「リゾート社長のこだわりブログ」の記事一覧

モアナが会場となる “Moana Resort Historique 2022”

1960年代のモデルを中心にしたクラシックカーイベントがモアナコーストを主会場として開催されます

 

鳴門マン島(鳴門ニュル)と南あわじが主だったコースのなる為、パトロールへ..

 

コースの中で、海抜の一番高い展望台からの長い下り→左スプーン→右ヘアピン途中の安全退避地帯

 

 

時間に余裕があれば、是非撮って頂きたい映えスポットとなります

 

 

 

この後は、大鳴門橋を渡って南あわじへ向かいます

向こうに見えるのは沼島

神話に登場の日本で最初に創られたと云われる島ですね

 

「国生み神話 時空の度」を参照すると

“はるか昔、神々がつくり出した最初の島「おのころ島」だという伝説が残っています。沼島の「沼」は「国生み神話」の「沼矛」に由来するという説もあります”

 

私にとっては4月に参戦の”BRITISH CLASSIC MARATHON 2022″の前哨戦となりますが..

愛機 MG MIDGET Mark Ⅲ は快調なのでした。

コメントを残す (0)

3月の海へ Porsche 993 Carrera S 97y…その2

やはりCarrera S は、この356をリスペクトした二分割デザインの可変スポイラー

 

 

ワイドなリアフェンダーには996用の11Jホイールに295サイズのタイヤを飲み込むことができます

 

1965年から脈々と受け継がれた5連メーター

残念ながら、この配置はモデル993 の97y 生産をもって終了となりました

 

過剰品質と言わしめたタイプ964には及ばないものの..

 

本皮等の材料にもコストダウンが図られましたが、他のスポーツカーに比べ993にもPorscheのモノづくりへの

こだわりは充分に感じられます

 

そしてこのTip S

マニュアルモードで峠を掛ける面白さは群を抜いています

 

 

空冷最終年となる97y

経過年数25年となるのが信じられない位にクオリティは高く、エアコンの効きも良いのです。

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す (0)

3月の海へ Porsche 993 Carerra S 97y

春本番が間近と思わすような夕暮れに

Porsche 993 Carerra S を走らせました

 

 

 

ここ亀浦観光港は水深も深く、こうした大型ガット船も横付けすることができます

 

 

 

恐らく、停泊中のガット船に積み込むのか?

超大型のテトラが型枠から外され並べられていました

 

 

 

それにしても、昨年装着の996 Turboと同じサイズの4Sホイールが似合っています

 

面一加減も純正の993 Turboタイプよりも映えますね。

 

 

続く

コメントを残す (0)

早春の.. Triumph T110/改 Bonneville

4月開催の「英車の集ひ」春編にはTriumph T110/改 Bonneville で参加予定

 

個体の様子見も兼ねて鳴門マン島を走らせました

 

今は廃墟化している場所ですが..

何か活かせる方法が無いか模索中

 

それにしてもナセル周りのカッコ良さを再認識します

 

4か月ぶりに走らせましたが申し分の無い状態で絶好調..

 

鳴門マン島の中には長い上りも数か所ありますが

3速でもアクセルワークだけでトルクフルに走り切ります

 

 

この後は、いつものルートで海岸線を西へ向かいます

そしてやはりココになります

 

 

 

いろいろと思いを巡らしながらの至福の時間

 

 

1958y 独特の太いエキパイが映えます

 

世にリリースされてから64年

信じられない位の走りに驚くばかりです。

 

 

コメントを残す (0)

ポルシェ繋がりなお客様に..

 

ポルシェに乗れるようになって10数年

 

立地を生かした様々なイベントや催しを行うことで

全国各地からランチツーリングや、ご宿泊等でモアナコーストをご利用頂いており嬉しい限りです

 

 

そんな中、今日もランチツーリングにお越し頂いた面々

コロナ禍により2年以上の期間、PC四国主催の新型車展示試乗会も開催できておりません..

 

タイカンの充電ステーションも完成しており、早い開催が待たれます

 

 

この春には、日常に近づくことを願うばかりです

 

 

 

皆様、有難うございました。

 

コメントを残す (0)