English

閉じる

お電話でのお問い合わせ

TEL.088-687-2255(受付時間 9:00-21:00)

レストラン予約専用

TEL.050-3188-5571

Blogリゾート社長のこだわりブログ

リゾート社長のこだわりブログ

1960年代、英国車の造形美を楽しむ..

BSA Rocket Gold Star 1962年モデル

 

Wikipedia参照すると

BSA=バーミンガム・スモール・アームズ “Birmingham Small Arms Trade Association”は英国にかつて存在した軍用及びスポーツ用小銃・自転車・オートバイ・自動車のメーカーとあります

 

バーミンガムは高性能な小銃の産地であり、この地で鍛冶屋と機械加工業を営んでいた14人によって結成された

「バーミンガム小型武器取引協会」(Birmingham Small Arms Trade Association)を発祥とするようです

 

小銃が3丁のトレードマークがそれを表しています

 

20世紀に入ってからオートバイ製造に参入し、一時は世界最大のオートバイメーカーであったのです

 

このRocket Gold Starは

1962~1963年のわずか2年間の生産でリリースされたのが1584台と云う希少な個体です

このY字カバーやミッションケースの形に見覚えのあるエンスーはきっとカワサキ通ですね

先ず、メグロが真似てカワサキが引き継いだ傑作です

 

1987年(昭和62年)に並行輸入された個体を

1991年(平成3年)から私が乗っているので所有歴も30年を超えました

 

個体そのものはやがて60年になろうとしていますが近場のツーリングには何の支障もありません

 

 

それにしてもこの美しさはどうでしょう..

どこを磨いていても高揚感に溢れます

 

 

 

 

“PINKS” と読めるパテントプレート

当時の英国内での取り扱いDealerと思われますが、今も健在なのでしょうか…

 

 

昨年、コロナ禍により断念したマン島視察

 

2022年には訪問できることを願っております。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す (0)

完璧であることを確認..Porsche 944 Turbo S / 951

過日、モアナで行われる特別商談会等の打ち合わせと所用もありPC高松へ

 

折角なのでリフトアップして頂き、点検を行いました

 

とても美しい設えの点検スペース

 

どこを見ても完璧な状態でPC高松のメカニックも驚く程でした

もちろん、フロッシュさんでの整備内容や交換パーツの記録簿等々も確認しながらのお話でしたが

流石と云うか私もとても安心したのです

 

 

 

 

ターボ車に共通の金属のホースも迫力あります

 

 

 

次のロングドライブが俄然楽しみになったワケです。

コメントを残す (0)

GIRO DI CALDERASO 2021 はスタート前からドラマティック..最終章

翌朝は快晴

暑くなりそうな予感の二日目、スタート前の風景

 

 

やはり、クラシカルなお話で盛り上がっている様子

 

 

時間となりスタートします

一区間、高速道路も使いながら由布岳方面へ

 

 

道の駅で休憩も挟みながら地元の名産品も楽しむ事ができます

 

初夏の阿蘇は日本とは思えない景色です..

 

 

 

 

お昼前には昼食会場と表彰式を行う「レゾネイトくじゅう」に戻ることができました

 

来年も阿蘇で再会できることを話しながら、皆さんとお別れします

 

 

 

 

一方、大変お世話になったフロッシュのお二人から送って頂いた画像によると

無事に四国へ渡るフェリーに乗ったもよう

残りの陸路での安全を祈願したのです

 

 

 

 

私達も帰路の神戸行きフェリー時間までの間

今回のイベントで知り合えた方のガレージ訪問をさせて頂きました

 

 

 

そして、それは驚きの個体達でした

Porsche 356 乗りなら必ず憧れのバージョンとなる” 2000GS “所謂「カレラ2」です

 

この水平対向4気筒+4カム+DOHCは

後の904用エンジンとして更にチューニングされ、搭載されることになります

 

エンジン音も聞かせて貰いましたがブリッピング時は正にレーシングエンジンでした

 

 

 

もう一台のポルシェも実車としては全く初めて見る個体

 

スイスのチューナー、SPORTEC「スポーテック」社の996 GT2 ベースのコンプリートモデル

外観にはあまり手を加えずに動力性能のスペックを大幅に上げる事に注力

 

そして

チタンコンロッド等を駆使、驚異の750PS を叩き出します

 

