「2013年06月」の記事一覧

ポルシェクラブ四国のツーリングに参加!

雨の少ない日々が続いている四国地方です。
6月16日(日曜日)は晴れ時々曇りの予報、日頃からモアナコーストが大変お世話になっている「ポルシェクラブ四国」の松山ツーリングに久々に参加致しました。
DSC00581.JPG集合場所は坊ちゃん劇場の駐車場、最後に到着が私でした。
DSC00584.JPG海沿いに県道を少し走ると午前中の休憩場所「エリエール美術館」に。
DSC00585.JPGDSC00590.JPGこの美術館は無料なんですね。
でも本物のピカソの絵もあり驚きです。
私的には安藤忠雄設計の建物に興味津々、コンクリートと水・緑と空の空間造りは絶妙でした。
その後、昼食会場へ移動です。
DSC00594.JPGDSC00598.JPG松山市内から数十分走るとこんな場所があるのです・・その名も「せせらぎ亭」。
アユ料理や猪料理が楽しめます。さらに敷地内の釣り堀で釣った魚を調理して出してもらえるんです。
暫くして松山市内まで再度の移動、お洒落なカフェでデザートタイムです。
DSC00605.JPG
こちらは“ありがとう経営”で有名なお店の支店、私もここの社長様の講演を聞かせて頂いた事があります。
そして、圧巻はこのプレートDSC00610.JPGポルシェクラブで予約を幹事さんが伝えていたのですが、スタッフが喜んで貰おうと全員のプレートに制作したんだそうです!
まさに“ありがとう経営”の神髄を垣間見たサービスでした。
素晴らしい! 有難うございました。

宮島の視察

今秋オープンのアネックスも着々と工事は進んでおります。
広島でのセミナー参加に合わせて宮島の小規模施設の見学に伺いました。
DSC00537.JPGDSC00534.JPGDSC00538.JPG
フェリーに乗って上陸です。きれいに整備されており世界遺産のある街であることを認識させられます。
DSC00551.JPGDSC00549.JPGDSC00536.JPG
平日でしたが結婚式を行われており良い雰囲気です。
DSC00540.JPGDSC00560.JPG
こちらがその施設、うまくリフォームされており高単価を維持しているご様子。
DSC00543.JPGDSC00545.JPG
街全体に統一感があり好印象な宮島視察となりました。

梅雨の晴れ間の芦有・・

6月の日曜日の早朝、久々に芦有ドライブウェイに登りました。
DSC00474.JPGDSC00475.JPGDSC00480.JPG
鳴門モアナコーストからは1時間、9時過ぎに到着しましたがご覧のような状態。
いつものメンバーと暫し談笑、癒されますな。
DSC00481.JPG半年振りでしたがこんなカフェが営業しておりました。
1時間少々で加古川の主治医「フロッシュ」に向けて出発。
DSC00491.JPGDSC00487.JPG最近、乗る機会が少ないからなのかバッテリーの調子が悪く、思い切って交換する事にしておりました。DSC00496.JPG待っている間にはフラットノーズも登場、愛媛県からのお客様のようでした。
こちらは遠路からのユーザーも多いポルシェ専門店であることを再認識しました。
昼過ぎには鳴門に戻っての業務なので早々に帰路に・・の予定でしたがポル友に会う為に淡路SAに立ち寄りました。
DSC00497.JPGこちらのツーリングチームは仲間が増車の折にはどこかでお祝い会を行っているご様子。以前にはモアナコーストでもお祝い会を開催して頂きました。
こちらがそのご本人の愛機ですDSC00507.JPGそうです、2年前に驚愕のご縁で大阪に嫁いだカレラSパステルイエロー号(少し前のブログでご紹介済み)だったんです。
お隣、香川での新生活となるので頻繁に会える事となりました。
結構、ハードな半日となりました。

お若いのにナイスな車でお越し頂いたお客様が・・

梅雨に入って久しい鳴門ですが雨は少なく薄曇りな日が続いています。
ガーデンで花に水をやろうか悩んでいた午後、初期のゴルフⅠがトコトコと入って来ましたDSC00517.JPGオーナーは東海方面からお越しのお若いカップル。
少しお話をさせて頂きましたがお車はもちろん、こうしたテイストのライフスタイルがお好きなご様子でした。
DSC00520.JPG50年代〜70年代(昭和の良き時代)を意識した英車ロッカーも多くなってきており嬉しい傾向ですね。
私も30代の頃、ゴルフⅡに長くお世話になっておりました。
K様、末永く大切にしてあげてください。

こだわりのバスタブ。

過日のお話。
現在進行中のモアナコーストの別館工事。
そこで使うバスタブのメーカーの皆さんと弊社スタッフ、工事関係者で最終打ち合わせを行いました。DSC00446.JPG
前回は松山に伺った際の状況をお知らせしましたが今回、さらに驚いた事がありました。DSC00451.JPGこの排水用のパーツをご覧ください。そうです、真鍮を使ってあります。
まさかと思って理由を聞いてみると「匂いが出にくいから・・」。
従来のプラ製品だと水垢等の関係で匂いの心配があったのですが科学的に解決していました。DSC00449.JPGこちらの水中照明も改良が施されていました。
フォンテさん http://www.fonte.co.jp/ のこだわりに拍手です。