「クラシカル英国車」の記事一覧

BSA Rocket Gold Star . Spit Fire / Triumph T110 改 Bonneville 整備録..その2

続いてTriumph T110 改 Bonneville です

 

この個体がエンジン始動も含め

動かしていない期間が最も長いかもしてません

 

うっかりとオイル受けを忘れてしまった状態

ブリーザーから大量のオイルを吐き出しましたが..粘度や色も問題無しで安心

 

覗いてみても

クランクケースからの漏れ、滲みは無いので正解です

 

 

空気が混じり白濁したオイル

ポンプからは勢いよく吐き出されています外に吐き出した量を継ぎ足します

 

 

 

 

 

そしてBSA Spit Fire もハイオクの抜き替え

 

 

 

流石に4台行うと疲れます。

 

 

終わり

BSA Rocket Gold Star . Spit Fire / Triumph T110 改 Bonneville 整備録

TR6改ボンネビルに続き、RGSも整備を行いました

 

 

この個体はハイオク入れ替えとプラグ交換

 

春に高速道を走らせたのでB8ESでしたが街乗り仕様のB7ESに変更です

 

 

忘れないようコイツにも日時を記載しました

 

 

続く

Triumph TR6 改 ボンネビルの整備

梅雨の中休みのような曇り模様のお天気だったその日

オイル交換と軽整備を行いました

 

湿度の高い日が続き、メッキ類の輝きも失われています

 

 

エンジンを始動させ、オイルを温めます

 

銅製のオイルドレンパッキンは在庫が無く、再利用することに…

 

オイルは勿論、アマリーのシングル40番

秘密基地の英車はすべて、30年以上に亘り使い続けています

 

 

忘れないように日時を記載

 

 

ハイオクタンも抜き替えたので記載します師匠の小川氏からも「半年前のガソリンは入れ替えるように!」と教わっており、実践しているワケです

 

 

やはり、抜いたオイルの汚れは少なかったのですが

オーバーサイズのピストン+リングを組んだ後なので早めの交換としました。

MG MIDGET で英国に浸る

コロナ禍によりマン島行きを断念したのが4月

 

行程が許せばGOOD WOOD CIRCUIT にも立ち寄る予定でありました

 

 

 

全国非常事態宣言が解除になった過日

MIDGET の点検とモディファイの相談に西宮に向かいました

芦有ドライブウェイに向かう時と同じ、阪神高速7号を快調に飛ばします

 

ペニーレーン http://www.penny-lane.jp/ さんはいかにも英国風

 

GOOD WOOD 近くに在るホテルと同じ雰囲気ですね

 

 

 

 

時間待ちの間は美味しいランチと珈琲

 

 

 

 

店内でも英国の匂いがプンプンなので妄想は膨らむばかり…

 

 

 

 

次の入庫日を確認し、帰路につきます

 

 

やはり、妄想は膨らんでばかり…

 

 

2020年 マン島断念

 昨年より鋭意計画が進んでいたマン島視察

 

コロナ禍が世界を揺るがす事態となり、止む無く中止となりました

 

秘密基地内で妄想は膨らむばかりです

 

 

基地内の整理整頓は充分過ぎるほど行えました

 

 

2021年に向けて仕切り直します。