Blogリゾート社長のこだわりブログ

リゾート社長のこだわりブログ

「ライトウェイトスポーツ」の記事一覧

MG MIDGET 水温対策..

水温は外気温にも影響はされますが、この時期での渋滞時の上昇は問題です

そこで、サーモスタットを外してテストしてみる事に..

 

ペニーレーンさんから送って貰ったガスケットとサーモ抜いた状態で

仕様するカラー、液体パッキンはバイク用を使います

 

ラジエーターコア側のホースを外し

3か所のボルトを抜き

 

サーモが顔を出します

 

サーモを外し、面を平にします

 

因みに、このサーモの温度設定は88℃でした

 

カッターの刃で残った接着カス等を除きます

 

サーモの無いカラーだけのパーツを入れガスケットを載せます

 

液体パッキンを塗ったガスケットを慎重に定位置へ

 

後は、数日後にテスト走行で様子見となります。

 

 

コメントを残す (2)

MIDGET でポルシェパラダイスへ..

須磨での解散後

Porsche 944 Turbo S/951 のメンテナンス完成の報を受け

フロッシュwww.frosch911.jpさんへ向かいました

 

 

ファクトリーを覗くと

米国から取り寄せたturboステッカーも注文通りに装着済み

色合いも良い塩梅

 

 

 

引き取り日の打ち合わせを行い、加古川を後にします

 

 

明石海峡大橋→淡路島を南下

 

 

この日も充実の一日となりました。

コメントを残す (0)

芦有~六甲~須磨 MIDGET 快走

秋晴れの過日

神戸MGカークラブのショートツーリングに参加してきました

 

コースはコチラを参照

私には今月末に参戦予定のBRITISH CLASSIC MARATHONの前哨戦も兼ねています

 

 

土曜日と云うこともあり、芦有展望台も少な目

 

偶然でしょうか..随分前に拝見してセンス良いなと感じたオースチン・スプライト

今回の参加メンバーともお知り合いのご様子

 

 

 

ご挨拶後

展望台から宝殿出口→六甲のワインディングへ

 

コースセッターさんに感謝

正にライトウェイトスポーツ車用のコースでは?と感じてしまうワインディングが延々と続きます

 

 

休憩ポイントでも英国車談義

 

私はフィルムカメラの事は全く解らないのですが

どうやら相当マニアックな品物のようです

 

 

この後は山を下り、旧居留置を抜けメリケンパークへ

 

 

海岸線を西へ、須磨海岸を目指します

 

 

 

程なく目的地のピッツェリアOTTOに到着

 

ランチ開始まで少し時間があったので近くの海岸を散策

 

素敵なレトロ感のある灯台を発見

和田岬灯台と云うらしく、今は登録有形文化財となっています

 

 

このお店で参考にしたいのがコチラの造形

コンクリートを固めの状態で吹き付けた細工のようです

 

 

是非、近々予定のモアナコーストのエントランス改装時に使ってみたいと思いました

 

ピッツアも美味で楽しめました

 

今回のツーリングでのMIDGETの課題は水温

サーモスタットを抜く?ウォーターポンプの点検?

BRITISH CLASSIC MARATHONまでには解決しないと…。

 

 

 

コメントを残す (0)

1968年 MG MIDGET パーツは安心

過日のモディファイ時に交換し外したマフラー

今更ですが図ってみると外径は38mm

 

今回、ワンオフで作成の外径が51mm

内径は48mmなので結構な肉厚ですが、30%近く太くなった計算

 

旧マフラーも気になったので英国車御用達のMOSSで調べてみると..

今も取り扱いしてました

 

 

 

更に、MIDGETでパーツを検索すると…

 

 

 

ボディシェルは勿論

その他、膨大なパーツリストの存在が分かりとても安心しました

 

流石に英国、2輪も4輪共に旧車に優しいお国柄であることを改めて知ったワケです。

 

 

 

コメントを残す (0)

BRITISH CLASSIC MARATHON に向け..

27th BRITISH CLASSIC MARATHON に向けた準備が整ったMIDGET

日の暮れが随分と速くなり19時近くには真っ暗となった船坂/ペニーレーン

 

渋滞を避け、中国道→山陽道→神戸淡路鳴門道で帰ります

 

今回制作のワンオフマフラーからは今までとは明らかに違うエキゾーストノート

廻したい気持ちを抑え50マイルをキープ

 

帰宅時間は大幅に遅れましたが無事、基地内に駐車

テストは翌日に持ち越し

 

 

そして、鳴門マン島でのテスト走行を実施しました

結果、

5000rpm前後からの抜けがはっきりと変わっています

OHVとは思えないような吹け上がりと音質

 

流石ペニーレーン、ミニのレースで蓄積されたノウハウなのでしょう..

 

 

 

「27th BRITISH CLASSIC MARATHON 」 楽しみです。

コメントを残す (0)