「2017年06月」の記事一覧

モアナの庭は広いのです・・

梅雨の合間の曇り空

 

創業以来、剪定をお願いしている植木職人に大規模な刈り込みをお願いしました。

 

DSCN0683

 

3日間に渡り5人で作業を行います。

 

手始めに県道からの侵入口

 

 

 

DSCN0685

 

10数年振りに剪定を行ったセンジュラン(ユッカ・アロイフォリア)

 

スタイリッシュな姿となりました。

 

 

DSCN0692

 

 

コチラは駐車場からのエントランス口のソテツ(蘇鉄)

 

DSCN0690

 

これも25年程前、植木鉢に入った60cm程の高さの木をスコップで穴を掘って植え替えたのです。

 

 

ウィキペディアで調べてみると

「ソテツ(蘇鉄、学名Cycas revoluta)は、裸子植物ソテツ科の常緑低木ソテツ類の中で日本に自生がある唯一の種である」

「名前は、枯れかかったときに鉄クギを打ち込むとよみがえるというのに由来すると考え、鉄を受けると元気になる(蘇鉄)という伝承があり、茎にクギを打ち込まれていることがよくある。」

 

おもしろいですね。

 

 

 

私はカサミエントの花の手入れを行いました。

 

DSCN0536

 

ベゴニアは花が詰んでいないと美しくありません。

 

そこで、ある程度の長さになると切ってやる必要があります

DSCN0535 鋭利なハサミで茎を切ります

 

DSCN0538

 

そうすると茎から複数の芽が出て沢山の花を咲かせることになります。

DSCN0537

 

中々楽しいものです。

 

 

 

最後にイタリア旗を新調し、業務完了となりました。

DSCN0697

 

 

 

 

 

 

T110 tiger の車検と BSA A65 spit fire のその後

梅雨らしいお天気の

鳴門 モアナコーストです。

 

スピットファイアーと入れ替えに車検に出したトライアンフ

 

小川モータースまで引き取りに行って来ました。

DSCN0618

 

修理待ちの旧車でいっぱいの工房

 

DSCN0617

 

昔話も尽きませんが明るい内に帰ることとしました・・

 

DSCN0624

 

 

 

 

一方

過日にお世話になったBSA A65 spit fire

DSC08022

 

キャブのセッティングが功を奏し絶好調

 

 

交換したジェット類

DSCN0677

ニードルジェットは106番→107番へ

メインジェットは280番→290番へそれぞれ大きくしました。

 

DSCN0679

 

今後、マフラーの変更があればこのサイズに戻したいので温存することに。

 

718 以外で初めて見るマイアミブルー

 

梅雨入り前の薄曇りの鳴門

 

 

ポルシェセンターさん曰く

「リゾートホテル  モアナコーストにはこのカラー」と言わしめたマイアミブルー

 

718ケイマンのカタログでもご存じかと

718・ケイマン

 

その特注カラー マイアミブルーでお越しの991カブリオレ

DSCN0667

 

カタログで見るよりも実車の色合いはずっと良いです

 

964時代のルビーストーンレッドの実物の良さ・・と云えばお判りでしょうか?

 

DSCN0669

 

機会あれば是非ご一緒したいと存じます

 

 

DSCN0670

 

有難うございました。

356 SC 納車前の試乗・・その2 928 シュトロゼック

今回、フロッシュさん訪問のもう一つのオブジェクトが

シュトロゼック928を目視(あわよくば試乗)することでした。

 

DSCN0638

 

お判りのように左が私の928 S4  exclusive 右がSTROSEK 928

 

この位置だとワイドなエクスクルーシブよりもさらに幅広?程度に映りますが・・

 

 

DSCN0650

どうでしょう・・全く別物、ポルシェに興味無い方だと判らないかもしれません。

 

私が見た限り、ボンネットと屋根以外はグラマラスな曲線で変更されています。

 

 

 

以下、HPより引用させて頂きます

topimage

 

00

これはとても有名なガルウィング仕様

 

 

bt99

こんなワークスで丁寧に創られた1台かと存じます。

 

 

 

DSCN0641

 

走行は驚愕の7000K台

 

DSCN0639

このサイズだと数年に一回のオーダーになるようです・・(すでにストック済なんだそう)

 

DSCN0645

 

 

このオーナーは

私と生まれ歳も同じ、356も928も相前後して取得したと云う大層趣味の合うエンスーなのです。

 

 

356 SC 納車前の試乗

姫路への所用があった日曜日

 

納車の前に各部の操作性やクセを知る為

356 SC の試乗にフロッシュhttp://www.frosch911.jp/ へ928 S4 を走らせました。

 

DSCN0626

 

臨時ナンバーを装着し、愈々走らせます

 

 

DSCN0627

 

当初、躊躇した白のゼッケンプレートも

アイボリーな車体色と微妙な調整が見事な数字が絶妙のバランスで映えています。

 

 

 

DSCN0633

 

賛否の分かれるであろうステアリング

 

今回の試乗の大きな目的は、コイツのフィーリングを確かめたかったのです・・

 

 

 

 

いつものコースを40分程度、流します。

ミッションの感じはポルシェシンクロの特徴をさらに大きくしたようなタッチ

グニュー・・グニュー・・口が大きく空いているような妙なフィーリング

 

2速・3速である程度引っぱるとそれなりに楽しめますが

高速域は後の楽しみ

 

 

DSCN0648

 

どこから眺めても美しい

 

DSCN0649

 

 

三角窓は程よい風を送ってくれるので動いていれば夏も大丈夫かもしれません・・