「クラシカル英国車」の記事一覧

古き良き50年代 英国バイクへのこだわり…

Triumph T110 の画像を検索していた折に

何とも素敵な絵を見つけました

 

1957年 Tiger T110

特徴のあるナセル周りや太いエキパイ等がセンス良く描かれています

 

何より私にとってこだわりを感じたのが

シートをボンネビルタイプ(恐らく)に変更している?ところです

 

 

私のT110は1958年

只、ご覧のようにツインキャブ+薄く短いシート形状(上記の絵と同じ)となっており

ほゞ、ファーストボンネビル仕様にこだわっています

 

とても特徴的なナセルヘッド

少し低めのハンドルポジションと相まってとても美しいですね

 

改めてWikipediaで調べてみると

「ナセル(英語:Nacelle)とは、航空機のエンジン、燃料または搭載機器を保持するため、機体から分離して設けられる筐体(きょうたい)である。ナセルの形状は、空気力学を考慮して設計されることが多い。」

 

との記述

 

 

又、航空用語には、フランス語を語源とするものが多くナセルも「小舟」を意味するフランス語らしいのです

 

 

そして更に、初めて聞く筐体もWikipediaで調べます

「筐体(きょうたい)とは、何らかの機能を有する機械や電気機器などを中に収めた箱のことを言う。フレームを含めた外装を指す。」

 

 

なるほど、

ヘッドライトにスピードメーター、電圧計、スイッチ等々を収めた正に箱ですね

 

ナセルの意味が良く分かったのです

 

 

 

 

続きは60年代へと….

 

2020 春の Brit Brat Day(ブリブラ)..その2

小春日和

それでも走れば肌寒く

それが古い英国バイクのエンジンには優しい気温

 

 

ノートン乗りの若者、N君が撮ってくれた写真

愛機RGSがより素敵に映る色合い

 

どうやらクラシックなフィルムカメラで撮影してくれたもよう

 

 

クラシカルな雰囲気出てますね

 

N君、有難うございます

有難く使わせて頂きました!

 

 

 

もう一つの嬉しいプレゼント

 英車乗りの大御所・先輩方の冊子「マン島視察旅」

 

中を見てみると

 

 

今年の初秋にマン島行きを計画している私にはバイブルになりそうです

 

 

 Tさん、有難うございました。

 

 

 

 

2020年 春のBrit Brat Day(ブリブラ)

過日の3連休の土曜

 

少し悩みましたが兵庫埠頭に向かったのです

 

鳴門からだと目的地まで85Km

モアナコーストから鳴門北まで5分

神戸淡路鳴門道で淡路島を北上、垂水JCTから3号神戸線で柳原まで1時間少々で到着できます

 

いつもの「北の椅子と」https://kitanoisu-to.com/

 

今回のお題は「カフェレーサー祭り」

 

 

本場英国も顔負けの正統派….

 

大変希少なBSA  A65 Lightning Clubman  も

 

これも又、非常に生息数の少ない750 S

 

 

英国ヴィンテージも多く参加していました

 

一階は、今も現役の木工工場

 

2階のカフェで暫しの歓談

 

バイク繋がり(ポルシェ繋がりでもある)な友人が最近入手のボンネビル

なんと、私が10数年位前に乗っていた個体であることが判明

そのバイクがコチラ何と縁のあることでしょう…

 

 

続く

 

 

 

 

 

 

2020 春のブリブラの準備 BSA Rocket Gold Star

過日の試走で

この個体の状態は問題無いことが判明しております

 

 

只、Smith のクロノメータートリップの動きが?

カウンター軸がブレブレ

オーバーホールが必要かも知れません

 

 

 

ヘルメットもジェットorオワンを模索中

 

バンソンも長く使っていないので皮がカチカチ

 

 

 

 

 

かなり前に履き替えたエイボンですが

殆ど使っていないのですが経年でボチボチ交換が必要なもよう

 

 

 

マザーズで更に磨きます…

 

 

 

昨年、某オークションで入手の革ジャン

シープ?だったか…

軽くて前屈向きなのでコイツをチョイスしたいと思います。

BSA Spit Fire Mark Ⅳ…35 years ago

小春日和な鳴門~南あわじ方面

 

車検が切れたまま

暫く乗っていないスピットファイアのエンジン始動と磨きを行いました

 

 

今から35年前

初めてとなる英国バイクがこのBSA Spit Fire MKⅣ でした

 

岡崎での「英車の集ひ」初参加

山梨・清里、和歌山・花園、富士五湖etc…

 

大きな故障も無く、調子良いのが不思議なくらいです

 

 

 

4月になったら車検をとって走らせてやります

 

 

 

 この時代の「デザイン」「ネーミング」「エンジン特性」「音質」「乗り味」「匂い」

 

やめられません..