元々、GT2はTurboを更にパワーアップさせたチューニングを施し、軽量化の為2駆にしているのですが

流石にこのパワーだとコントロール出来ないとみえてSPORTECでは4駆に戻しているようです

 

同年式のRUF社 996-R Turbo が550Ps ですから超ド級度が分かります

 

 

 

更に

 

1932年 MG-K3 マグネット

MG社が世界で30数台リリースした中の1台となるワークスレーシングカー

 

いつか、MGCC のイベントでご一緒したいと思いました

 

 

T氏ご夫妻にお礼を言って、フェリー乗り場に向かいます

美しい夕景に歓声を上げながらスマホを向けるカノジョ

 

 

ドラマティックな2日間で二人ともぐったり、泥のように眠ります

 

明け方、目覚めると明石海峡大橋の下を進むサンフラワー

程なく六甲フェリーターミナルへ着岸

 

念の為、356SCを入庫させる為に加古川へ向かいます

3日前に神戸で、昨日と一昨日は阿蘇で..そして今、加古川で

何か不思議な気分です

 

 

 

 

 

終わり

 

 

 

 

後書き..

それにしてもドラマティック、記憶に残る「GIRO DI CALDERASO 2021」でした

出番の無かった急ごしらえのPC計測用のキッチンタイマー

次のレースでは活躍して貰いたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す (0)

GIRO DI CALDERASO 2021 はスタート前からドラマティック..その3

ジオラマのようにに見える火口近くまでワインディングを疾走します

 

如何に、ここ阿蘇が広大であるかが解る場所です

 

 

標高の高い高地まで来ましたが356 SC は至って快調

 

呑気に写真を撮っている私達を尻目に、戦前の3ホイラーが駆け上がっていきます

 

ナビシートのカノジョもKm表示をmileに変換計算したり、写真を撮ったり大忙し..

 

 

延々とこんな道が続きます

 

 

途中、フロッシュ積載車と遭遇

 

フロッシュZ氏と近い将来のPorsche社の方向性と私達がどう関わるべきか?

語ったとか、語らなかったとか…

 

 

 

 

 

その後は想定通り、宿泊先である「レゾネイトクラブくじゅう」に到着できました

 

 

 

 

雄大な阿蘇の夕景を眺めながら“ アペリティーボ ” が始まります

 

モアナコーストでも勿論、生ハムは使っておりますが

このパルマ産「クラテッロ・ディ・ジベッロ」は特別です

 

チャールズ皇太子をはじめ、世界中のセレブや三ツ星レストランで愛用されている品

日暮れには気温も下がり、周りのご婦人方やカノジョもホテルのコートを羽織っています

 

 

この後はリストランテに移動してディナータイム

 

演出も洒落ていて、大いに楽しめたのです

 

今夜も明日に備え、早い就寝となりました

 

昨日~今日、結構…疲れました。

 

 

 

..まだ続く

 

 

コメントを残す (0)

GIRO DI CALDERASO 2021 はスタート前からドラマティック..その2

荷物を載せ変え、スタート地点に向かいます

ここまで来たのだから..と、主治医のZ氏とO氏も718を積載車に載せた状態で

GIRO DI CALDERASO  スタート地まで並走してくれることに..

 

 

信号機がほとんど見受けられないワインディングをフロッシュ積載車とランデブー

 

スタート地にはドンピシャのタイミングで到着することが出来たのです

コチラの参加車両であるPorsche 904 GTS は愛機356 SC と同年式の1964年

 

ゼッケンを貼り終え、定位置に並んだ356SC

 

夏の衣類で臨んだ為、曇り模様の阿蘇では肌寒く感じます

 

こうして356で参加できた事は、ほかならぬZ氏とO氏のお陰ですね

 

 

 

いよいよ、ドラミが始まります

皆さん、真剣な眼差しでマップを見ながら主催者の説明に耳を傾けます

 

 

毎回、GIRO DI CALDERASO の楽しみはコースはもちろんですが

食事や演出にもこだわりが込められているトコロです

 

 

その一つがイタリアの高地を意識した設え

夕食の前、夕暮れの阿蘇を借景にアペリティフが楽しめるのです

 

 

 

 

 

いやが上にも盛り上がるワケですね

 

 

 

 

 

そして年式順、一台づつでスタート!

 

 

ナビシートのカノジョもご満悦

 

 

 

さらに続く

 

 

 

 

 

 

コメントを残す (0)