RUFにはTOTAL OIL..

年の暮れも押し迫る過日

OIL交換の為

Porsche 964 C2/RUF CRo で新名神を使い、大山崎に向かいました

 

RTC 石田さんまでは100分程

新名神が開通してからは随分と近くになったものです

 

相変わらず忙しそうです

 

 

整備待ちの超ど級のコンプリートカー達

 

 

 

今回使うオイルがコチラ

 

RUF社指定なのか或いはRTC石田さん仕様なのかは確認を怠り、

私にとって馴染みのないメーカーだったので調べてみたのです

 

 

TOTAL社のHPから運用すると

 

厳しいエンジンベンチテストを実施

TOTAL QUARTZ(クオーツ)シリーズは、研究所でのラボ試験の他に欧州自動車メーカーのエンジンを使用した非常に厳しいエンジンベンチテストを実施しています。例えば、油温を145℃に設定し、320時間エンジンを回すテストがあります。このテストはエンジン各部の摩耗やデポジットの量を測定し、また、エンジンオイルの消費量や酸化による粘度増加など、エンジンオイル自体の劣化度合いを測定します。

それらのデータをもとに自動車メーカーの要求性能をクリアしているか、また、TOTALの規準をクリアするかという評価を行います。そして、これらのテスト、評価をクリアした後に製品化されています。

トタルはオイルの性能をベースオイルの種類によって優劣をつけるのではなく、最終製品としてのパフォーマンスを実験データによって数値化して評価しています。

 

…との記載

 

この個体はCRoにフルコンバージョンの際、バルブ廻りも大径化と強化スプリング加工を施されている為、

高価ですが必要なOILなのでしょう..

 

 

帰路は遠回りをしてエンジンフィールを確かめたのでした。

 

 

 

 

コメントを残す (0)

Porsche 944 Turbo S/951 あれこれ..

PORSCHE CLASSIC…

 

ポルシェAGからの表記を運用させて頂くと

「これまでに生産されたポルシェ車の70%以上が現在も走り続けています。」

「これらのクラシックカーを守り続けていくことがポルシェクラシック部門の目標である。」

と記載されております

 

驚くべき数値ですね

 

 

そんな精神の中で生まれた純正クラシックオイルを944 Turbo S に試してみることにしました

流石に3L以上の空冷モデルの様に10W60は使いませんが水冷4気筒モデルには10W50がリリースされています

 

 

暫し、PC高松館内を散策

 

 

 

一方、こちらはフロッシュさんでお願いしてあったフロアマット

仕立てたスーツのような梱包で届きました

 

 

カロの中で「クローネ」と呼ばれる素材を使ったもの、色は「ツイードボルドー」

 

 

クラシックオイルの使用感については後日、もう少し走り込んで報告したいと存じます。

 

コメントを残す (0)

新年を迎えるモアナとHonda S800 M coupe

2020年も終わり

コロナに翻弄され、2021年に入っても終息の兆しが見えない中

こうやって、新年を迎える準備となれたこともお客様はもちろん、スタッフのみんなにも感謝の気持ちでいっぱいです

 

丑年の位置づけを調べてみると

「もともと十二支は植物が循環する様子を表しています。丑は十二支の2番目で、子年に蒔いた種が芽を出して成長する時期とされています。丑年には、先を急がず目前のことを着実に進めることが将来の成功につながっていくといわれています。」

コロナ禍にも慌てずじっくりと対応する必要がありそうですね

 

 

 

そんな中

夕刻迫る鳴門のマン島

 

 

Honda S800 M Coupe  を走らせました

 

 

流石に訪れる人も少ない島田島(鳴門スカイライン)

 

このまま、西へ走らせます

 

3月には大きなプロジェクトを成功させなければならず

コロナ禍ですが忙しい2021年となりそうです。

コメントを残す (0)

由布岳~阿蘇を巡る Porsche 356 SC その5

大分からのフェリーは夜の便

 

少し時間があったので

初日のスタートとなった日田の街巡りに向かいました

 

 

電柱は地中埋設されておりすっきりとした風情

 

老舗の酒蔵を見学することに..

 

 

江戸時代の元禄15年(1702年)に建てられた蔵で現在も製造を行っているそうです

 

 

敷地内にあるカフェもセンス良いですね

天然酵母を使ったスイーツも大変美味

大吟醸の酒粕を贅沢に練りこんだアンパンもお土産に購入

 

 

 

 

その後、大分港に向かいます

 

そして翌朝の神戸

とても充実の由布岳~阿蘇の旅となりました。

 

終わり

 

 

 

コメントを残す (0)

由布岳~阿蘇を巡る..その4

翌日、福岡市内から南下

筑後川沿いの朝倉方面に向かいます

 

 

先ず、出迎えてくれたのがコチラのクルマ

「自作のサイクルカーです」と聞かされましたが..?ピンときませんでした

 

 

調べてみると

 Wikipedia参照

 

先ず

サイクルカー(Cyclecar)とは主に1910年から1920代後半頃まで作られていた、小型で安価な乗用車である。

そして

1898年から1910年まで、自動車生産は急速に拡大した。当時の軽量乗用車はボワチュレットと呼ばれた。より小型のサイクルカーは1910年頃に現れ、第一次世界大戦の勃発の直前にブームとなった。サイクルカーとしてよく売れた初期の車にはフランスのBédélia(1910-1925)や英国のG.N.がある

さらに

サイクルカーは単気筒、あるいはV型2気筒、またはまれに4気筒のエンジンを載せていた。多くは空冷だった。これらのエンジン、ギアボックスなどのそのほかのコンポーネントは多くがモーターサイクル(オートバイ)で使われていたものを流用していた。サイクルカーは軽量ボディで、モーターサイクルと乗用車の中間の位置づけである。前後で2座席というものもある。乗り心地や天候への備えは最低限とされていた。エンジンパワーを駆動輪に伝えるレイアウト方法もさまざまで、たとえば、「ベルト駆動」や「チェーン駆動」などが用いられ、またディファレンシャルを使わないですむように後輪一輪というものもあった。

サイクルカーが流行したのは、直接的には軽量小型エンジン乗用車に対する登録料金および年間ライセンス料金に対する税金が割安だったためである。フランスでは、たとえば、350kg以下の重量であれば料率の低いクラスとなった。

なるほど..

正に、戦前バイクと年代がピタリと当てはまるから自作に至ったのですね

工房を見せて頂くと

精度の高い工作機が揃っています

 

サイクルカーはヨーロッパで盛んとなり

特に英国やフランスでは100を超えるメーカーが存在したようです

1920年代と思しきGNのサイクルカーは当時もの

 

 

 

 

そして案内して頂いたのが蔵の中の宝物

 

 

 

 

ヴェロセットやノートン、ヴィンセントであることは判りますが極初期である為、私の知識では解らない個体達

 

実はココのコレクションは氏が収集した個体群の中では一部であるらしく

次回訪問時には改めて見せて頂けることに…

 

それにしても動態保存であることに驚きを感じたのでした

 

 

 

来年、改めてお伺いする事をお伝えして工房を後にしたのです

 

次は最終章

 

 

コメントを残す (0)