔にならないサイズです。

 

 

我々世代でモトクロに熱中した方ならご存知かと思いますが

header3

http://2rin-tsutaeru.net/blog/archives/tag/%E5%90%89%E6%9D%91%E5%A4%AA%E4%B8%80 を参照させて頂きたいと存じます。

 

「日本のモトクロスの黎明期に活躍したライダーの会を作りたい」

レジェンドライダーからのご提案で、当時活躍されたライダーの方々のOB会が発足することになりました。

 

その名も「全日本MX Legend Riders」。

発起人は、久保和夫さん、小嶋松久さん、鈴木忠男さん、吉村太一さん、山本隆さん。

まさに日本モトクロスの黎明期に各メーカーの命運をかけて活躍された方々です

1968年第5回モトクロス日本GPの90ccクラス。先頭は山本隆さん。追う星野一義さん、吉村太一さん、木村夏也さん。

1968年第5回モトクロス日本GPの90ccクラス。先頭は山本隆さん。追う星野一義さん、吉村太一さん、木村夏也さん(山本隆さんのブログより)

 

 

少し前、9月のブログでも書かせて頂いたように

今もお元気でご活躍の様子はこちらでも

 

https://www.youtube.com/watch?v=GFWJqxC_mmA

「Honda初の2ストロークレースマシン RC335C復元ストーリー」

http://www.honda.co.jp/JMX/spcontents2014/rc335c/chapter1/

是非、皆様にも使って頂きたいと存じます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

12月には中央フリーウェイで例の場所を走れるかも・・

12月の第2週に富士スピードウェイを走ることとなりました。

 

 

 

 

 

そこでの準備やイベント内容については後日報告するとして

 

 

 

 

 

今回は帰りに中央道を使えるような時間となります

そこで例の場所でのドライブ写真を計画中であります・・

 

と云うのも

過日、とある喫茶店で面白い記事を見つけました

DSC03930

 

ポルシェに乗り始めてからずっと

荒井由実(決して松任谷由実では無く)時代までのFANである私としてはあの場所の夕暮れを走ってみたいと考えておりました

 

117016945215717995135340756086113106827_cobalt_hour

我々世代の田舎者にとってはセンス良くアレンジされた曲をアンニュイな彼女が歌う都会に憧れたものです

 

 

特に「コバルトアワー」と「中央フリーウェイ」はドライブには最高ですね

 

 

 

こんな雰囲気で走りたいのですがimage_watase-free_way

 

どうも実態は1305198

 

 

 

果たして「ケーバジョーとビールコージョー」は同時に走りながら撮れるのでしょうか・・・

 

 

こんなのも買えるようです120820_a

 

 

 

 

優勝は逃しましたが・・

 

 

お陰様でこの秋も忙しい日が続いているモアナコーストです

 

 

 

 

 

初秋にイタリア商工会議所からイベント参加の依頼がありました

logo-con-banner-per-sito-new

 

弊社としては初めての参加となるコンクール

 

キッチンスタッフ達と相談の上、エントリーしたところ

予選通過

 

 

 

地方ではモアナコースト含め3施設が残ったようです

 

 

 

 

こちらが予選メニュー DSC03005

 

徳島特産のすだち牛と

リコッタ・モッツァレラ・マスカレポーネの三種のチーズを使った内容でした

 

 

 

 

 

 

決勝戦はこちら DSC04022

オマール海老のソテーと南瓜(かぼちゃ)のクレマ タレッジョチーズのトロフィレ

 

 

課題としてBarillaのパスタ(トロフィレ ショートパスタ)を使用しています

DSC04032

 

 

勿論、試食も行いましたが美味しく仕上がっております。

 

折角のメニューですので定番化したいと相談中・・

 

決まりましたらお知らせしたいと存じます。