「2017年11月」の記事一覧

雨は恨めしい

恵みの雨には程遠い、今年の10月

 

バイク乗りやクルマ好きには先月のお天気にはウンザリかと存じます。

 

 

 

過日の週末

「英車の集ひ」に向け勇んで準備万端の中

止む無くMID GET で八ヶ岳に向かった早朝、残念な思いでは無いかと拝察する駐車場

 

DSCN1476

 

 

DSCN1478

DSCN1479 秋晴れの中、鳴門の海岸線や島田島スカイラインを堪能して頂きたかったと考えながら写真に収めました。

 

 

 

 

そして

 

 

台風接近の風雨の中、MG MIDGET で出発したのです。

356 SC ステアリングの感触は・・

ステアリングの交換でめっぽう気を良くしたその日

 

その他、プチモディファイを行いました。

 

 

DSCN1340

ポルシェジャパン30周年の記念バッジ

 

 

 

ガレージ内の本棚にディスプレイしていたのですが

この際、356 SC のエンジンフードに取り着ける事としました。

 

IMG_1086

ナットを左右4か所緩めるとグリルが外れます

 

IMG_1092IMG_1090

蝶ネジが緩まないようにボンドで抑えます。

 

 

 

IMG_1095

 

 

さらにF2のオーナーから頂いたステッカーを貼ります

DSCN1452

 

 

 

早速、鳴門のニュルブルクリンクで感触を確かめます

 

DSCN1459

 

DSCN1461

 

交換前の964カップカー用に比べると一回り大きくなり

悪い路面でのダイレクト感が和らいだのと同時に腕の位置が適切になりました。

(5cm位ディープ度が無くなりました)

DSCN1467

 

さらにドライブが楽しくなった356 SC なのでした。

 

正に探していたステアリング

スピードショップF2のオーナーより薦めて頂いたのがコチラ

DSCN1436

 

ご存じMOMOのウッドステアリング

外形も38cm、グリップの太さもベストです。

 

DSCN1440

非常に丁寧な造形美

 

DSCN1438

ご覧のように1992年製のデッドストック品

 

何と云ってもボスやホーンボタンが、今装着しているモノを流用できるのが嬉しいのです。

 

 

さらに購入の決め手となったのがこの細工

DSCN1435

よりクラシカルな雰囲気にする為、マイナスネジを使っているのです。

(このマイナスネジはオーナーが特注で造らせたオリジナルネジ)

さらには精巧なテーパーを付け、ウッドの丸みが損なわれないような絶妙のバランスとなっています。

 

 

 

早速、取り換えてみます

 

DSCN1396

この964カップカーの純正ステアリングも大層貴重な品物

将来、964が増車しても良いように大切にストックです。

 

 

 

 

ものの5分で交換終了

 

DSCN1448

 

これは良い買い物ができたと実感!

 

続く

 

 

 

スピードショップF2さんにお邪魔しました。

2日間共に雨に祟られた過日の”ランチャランチ2017”の日に

ご出店頂き、大層話が弾んだ懐かしの「スピードショップF2」

 

 

関西のみならず、全国の旧車フリークに知られたショップです。

 

DSCN1422

 

DSCN1416

DSCN1419

おびただしい数のパーツ類

 

DSCN1417

 

オーナーがおもむろに出して頂いたお宝がコチラ

DSCN1415

 

DSCN1413

お判りでしょうか? BOSCHが筆記体で表記されている貴重なデッドストック品

 

 

もう一つ

お宝がこのステアリング

DSCN1424

 

NARDIの356用ステアリング

このホーンボタンは現在では入手困難な(流通していない)純正品

 

大変なお宝には違いないのですが私のボーイズ風なSCには勿体ないシロモノです。

 

 

 

 

 

そんな中、「356SCにはこれやで!」と薦めてくれたステアリングが今回の目玉となったのです。

続く・・