「ホテルについて」の記事一覧

レジェンド宇野順一郎氏が来館..

1958年、満面の笑顔で第一回アサマクラブマンレースに参戦の若者

この若者こそ

ホンダドリーム250ccを駆る若干22歳の宇野順一郎氏その勇姿であります

 

アサマといえば我々世代のオートバイ乗りにとってはバイブルであり、伝説や神話化された逸話等々..興味深いことばかり

そして、日本のオートバイ史はそのまま戦後の急成長する日本経済を象徴しています

 

こうした背景もあり

浅間山の麓にはアサマミーティングクラブと云うオートバイを愛するクラブが1975年に発足しており

私も1980年代前半に入会し頻繁に参加していました

 

 

そんな時期でもあり、私の生まれ年に活躍していたレジェンドに会うことができたとはとても驚きです

 

実は、宇野氏とのご縁はポルシェ356

 

写真に納まる356乗りの先輩がスズカサーキット等のバイクレースでご一緒だったり

宇野さんご本業の電装技術を356で活かしたり..

 

当時の写真もご持参頂き話が弾みます

 

 

 

クラブマン時代の成績が認められ、後にヤマハのワークスライダーとなった宇野氏

1965年第3回MFJ鈴鹿ロードレース 50cc ジュニア部門

スタート直後のトップ争い ゼッケン70が宇野氏 このレースは 2位でフィニッシュ

因みにゼッケン58は優勝の河崎裕之(スズキ)60は菅家安智(スズキ)

 

同じ日、125ccクラス 予選2位ながら決勝はウィナー

やはりゼッケンは70番

 

こちらは翌日か..

250ccクラス決勝、予選6位ながら決勝3位のゼッケン70が宇野氏

 

当時の詳しいレース成績を調べてみると

宇野氏の活躍もあり、軽量級はヤマハが強く350クラスになるとホンダ勢のような感じです

 

併せて当時の記録をみると驚くようなメンバーです

北野 元 伊藤 光夫 伊藤史朗 谷口 尚己 生沢 徹 片山 義美 砂子 義一…

さらに、若き日の高橋 国光がクラブマン枠でBSAゴールドスターで参戦しているのです

 

私の秘密基地でも話は尽きません

 

そしてこの後、マン島の話で盛り上がるのでした..

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す (0)

″BOUQUET”.. 表現に込めたMemorial

モアナコーストも開業して33年

 

過去、様々な場面でメモリアルな日のご宿泊でのお祝いや

大きな区切りとなるAnniversary yearでのご利用時に

サプライズな演出をお手伝いさせて頂きました

 

又、プロポーズを前提にしたディナーのご相談のご要望も多く

弊社の信条がスタイルとして認知されたのではと嬉しく考えております

 

コレは、そんな様々な思いを「絵=イラスト」にした作品

 

ここの工房では、そうした思いを形にして残すことができます

 

 

10年後、20年後…あの時の結婚式の記憶にはこんなソフト加減が似合うでしょうね

 

 

 

モアナコーストでは、他でもこの作者にオリジナルな作品を製作してもらいました

 

この作家はクルマにしろバイクにしろ、その個体ごとに在る熱い思い(想い)やヒストリーを「絵=イラスト」の中で

表現できるのが特徴です

 

 

 

 

私もカノジョとの熱い思い(想い)を「絵=イラスト」にしてもらいました

 

クラシカル英国車ドライブ時のウェアでPorsche 356 なのはご愛嬌。

 

 

コメントを残す (0)

屋外サインを一新!

2021年3月21日に大きく生まれ変わったモアナコースト

 

Ristorante部とWedding部のロードサイドサインもリニューアル

 

 

西向き東向き共にとても見栄え良く仕上げてくれました

 

 

場所は″ボートレース鳴門″の向かいです。

コメントを残す (0)

こんな時だからこそ..じっくりと

昨年来、延期としていたブライダル部門のリニューアルに向け

プロのモデルを使った撮影が行われました

 

 

主たる披露宴パーティの会場となるシェスタもご覧のような設え

 

 

挙式会場アコルデもグリーンが映える演出

 

 

2022年春、サクラが咲く頃にはコロナ禍が終息していることを願うばかりです。

コメントを残す (0)

新緑..芽吹いたアイビー..インスタ映えに..

見事な緑が映えるモアナコーストのエントランス

 

 

アイビーとは言え、30数年も経つと幹の太さは直径8cm近くにもなっています

 

 

 

芝のガーデンからアコルデへと続く小道

 

朝は朝食会場となるシェスタの前もご覧の様に緑が眩しいくらいです

 

 

 

今年は琵琶の実が沢山見られます

 

 

 

コロナの早い終息を待つばかりです。

 

コメントを残す (0)