「ポルシェについて」の記事一覧

“ポルシェ特別商談会 at Moana Coast” は TAG Heuer もコラボ

昨年来のコロナ禍により1年以上に渡り、開催が出来なかった特別商談会

PC高松と弊社共に万全の対策も講じられる事となり開催の運びとなりました

 

 

 

又、ポルシェフリークな皆様は既にご存知なTAG Heuer とのポルシェ×時計コラボですが

今回はメーカーとしてモアナコーストに展示出店することになったのです

 

そして、

TAG  Heuer →サーキット→ポルシェ..を決定づけたのは

あの”栄光のルマン”ですね

 

マイケル・ディレイニー(ポルシェ20番車・ドライバー)役のスティーブ・マックイーン

この映画に狂喜乱舞したエンスーは私を含め多かったと存じます

 

 

 

以下はGINZA RASINブログから引用させて頂きました

映画の中で、彼が敢えて右手首に装着した”モナコ”は左手仕様の通常モデル

 

1960年代、ロレックスやオメガに続いてカーレース界との関わりを深めようとしていたタグホイヤー(当時はホイヤー)は、モナコで行われる”モナコグランプリ”へのオマージュとして1969年にモナコを発表しました

コレは当時を忠実に再現したレフトハンドのレプリカモデル

 

ただ、厳密にはマックイーンが映画で装着のモナコはレフトハンドではなく右利き用

 

又、ヨーロッパの車は左座席の左ハンドルが基本

そのため、シフトレバーを右手で操作することになります

かなりのスピードを出し競うカーレースでは、左手は常にハンドルを握った状態となるため、実は腕時計を右手に装着した方が時間を確認しやすいそうです

その為

画像のように左手に着ける時計を右手に着けていたので、レフトハンドモデルの印象が強くなったそうな

 

そして

1969年に誕生した「世界初の自動巻きクロノグラフ」と名高いモナコはレフトハンドであったという経緯があります

従って、このレプリカモデルはマックイーンの特徴を限りなく再現しつつ、ファーストモナコの良いとこどりもしたという特別なモナコとなったようです

さらに、ロゴがかつてホイヤー社だったころのものを踏襲しているこだわりのモデルですね

 

続く

コメントを残す (0)

Porsche 356 SC 丘から峠へ

いつもの海岸線を東へ

鳴門ニュルの西側から進入します

 

 

鳴門ニュルの中で一番海抜の高い場所に在る高架橋 “四方見橋”

斜度10度もあり、クルマから降りて見上げるとジェットコースターのよう..

 

過去にはクルマのCMにも使われています

 

下りが終わるとゆるいS字カーブ、更にその先には複雑な右Rのスプーンになっており注意が必要です

 

 

スプーンのアウト側は退避できる場所があり、行き交うクルマやバイクの写真スポットに最適

 

 

一度お試しあれ

 

コメントを残す (0)

Porsche 356 SC 走らせて、もう一つの丘へ

Ristorante Fish bone のサブタイトルである”Ristorante sulla collina”

 

鳴門の海沿いにはもう一つ、丘の名称が付いたカフェがあります

 

 

香川県の県境近くの山の中腹に位置する “風待ちの丘ルン”

この辺り、普段は穏やかな瀬戸内ですが西風が強くあたる場所です

 

 

この日はお天気も良く、遠くに小豆島も望めました

 

急勾配なジグザグな道を駆け上がります

 

 

コーヒーはポットサービス

充分に2杯分を楽しむ事ができる量となっています

 

 

 

モアナコーストから西へ30分少々で到着することができる場所

 

是非、お天気を見極めながら行ってみては如何でしょう。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す (0)

新緑のニュル..Porsche 964 C2/RUF CRo

緑が眩しいこの季節

 

うっすらと埃を被ったボディを水洗い

ディスクローターが錆びないよう鳴門ニュルへ向かいました

 

 

 

 

ワイドボディのようなグラマラス感はありませんが

ナローなリアフェンダーは例えるならマスキュラー、鍛え上げた筋肉質な美しさです

 

 

 

 

いつになるか分かりませんが

次のロングツーリングが大変楽しみなワケです。

 

 

 

 

コメントを残す (0)

Porsche 964 C2/RUF CRo バッテリー交換

走らせる機会が減った事もあり

RUF CRoの心配していたバッテリーの寿命がきたようです

 

完全にアウトになる前に交換することにしました

主治医に相談すると在庫有りとのご返事

1時間少々で加古川はフロッシュまで向かったのです

 

この時は、高速道路には融雪剤がまだ残っており

到着時にはボディは真っ白に..

 

 

このRUF CRo には軽量フライホイールとRSクラッチが組み込まれている為

CPUの学習機能が初期化しないよう専用機器を装着してバッテリー交換します

 

初期化してしまうと所謂アイドリングクラッチミート時のストール等、悪影響が出る為です

 

流石に空冷専門のフロッシュですね!

 

 

 

作業の間、空冷仲間の新鋭機を拝見

 

とても程度の良い個体です

 

オリジナル度も申し分ありません

 

それでもあの御仁のことですから

なんやかんやと手を加えることになるのでしょうね。

 

コメントを残す (0)