「バイクについて」の記事一覧

久々の BSA SPIT FIRE Mark Ⅳ 走らせる..

12月としては暖かな日

久方振りにBSA SPIT FIRE Mark Ⅳ を走らせました

 

キック前にガソリンタンクを覗くと2L程度の少量の状態

恐らくガソリンは傷んでいるであろうと考え、すべて抜いてから新しいハイオクを入れる事に..

 

 

サイドカバーを外した折、小物入れのファスナーを下して中身を点検

 

ヤマハの工具入れに最低限のプラグレンチを入れておいたのを忘れていました

 

 

近くのGSで調達したハイオクを8L充填

冬場と云うこともあり、プラグはいつものB7ESからB6ESに変更します

 

少し減っていた空気圧も足してやって準備OK

 

 

 

とても調子の良い状態で鳴門マン島へ

マン島を抜けるとR11の海岸沿いを西へ進みます

 

 

そして定番のリバプールに到着です

 

私がこの個体を手に入れたのが26歳の時

(このモデルは1967年なので英国で製造されてから54年が経過)

すでに37年乗り続けていることになります..

 

 

窓越しに、定番の定食を頬張りながら愛機を眺めます

 

 

少し薄めのコーヒーもこんなシチュエーションだと全く気になりません..

 

 

午後の予定もあり、ヘルメットを被ります

海沿いのこの道はとても気持ち良いのです

OHV twin 650cc の鼓動を写真に収めます

何と幸せな時間なのでしょう..

 

 

各部を磨いて定位置に..

 

次は何処へ。

 

コメントを残す (0)

Brit Brat Day 2021 Autumn編へ..その2

お昼前となり、会場となっている「北の椅子と」2階のカフェに移動します

北欧系家具で埋め尽くされた店内

 

コーヒーとサンドイッチで小腹を満たします

 

 

そろそろ、解散の時間となり駐車場に戻る事に..

 

 

皆さん、話は尽きない様子です

 

ETC用の電池を確認し、出発準備を行います

 

 

 

 

次の再会を期して各々出発します

 

現行モデルもここまでカスタムし、ウェアもこだわればステキですね..

 

 

私も出発準備

2022年も3月後半には開催される筈です

 

 

 

和田岬からは阪神高速3号神戸線→神戸淡路鳴門道で西へ

途中、室津PAで小休止

 

 

BSA Rocket Gold Star 1962年モデル

世にリリースされて60年、私の愛機となって35年

 

この素晴らしいバイクに感謝です。

 

終わり

 

 

コメントを残す (0)

Brit Brat Day 2021 Autumn編へ..

恒例となった“神戸ブリブラ” Brit Brat Day 2021 Autumn編

 

今回はBSA Rocket Gold Star/62y で向かうべく、整備を行いました

 

ガソリンタンク周りからの振動音を解消すべく、外して緩衝部を確認します

 

この辺りが怪しく、緩衝材で覆います

 

更に点検を進めるとシリンダー口のエキパイが少し外に出ているのを発見

 

木を当てて中に叩き込みと3mm程度入りました

 

 

新しいハイオクを充填後、これまた新品の電池と入れ替えたETCを装着します

 

快調に神戸淡路鳴門道を使い和田岬に向かいます

 

 

 

今回も大勢の英車乗りが集まっておりました

 

 

BSA クラブマンやイタ車もカフェレーサー風..

 

 

皆さん、お洒落していますね..

 

60年代のボンネビル~現行モデルのボンネビルまで盛り沢山

 

イカしたTriumph 乗りな女子

 

正統派の戦前モデルのベロセット..装備もウェアも完璧です

 

70年代のバイクカタログを見ているようです..カッコ良い!

 

 

先月の「英車の集ひ」でもお世話になった相棒T氏と一枚

 

続く

 

 

コメントを残す (0)

2021年 秋 British Run「英車の集ひ」..Triumph TR6/改Bonneville その2

翌朝は曇り空

何時雨が降り出してもおかしくない空模様

 

 

解散時間が早まりそうなので支度を整えます

 

皆さんも天気が心配そうです

 

帰りルートの確認なのでしょうか..?

 

バイクもウェアもバッチリと決めた戦前モデル

 

再会を約束して見送ります

 

素晴らしいコンディションのマチレス乗りなMs

 

 

 

 

私達も小雨模様の中、出発します

見慣れた八ヶ岳高原ライン

何度走っても楽しいのです ..たとえ雨でも

 

途中、こんな集団にも出くわしました..

 

 

トランポに積載し、中央道に乗る頃には晴れ間も見えてきました

 

名神を乗り継ぎ、大阪で相棒とお別れした後は阪神高速3号神戸線を西へ

ここまで戻れば安心です

 

垂水PAで小腹を満たします

 

19時過ぎには無事に帰宅し、TR6のセンタースタンドを立てる事ができました

 

 

 

今回は二日目の朝にプラグを2本交換したのが唯一の作業

 

左のキャブレターのフロートチャンバーが上手く機能していないのか?

オーバーフローが止まらずプラグはご覧の様に真っ黒

 

AMALからリリースされている改良型フロート「STAY UP」に変える必要がありそうです

 

 

 

こちらは参加記念マグカップ

 

英国バイクに特化した集まりで40年..

こんなクラブに初期から参加できたのは感無量ですね。

 

終わり

 

 

コメントを残す (0)

2021年 秋 British Run「英車の集ひ」..Triumph TR6/改Bonneville

英車乗りには年に一度の祭典となるBritish Run「英車の集ひ」

しかも、今回は40回目と云う記念開催

 

思い起こせば第6回開催からの参加なので35年近く前からお世話になっています

 

 

そんなこともあり

満を持して清里に向かうのでした

山間で気温や天気が読めない為、真冬用と秋仕様の装備を用意

 

今回は相棒を大阪でピックアップします

 

期待に胸躍らせ、夜明けの神戸淡路鳴門道を東へ向かいます

 

 

 

そして、待ち合わせ場所へ

BSA A10 Golden Flash 今回の相棒です

 

 

途中、中央道も工事渋滞等もあり予定よりも少し遅れて伊那の友人宅に到着

身支度を整えて清里に向けて出発します

 

 

出発時間が大きく遅れてしまった為、当初予定のルートは明日に変更し

ショートカットしたルートで向かうこととしました

 

八ヶ岳牧場を抜け、更にR11を進みます

 

富士山を拝むことができる山梨県立まきば公園

 

日が暮れると突然、冷えてきます..

 

慌てて再出発

 

 

 

なんとか、真っ暗になる前に会場となる「伊予ロッジ」に到着できました

 

私達は最後の方だったもよう

 

例年よりも若干少な目な参加台数のようです

 

それでも、数年ぶりに会う友人たちと英車談義で遅くまで盛り上がったのです..

 

明日の天気が微妙になってきましたが就寝

 

続く

 

 

 

 

 

 

コメントを残す (0)