夢のライトウェイトスポーツカー部に..

昨年の師走

 

予てより

土山ベースの師匠に探してもらっていたHonda S 800 M クーペ

 

 

 

随分前に仕上げてから何年も動かしていない個体の情報を頂戴し、確認する事となりました

ホイールも含め、オリジナルな個体

 

 イエローのオープンと比べると若干のヤレはありますが

ステアリング以外、内装等すべて当時のオリジナルな状態を保っています

 

 

相当悩みましたが仲間入りさせることとなりました

 

 

師匠とは車検を含めて細かなお願いしたい箇所をまとめて依頼、一旦帰ることに..

 

 

 

 

 

そうして待つこと数か月

引き取りの日がやってきました

 

高速バスで舞子→JRを乗り継ぎ土山ベースに向かったのです

 

第一印象が全く変わっています

そうです、ツインカムクラブオリジナルのアルミホイール+ネオバ175・60の組み合わせ

 

ネオバはイエローから外して温存してあったのですが役にたちました

 

 

 

エンジンを掛けて外に連れ出します

排気音がオープンとはかなり違います

 

クーペは左右のサブマフラーが付いておらずタイコはセンターのみ

その分、クーペよりも一回り細いパイプでタイコからは結構長いパイプの2本出し

その為か?

少し甲高い音質となっています

 

 

 

もともとクーペは少し尻上りなセッティング

そこに、60扁平のタイヤなので余計にそう見えます…

 

悪くは無いのですがこの辺りは要検討したいと考えています

 

 

 

 

師匠にお礼を言って鳴門に戻ります

 

走り出して直ぐ、とても扱いやすいと感じました

それはミッションがノーマルの4Fである事、ステアリング径がオープンの個体よりも少し大きいことが

そう感じさせるのです

 

さらに

第二神明~神戸淡路鳴門道の高速を巡行してみても安定感があります

オープンは車高も低く、スタビ等も強化しているからかもしれません…

 

 

順調に神戸淡路鳴門道を巡行

 

このまま、徳島の陸事に向かいます

 

 

続く

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして