「2014年11月」の記事一覧

11月も下旬 この季節になると・・

知り合いの方から美味しいみかんを沢山頂きました。

 

食べながら

確か去年もヴィラの庭にメジロ用にと差してやったのを思い出し

少し準備してみました。

 

DSC06874

 

離れて見ると

こんな感じ

DSC06871

 

イメージ画像では

Zosterops_japonicus_02

 

今から40数年前

未だメジロを捕まえて飼うのが違法で無かった子供の頃

 

山の急斜面で息を殺して仕掛けを見つめ

掛った瞬間の興奮と喜び

 

毎朝

ホウレン草をスリコギし

特製の糠と練り合わせたエサを造り与えたこと・・

懐かしく想い出します。

カジノ視察に行ってきました・・その2

今回はドイツ・バーデンバーデンから列車でスイス・ルチェルンへ移動です。

 

 

 

 

 

車窓からは長閑な風景が

DSC06751

 

旅情をそそります

 

 

DSC06756

 

列車からのこの景色

 

日常を忘れさせてくれます

 

 

 

 

 

数時間でルチェルン駅に

DSC06758

トローリーバスの電線

ヨーロッパ特有の空模様・・

なんともノスタルジア

 

DSC06763

旧駅舎のファサード

哀愁を感じさせます・・

 

 

 

 

 

翌朝は晴れ渡っておりました

 

DSC06772

 

 

 

早速トローリーバスに乗ってみました

DSC06830

 

 

午後からの天候も心配だったので早めの街歩き

DSC06777

 

お約束のカペル橋

 

 

 

 

DSC06803

川の畔の心休まる風景

 

 

 

これは是非参考にしたいマルシェ

DSC06786

DSC06785

 

DSC06788

 

DSC06798

 

DSC06807

 

 

 

 

少し小高い方向へ

 

DSC06816

 

DSC06817

 

 

夕方まで歩きまくりです。

 

ところが

夜のカジノ・ルッチェンではカメラを忘れ

写真がありません・・・(泣)

 

しかし

CEOがご馳走してくれたイタリアンは最高でした。

 

 

 

翌朝の早朝には帰国の途へ

 

DSC06849

空港へ向かう列車には自転車用のスペースが・・・

流石に自転車が幅をきかせる街です。

 

 

ルチェルン空港で見かけたポルシェデザインのショップ

DSC06853

 

 

なんとも濃い

そしてハードな4日間の視察となりました。

 

DSC06855

 

 

なんとしても実現させたい

 

保養所タイプのリゾートカジノ

 

 

 

 

請うご期待!

 

 

 

 

 

 

 

 

カジノ視察に行ってきました・・その1

 

 

 

やっと

観光が巨大な産業であることに気づいた日本

 

 

先進国の中で

唯一、合法カジノ無い日本

 

 

未だ一握りの市民の数ですが

鳴門はカジノの誘致を進めています。

 

我々の描くカジノは保養所型スモールカジノ

 

この度

熱心なメンバー達とドイツ・バーデンバーデンとスイス・ルッチェルンに視察に行ってきました。

 

 

 

 

ルフトハンザで11時間

DSC06602

北極海を掠め

DSC06608

シュバルツバルトの森を見ながら

DSC06611

フランクフルトに降り立ちました。

 

 

 

 

 

ここからは

高速クルーズバスでアウトバーンを南下

DSC06620

 

途中、シュトゥットガルト近くを通りました

今回はポルシェ博物館は残念ながら伺うことはできません・・

 

DSC06718

到着したバーデンバーデン

DSC06715

ヨーロッパ屈指の温泉保養地の佇まい

 

DSC06636

 

DSC06723

 

電線類などは地中化されており

石畳と相まって街を歩くのが楽しくなります。

 

 

 

又、こんなモノも

DSC06740

ペットの糞の応急処理のごみ袋

無料であちらこちらに見られます。

 

 

宿泊したホテルの朝食

DSC06640

ドイツらしくハム・ソーセイジの種類が豊富

どれも大変美味しい

 

 

 

さらに街の散策

 

DSC06664

 

DSC06671

公園では朝市が

 

DSC06672

 

時節柄

こんなXmsツリーも

DSC06673

 

 

 

 

 

 

 

いよいよお洒落してカジノの視察です。

 

DSC06676

 

 

DSC06690

 

1800年前半の建物と云いますから驚きです。

 

当初は地域の公民館的な施設として利用されていたそうです。

DSC06692

 

時代の侯爵達が手を加えカジノとして栄華を極めたそう

 

DSC06699

 

現在のCEOから熱心に話を聞くことができました。

DSC06707

 

DSC06711

DSC06710

併設されたレストラン

世界中の俳優や富豪、著名人が足繁く通ったのが窺い知れます。

 

後日にはルッチェルン編をお伝えいたします。

横浜赤レンガに弾丸参加

11月9日の日曜日

 

逆から読むと911の日

 

予てより参加準備を進めていたEXCITING PORSCHE MEETINGに参加致しました。

 

往復1300Km

現地滞在時間4時間程度

土曜日の午後出発~日曜日の夜帰宅の文字どおりの弾丸ツーリング

 

 

 

 

しかし

当日の朝は生憎の雨

DSC06515

それでも全国各地から熱狂的なポルシェ乗り達が集結

DSC06517

DSC06516

DSC06540

 

 

熱狂の程度が想像できる個体の数例をご紹介

 

DSC06525

DSC06522

DSC06527

DSC06531

 

 

 

始まって1時間もすると

皆さんの想いが天に届いたのか

 

DSC06582

 

ご覧のようなお天気となりました

 

DSC06567

 

愛機ケロヨンC2GT号も赤レンガに映えます

 

DSC06578

 

ヨコハマ観光の方々も大勢、見学に・・

 

 

大阪の友人が最近、ドイツ本社から取り寄せた

個体別の出生届けも見る事ができました。

DSC06532

 

私も手続きしたいと考えております。

 

 

イベントは夕方までの開催ですが

夜21時位までには戻らねばならず先に会場を後にさせて頂きました。

 

DSC06560

 

DSC06586

 

主催者の皆さん

 

素敵なイベントを有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

秋晴れ ・・今日のモアナコースト

昨晩は月明りで外が異様に明るかったですね

 

調べてみると・・

171年ぶり「ミラクルムーン」だったそうです。

 

その名残なのか

今夜もモアナの庭から見た東の夜空は

DSC06455

 

こんなに美しかったのです。

 

 

以下、ニュースによると・・

 

美しい月として親しまれる「名月」は通常年2回、旧暦8月15日の「十五夜」と同9月13日の「十三夜」に現れる。日本では古くから、「月見」としてこの年2回の名月を観賞してきた。

「後の十三夜」の月は、年3回目となる珍しい「名月」。旧暦では3年に1度、「うるう月」を入れて季節とのずれを調整する。旧暦に従うと、今年は171年ぶりに9月にうるう月が入り、11月5日が2度目の「十三夜」となった。これが「後の十三夜」と呼ばれる。

 

なんだそうです。

 

 

 

 

 

一方、昼間のモアナ

 

モアナファームも豊作

DSC06425DSC06423

 

お隣の畑では

DSC06421

 

お判りでしょうか?

 

DSC06419

 

鳴門町特産の「らっきょう」なんです

この時期だけ辺り一面の畑はルビーピンクに染まります。

 

DSC06429

 

自生しているミントも美しいです

 

 

 

 

 

 

がっ!

気がかりは週末の天気です  それも横浜の・・・

 

 

 

日曜日に開催される横浜赤レンガでのポルシェイベント

DSC06459

動画の撮影位置もこのアングルで決定してのですが

雨模様の予報です・・・