English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

友人と盛り上がりました…

過日の話

 

私が

英国車で走る時はマン島

ポルシェならニュルブルクリンクと勝手に呼称している島田島

 

 

 

此処を使って

クラッシクラリーが開催できないものか?で大いに盛り上がりました。

 

 

私の中では構想はあるのですが

短くないか928 S4 で距離を測ってみました。

 

DSCN5512

 

 

先ず

この場所を折り返し地点として計測

 

スクリーンショット 2018-10-02 21.16.14

 

Gマークがこの折り返し地点

 

Sマークはレセプションや食事場所となる某ホテル

駐車スペースやブリーフィング場所、食事会場・表彰式等々を考えるとここしか考えられません

 

只、距離が往復でも8Km弱

 

法定速度で走っても1本15分位?

 

DSCN5517DSCN5519

こんな美しい景色を楽しめるのですからやってみたいものです

 

 

 

 

 

 

DSCN5516

 

こんな妄想は大変楽しいワケです。

 

 

 

 

Porsche 356 SC エンジンの全容

加古川のポルシェパラダイスにて

 

鋭意整備中の356SC

 

 

 

 

 

エンジンが外せたとの報を受け993カレラで向かいました

 

DSCN5454

 

神戸淡路鳴門道を北上し

一旦、東浦ICで下道へ

 

ウェスティンホテル淡路へ向かいます

DSCN5462

 

過去所有した個体はすべて此処で記念撮影しているお気に入りの場所

 

 

3分程で撮影を終え

早々にクルマに乗り込み

再び国道28号を明石海峡大橋に向かいます

DSCN5472DSCN5469

淡路島の海岸線の道路は東側、西側共に大変景色も良く

楽しくクルマorバイクを走らせることができます

 

時間のある方は是非、淡路IC or 南あわじIC間は国道をドライブすることをお勧めします

 

 

 

 

 

 

 

 

垂水~は山陽道を使い加古川北ICからパラダイスを目指します

 

 

42337883_1455406514592140_1048355371824971776_n 途中、GT4乗りの友人と合流しての到着となりました

 

 

 

そして

今回の356SCの解析と作業手順を聞くことができたのです

 

 

DSCN5473

DSCN5474

DSCN5475

ご覧のように

 

ネジ・ワッシャに至るまで全てバラしております

 

 

41718718_241020043283771_7229437412466753536_nバルブのシート面は加工が必要

 

41721392_459470187893989_8542077721335824384_n主治医自らピストンの洗浄をして頂いております

 

この個体は1750ccのキットでパワーアップしているのは判っておりましたが

ピストン・シリンダーは殆ど使い込まれておらず安心しました

41705185_533615087079875_2510070194492145664_n恐らく組み込まれてから数千キロ

 

むしろ、クランク廻りの痛みが見受けられるとのことでした

 

DSCN5478

 

DSCN5476バルブ廻りにも損傷は無く少し安心したワケです。

 

 

 

 

 

 

 

 

今日は中秋の名月なんだそう

プリント

国立天文台のHPから引用

 

2108年の中秋の名月は9月24日

 

 

 

残念ながらモアナコーストの在る鳴門方面は生憎の曇り空

 

 

 

 

 

そんな中

 

数か月振りにTriumphを走らせました

 

 

先ずはTR6改Bonneville

DSCN5486

 

鳴門のマン島の中でも比較的長い直線

 

DSCN5488

 

始動時にカブらせてしまった為

B8ESからB7ESにしたのが失敗

折り返しの時には焼け気味なエンジンフィール

 

ガレージに到着しプラグをチェックすると真っ白でした

 

 

 

 

次にT110改First Bonneville で再度マン島へ

DSCN5493

 

この写真位置だと

どこかの高原のようですが

マン島の中で比較的高い場所

 

DSCN5494

 

DSCN5499

 

 

DSCN5496

 

このカーブは注意が必要

 

長い直線を登りながらの左カーブは見通しも良く

アクセルオンオフで気持ち良く抜けることができますが

逆向きは

下りとなる右カーブが終わる頃に

スピードを落とす目的の小さな盛り上がり(何と云うのか?)が100m程続きます

 

ショック&ダンバーの効かない旧車には大変危険

 

 

 

 

今日は残り時間も無く

BSA Spit Fire とRocket Gold Star は次回にしました

IMG_0093

 

秋分の日 辺りには乗れるかも…

IMG_0006

過日の西宮「英国車パラダイス」に伺ってからは

俄然

バーチカルツインを動かしたくて仕方ありません

 

 

 

 

 

TR6→RGS→T110→A65 と順番にエンジンの始動も行い

準備は出来ております

 

 

 

 

IMG_0095

 

或いは

 

IMG_0094

 

 

折角なので

 

IMG_0005

 

すべて

 

マン島の4往復を実行です。

 

 

 

 

芦有と…英国車パラダイスへ MG MIDGET編 その2

向かったのはコチラhttp://www.penny-lane.jp/

 

DSCN5411

 

芦有ドライブウェイの有馬側の入口手前を東へ

20分も走れば着く事ができます

 

 

 

 

敷地内にはカフェとレストランが併設された広々としたスペース

DSCN5406DSCN5407

 

 

 

すでにファクトリー内では友人のミニが点検に入っておりました

DSCN5398

 

 

 

案内されたカフェスペースの中を見て仰天

DSCN5397

 

DSCN5387DSCN5388修理用のストックパーツは勿論、貴重なコレクションまでぎっしり

 

 

 

 

DSCN5390DSCN5391

 

 

DSCN5393

 

DSCN5395

 

あの友人のオースチンクーパーMK1の仕上げも成るほどと納得したワケです

 

 

 

 

 

DSCN5419

 

芦有ドライブウェイは平日ならバイクOKであることを最近知ったので

次回はBSA or Triumph で来てみたいと思いました。