Porsche 911 S/70y 901について..その2

前オーナーが大切にストックされていた新品のダッシュボードに換装

 

 

 

 

 

アルミ製ステップも新品に、シートレールカバーも塗装直しで新車然としています

 

 

 

 

 

敢えて純正ラジオも残しました

 

 

 

 

 

サイドブレーキや灰皿も塗装を施し新車時に近づけます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カーペットの状態も新車時のソレです

 

 

 

 

 

今回のレストアで一番驚いたのがこの張り替えた内張

前オーナーがストックしてくれていた純正の生地で張り直したのですが見違えるほどに良くなることに..

勿論アームレストも経年のヤレを塗装仕上げで無くしました

 

 

 

 

このCシリーズ70y仕様には911/02型エンジン空冷フラット6 SOHCで 180Ps/6500rpm  20.3kgm/5200rpm

燃料供給はキャブレターではなくボッシュ製6プランジャーメカニカルインジェクション

 

 

 

 

この”メカニカルインジェクション” 歴史的にはこんな戦闘機で使われていたのだそうな

気圧の大きな変化や重力が逆転(反転)する戦闘機には必須の強制燃料噴射ポンプ

ご存じ、”メッサーシュミットBf109″  第二次世界大戦におけるドイツ空軍の主力戦闘機

主翼が薄く小さく高性能、生産数は30000機を超え、歴史上最も生産された戦闘機なのだそう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんなメカニカルな構造や歴史的な背景を思い描きながら愛でる至福の時間

果たして上がりのポルシェとなるのか..

コメントを残す (0)

Porsche 911 S/70y 901について..

秘密基地に仲間入りしたPorsche 911 S/70y 901

 

ポルシェジャパンクラシックから引用すると..

“1963年9月のフランクフルトモーターショー(IAA)で、ポルシェ 356の後継となるポルシェ 901が発表されました

1964年の9月から901の量産を開始

ポルシェは、このモデルを同年10月に開催されたパリモーターショーで公開するも

フランスの自動車メーカーであるプジョーがモデル名に異議を申し立てました

プジョーは中央に“0”を持つ3桁のモデル名を商標登録していたのです

そのため、ポルシェは901のモデル名を911に改めました

この数字の組み合わせは米国の緊急電話番号と同じであり、ポルシェの重要な市場では馴染みのあるものでした

901は名称を変更する前に、すでに82台が生産されていました”

との記述

 

これは有名な話ですね

 

 

 

又、Wikipediaから引用すると

“ポルシェ901はドイツの自動車メーカーであるポルシェが開発した「スポーツカー911」のうち

1964年から1977年にかけて製造・販売されていた初代モデルを指すコードネームである”

との記述

 

 

ポルシェマニアはナンバーにもこだわりがある御仁は少なくありません

私のケースで云うと..

RUF CRoの場合、964のコンバージョンモデルであり後期モデルである証しとなる92年から「・・92」

*初めてのポルシェとなるガーズレッド964は「・911」その後のシグナルグリーン964も「・911」

944Turbo Sだと型式名である951から「・951」

*88年限定モデルなので「・・88」も候補だった

 

そんなこだわりからこの個体のNoにはコードネームである「・901」としたのです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ワールドチャンピオンシリーズの内貼りステッカー

PORSCHE MARKEN WELTMEISTER は69年70年71年の世界スポーツカー選手権チャンピオンの意味なのだそうな

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

水平対向をデフォルメしたイラストに描かれた誇らしげな2.2の数値

1969年8月から生産されたCシリーズ

内径φ84 mm×行程66 mmに拡大した排気量2,195 ccを意味するのです

 

続く

コメントを残す (2)

春のビンテージバイクの集い/MAHHAMAN

四国内を中心とした英国ビンテージ(クラシックな)バイクのイベント

このフライヤーからも凝った、そしてこだわった企画であることがわかります

 

 

 

 

このイベントにはBSA Rocket Gold Star/62y で参戦の予定

 

 

 

神戸の兵庫埠頭での過去画像

 

 

 

 

 

4月も中旬なのでもう少し薄手のウェアでOKであると考えています

 

 

 

 

 

そして、冬の間履いて無かったブーツの手入れを行います

 

 

 

 

 

 

 

 

靴墨も使いますが、右足の甲の先でチェンジが当たる箇所は剥がれている為”染めQ”で補修

 

 

 

 

この部位

 

 

 

綺麗に補修できました

 

 

 

後は靴墨とブラッシングで整えます

 

 

是非ともこの日が晴れることを強く念じております。

 

コメントを残す (0)

Porsche 718 Cayman S/982 で鳴門ニュル

3月に行われる”Moana Resort HISTORIQUE 2024″

このモアナコースト貸し切りのイベントは今回で3回目の開催となります

 

ルートの区間となっている”鳴門ニュル”の路面状況を確かめるべく

Porsche 718 Cayman S/982 を走らせました

 

 

 

驚いたことに、いつの間にか一部の路面が綺麗に舗装されています

 

 

 

 

 

 

 

 

地図で示すと北側からの侵入口辺りと鳴門ニュル中央部の右ヘアピンから西へ抜ける部分がご覧のようなキレイな状態に

 

 

駐車位置はこの場所

 

これで、全区間の7割近くの路面補修が解消されたことになります

 

 

 

 

 

2027年には大鳴門橋の下部空間に淡路島を結ぶ自転車道が開通します

この場所にも多くのサイクリストが訪れることでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな退避帯にも自転車と共存する工夫が必要ですね

何よりもこの道が、自転車とクルマやバイクが楽しめるような道になることを強く念じております。

 

コメントを残す (0)

Porsche 944 Turbo S/951 洗車..

ボディの艶が気になるようになった過日

久々に944 Turbo S/951の水洗いを行いました

 

 

 

この個体にはゴールドグリッターを使って作業を進めます

他にも複数の液状ワックスを使い分けていますが

この951のような色合い”シルバーローズ”のメタリック系にはコレが合っているようです

 

 

 

 

エンジンルーム内もエアーツールを使って水分を吹き飛ばします

 

 

 

 

いつか機会があればマニホールドやヘッドカバーもバフで磨きたいものです

 

 

 

リアガラスのゴムモールも時間を掛けて水分を飛ばします

 

 

 

 

足回りやキャリパー、ディスク部も走らせて乾かします

高速道はこの個体の真骨頂

 

 

 

深い艶が出てとても良い状態になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基地に戻ってエアーで埃を飛ばしカバーを掛けて完了です。

 

コメントを残す (0)