「リゾート社長のこだわりブログ」の記事一覧

モアナの日常..晩秋

深まる秋の良き日

コロナ禍対策も万全にガーデンウェディングが行われました

 

お天気にも恵まれモアナガーデンの面目躍如

 

飾り付け演出もXmas Versionに..

お二人の末永いお幸せをお祈り申し上げます

 

 

一方、こちらのポルシェは希少な964ターボルックカブリオレ

関西方面からお越しのお客様で

主治医が同じhttp://www.frosch911.jp/ フロッシュさん

こんな嬉しいご縁に感謝な日となりました

 

 

さらに

芦有メンバーと共に、遠路九州からお越し頂いたクルマ仲間達

皆様、有難うございました。

 

コメントを残す (0)

Porsche 944 Turbo S/951 ジムカーナ参戦

暖かな師走の過日

Porsche 944 Turboでジムカーナに参戦しました

 

ご覧の様に、本当は356で参加の筈だったのですが

当日の早朝に不調となり

悩んだのですが944の走安性を確かめる事ができると考え急遽乗り換えて向かったのです

 

皆さん、和気あいあいのお楽しみモード

 

サーキット走行に慣れている方の356コックピット

 

そこそこ、楽しむ事ができたワケです

 

 

こだわりの参加車両がコチラ

T5ボディのBタイプGT

数年前のPorscheイベントでカッコいいなと写真を撮りまくった個体です

 

 

スポーツシートは柄違いですが同仕様

ロールケージが雰囲気出してます..

 

 

今回は944で参加して良かったと自分に言い聞かせた一日となりました..

 

 

しかし改めて944 Turbo S/951 は素敵です。

 

 

コメントを残す (2)

クラシカル英国バイク繋がりで..

今から35年前

 

初めての英国バイクとなるBSA SPIT FIRE MarkⅣ 1967年モデル

もう、自身がアクティブシニア(Pioneer)となり

当時、憧れだった英車乗りの先輩たちもバイクを降りる年齢になりつつあります

 

 

そんな中

ここ数年で、若者のクラシカル英車乗りが増えてきました

 

とても嬉しい事です

 

 

 

そして、そんな若者の一人

親子ほど年の離れた英車乗りのN君がモアナコーストに食事に来てくれました

これは

今年の春のブリブラ参戦時に彼のクラシカルカメラで撮ってくれた写真

フレームに入れてプレゼントしてくれたのです

 

 

フロント廻りのコレクションに加えてみました

 

 

終わり

 

 

コメントを残す (0)

Brit Brat Day 30 Nov 2020 参戦..

年二回開催のBrit Brat Day

コロナ対策も万全な内容で開催されました

 

いつものメンバーは勿論、若者の参加が増えているのがとても嬉しく感じています

 

 

 

英国車乗りとして30年以上の付き合いとなるG氏

今回はクラシカルなBMWで参戦

 

ポルシェ繋がりなO氏は大学の単車クラブの後輩であると同時に

ご覧のユニットボンネ

あろうことか以前に私が愛機としていた個体!ご縁と因果で彼の元へ..

 

 

初参加となるW1を駆る若者

後方の彼、私のMIDGETがお世話になってるショップのご子息

 

 

ウェアもタンデムスタイルもカッコいいノートン

 

 

このノートンコマンドは英車乗りの若者代表となるであろうN君

 

 

もちろん、こんな戦前車も参加しています

 

暖かな日差しの中、外で食べるホットドッグは格別

 

モトクロッサーを眺めながらマン島に思いを馳せます

 

そんなワケで

来年の春にも開催して頂けることを願ってやみません

 

 

 

主宰者のM氏に撮ってもらった到着時の一枚

 

#ブリブラ  #britbratday  #ブリブラ神戸  #britbratdaykobe #北の椅子と

#和田岬 #classicbike #British

 

続く

 

 

 

 

 

コメントを残す (0)

Porsche 356 SC 鳴門ニュルに..

師走とは思えない程、暖かな日が続く鳴門・南あわじ方面

 

いつものように、鳴門ニュル~徳島道を使っての試走です

 

 

 

 

ピレリP6000(185×70×15)のサイズに合ったアルミホイールになったこと、

又、スペーサーを外したことによる安定感は随分と改善しました

 

何より、バケットのスポーツシートになったことでドライバーへのホールド感が全く違います

 

 

仕上げて頂いたアートソリューション、フロッシュには感謝です

 

 

 

 

 

ボディのどの場所も絵になります

 

 

 

 

次の遠征が俄然楽しみとなったワケです。

 

 

コメントを残す (0)