「レストランのあれこれ小話」の記事一覧

少し遡り。。。

皆さんこんにちは。

最近こたつから抜けられない、そんな毎日を過ごしている 辻 です。

12月に突入し、既に1週間が経とうとしています。時間が経つのは早いですね。。

恒例行事のように「え!もう12月?(゜_゜)」と言ってしまいます。

日増しに寒くなり、冬支度と仕事に追われ気が付けば冬、、、
そこで今回は時の流れに逆らい、秋を振り返りたいと思います。

皆さんは今年どのような秋を過ごされましたか。

私は先日、モアナコーストから車で約15分ほどのところにある ウチノ海総合公園に行って来ました。

目当てはそう、紅葉です。

公園までの道中も鮮やかに彩られ、
まるでバラの花びらのようでした。

見たことある方もいると思いますが、モアナコーストにも1本 もみじ が植わっています。

綺麗なグラデーションですね。
なんと!来年さらに数を増やすそうです!(拍手)

是非お楽しみに。私も楽しみです!!では。

FORTNUM&MASON

夏の果て残暑厳しい中、初嵐もみえますがみなさま息災でしょうか。

お久しぶりの山下です!

 

実は先日、社長からイギリス土産をスタッフにと頂きまして…

それがなんと…‼︎

あの英国紳士淑女御用達の言わずも知れた紅茶

FORTNUM&MASON

です。

 

ホールには私を含めて紅茶に目がないスタッフが何人か居まして、久しぶりに飲む最高級茶に言葉もでませんでした_(:3 」∠)_

 

特にSmoky Earl Greyの

Fortnum’s独自の為せる飲み口は大変贅沢でした(´∀`*)

 

 

紅茶の後は同じFortnum’sのチョコレートを頂きました。

 

こちらも、もちろん甘過ぎず上品な口当たりで美味しい!

そしてなんといってもこの包みのフォルムがカッコイイッ‼︎

シンボルの時計ロゴが高級感に拍車をかける_:(´ཀ`」 ∠):

 

ということで…

とっても贅沢な休憩時間を過ごしました…

幸せな時間が過ぎるのはあっという間に感じます。

 

でも、贅沢はたまにするから楽しめるんですよね!

 

ということで、

また次の機会があるまで楽しみに待つことにします(๑╹ω╹๑ )

 

それでは、みなさんCiao♪

 

 

 

モアナコーストの日常

皆さんこんにちは
大分涼しくなって秋めいてきましたね
今回はモアナコーストの日常風景をお届け花
本日のまかないはパスタです

興味津々のサービススタッフも一緒に作ります

手つきはやはりかないませんが美味しいイワシのアーリオオーリオができました笑顔
もう一件
先日お客様から素敵なプレゼントが!

とても綺麗で女性らしい贈り物に癒しと向上心もいただきました
ありがとうございます大笑い
またのご来店をお待ちしておりますキラーン

レストランの食材の紹介

いよいよ師走。いかがお過ごしですか?
今日はフィッシュボーンの食材の紹介です。
地元鳴門産のワタリガニ。カニ味噌も全部ソースへ。

散弾銃で仕留めたスコットランド産のヤマウズラ。

冬の到来を知らせる本場の白トリュフ。1300,000円/kg!! これだけでもウン万円です…

イタリア ヴァッレダオスタ州 La Valdotaine社 クラフトジン Acqueverdi GIN delle です。
43度というアルコール度数なのにやわらかい口当たりと長いフィニッシュ、鼻から抜ける香りが最高です。
レストランでロックでもストレートでも、ジントニックでもオーダーいただけます。

そして期間限定のフランス産雛鳥。
これは丸ごとローストしてテーブルにてスタッフがデクパージュ致します。(2名様~)

予めご希望とご予算をお伝え頂ければ、選りすぐりの食材・ワインをご提供させていただきます。
特別な記念日やお食事会に個室もご用意できます。
是非お問い合わせください。

グランシェフ

今日はキッチンの裏をお見せします。
フレンチやイタリアンのシェフって怖いイメージがありませんか?


まして長い修業時代を経てホテル・レストランを渡り歩いたシェフのいるキッチンなんて怒号が飛び交っているイメージがあります。

ところが。

真剣な時は真剣に。厳しい時は厳しく。
でも、楽しくやってます。

八島グランシェフが持つのは、届いた鮑。
豊かな経験で、旬の素材を美味しく、楽しくお届けしております。