「2017年12月」の記事一覧

もう  大晦日

1年が過ぎるのは

 

本当に早いと感じてしまう年齢となりました

 

 

その大昔

 

子供の頃は1日ですら長く感じ、まして1年は待ち焦がれる日々だったような記憶です。

 

 

 

DSCN2207

 

 

 

 

DSCN2199

 

 

 

 

 

 

モアナコーストも2018年夏には30年目に突入です

 

 

 

 

そんな事も思い巡らしながら356 SC の充電を兼ねて瀬戸の内海を走らせました。

DSCN2173

高松道が出来てからは随分と交通量も少なくなった旧11号線

 

景色も良くドライブには最適な道は我々にとっては嬉しい事ではありますが

往来の交通量で商売していた方々には困った問題。

 

 

 

しかし、時代も変わり「探してでも行きたいお店」には商機があります

 

 

 

永らく放置していた店舗を安くリノベーション

県外からのIターン者にはチャンスです。

 

 

そんなお店の一つがコチラ

https://ao369.shopinfo.jp/

 

DSCN2118

 

DSCN2125 マッタリできること間違い無しなカフェです

 

 

 

又、お近くのお奨め愛機フォトブースがココ

DSCN2176

 

DSCN2184

 

モアナからなら30分少々

天気が良ければ小豆島も望めます。

 

DSCN2186

判りますでしょうか・・・

 

 

 

 

又、最近の出来事ニュース

 

DSCN2166 61年 Pre Unit (別体)が加わったこと

 

 

お仕事関連で知り合った若者のTR6 改ボンネ

DSCN2169DSCN2170    センス良いグラッフィクデザイナー

 

BMW 100R系への乗り換えになるようです・・

 

 

DSCN2253 パーツ入手は困難かと思いますがTR6で蘇らせたいと考えております。

 

 

 

 

 

 

さらには友人の 73 S ナロー

 

 

DSCN2247

 

待つこと1年近く

満を持した仕上がりで駆けつけてくれました!

 

 

991 4S でお越し頂いた関西からのお客様も

DSCN2251

 

ワイドボディは4駆の特権となりましたね

 

 

 

 

 

2017年

地元はもちろん、国内各地からクルマ好き、バイク好きのお客様にも恵まれ忙しい1年となり

 

そんな中

なんと云っても今年一番の思い出はコチラ

DSCN2257 coppa di himeji 2017 に参戦できたことでした

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN2202

 

DSCN2210

 

2018年もモアナコーストにご期待頂きたいと存じます。

 

皆様、本当に有難うございました。

 

 

 

 

 

2017 Xmas と・・ポルシェ

モアナコーストのXmas商戦も無事に目標達成です

 

ご利用頂いた皆様、本当に有難うございました

 

 

 

そして

 

スタッフもみんなも綿密な段取りで素晴らしいオペレーションでした。

 

25591949_1480093788756130_3749404133907787797_n

 

25593919_1480093615422814_4680910549263402653_n25660021_1480093652089477_4696590827447622349_n25552298_1480093762089466_7591237829492300883_n

 

 

 

 

ポルシェのご縁でお越し頂いた981 GTS

DSCN2147

暫しクルマ談義で盛り上がりました・・

 

 

 

PC 四国様からも素敵なカレンダーを届けて頂きました

DSCN2150DSCN2152

 

DSCN2151

 

 

これから直ぐにやって来るお正月営業に向け、次の準備に係りたいと存じます。

 

30年越し・・・11月の記念ツーリング その2

DSCN1719

大分道を1時間も走れば湯布院

 

 

ICから直ぐに「岩下コレクション」は在りました。

http://www.geocities.jp/iwasita_c/

 

 

 

 

DSCN1744

 

オーナーである岩下氏にお会いするのは30数年振りとなります。

 

つまり、岩下氏がこの「岩下コレクション」の準備を進めていた時期にお会いしているのです。

 

 

 

DSCN1735

 

膨大な数のアンティークの品々

 

もちろんメインはバイクです。

 

DSCN1725

 

DSCN1730

 

DSCN1732

英国車もきっちりおさえてあります

DSCN1731

コチラが超有名なコレクションの一つ

 

 

 

 

 

 

 

DSCN1740

 

DSCN1742

 

他にも昭和モダンなコーナーも充実しております。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして今回、訪問の最大の目的であるコーナーに向かいます

 

緊張の中、

その場所はフロアの一番奥、1960年代後半~1970年代のコーナーに在りました!

 

DSCN1739

 

そうです、私が大阪マッハクラブ時代に仕上げたH1!

 

 

信じられませんでしたがあの当時のまま・・

一気にあの時代・・マッハに明け暮れた毎日を鮮明に思い出したのです。

 

 

まさかあの時、本当にこんなに素晴らしいミュージアムに飾られるとは思いませんでした・・

 

 

匂いや色、道具or音楽は人間の中に深く刻まれています

今回の体験で否応なしにそう感じた瞬間でした。

 

 

 

 

名残惜しいのですが

岩下氏とも再会を誓い出発しました。

 

 

 

お昼も過ぎており、近隣でお勧めと聞いたピザ屋さんに向かいました。

DSCN1755

 

DSCN1754

 

湯布院を見渡せる小高い場所で食します

 

DSCN1748DSCN1751

 

 

 

 

食後は湯布院のブランド戦略等について勉強させて頂きました。

 

DSCN1778

 

 

DSCN1777

 

DSCN1773

 

DSCN1769

 

海外からのお客様はもちろん、日本中からも大勢お越しになりリピートするのが分かります。

 

 

是非、こうした空間を参考にさせて頂き、モアナコーストにしかないブランド力を付けたいと感じたのです。

 

 

 

 

 

 

 

それにしても湯布院

そして、九州各地は又訪れたいと感じた弾丸ツーリングでした。

 

DSCN1797

 

30年越し・・11月の記念ツーリング

11月9日は33th wedding anniversary

 

予てより計画していた湯布院に行ってきました。

 

今回も1泊2日の弾丸ツーリングですが敢えて佐田岬~フェリーを使って九州入りを計画

 

 

その理由の一つが八幡浜のイタリアンに立ち寄ること。

 

 

八幡浜在住のポルシェ仲間から教えて頂いたお店がコチラ

http://www.y-amalfi.com/

 

 

到着すぐにノンアルコールで乾杯IMG_1217

 

 

 

弊社、モアナコーストのGCとも親交のあるソムリエさんと話が盛り上がりました。   IMG_1218DSCN1657

 

こんな提供も良いですね・・   IMG_1219IMG_1220 大変美味しく楽しませて頂きました。

 

 

 

 

佐田岬の風光明媚な筈のワインディングも小雨で残念な天気

 

 

フェリー乗り場に着く頃には曇り空になってきました・・

IMG_1227

IMG_1228

 

待ち時間の間、近くを散策してみると

 

面白い木を発見

IMG_1221

 

天然記念物の「アコウ」IMG_1222

 

随分前、高知の足摺岬にツーリングした時にも見かけました・・

 

 

 

 

1時間程で別府湾の南、佐賀関港に到着

 

一気に原鶴温泉を目指します。

 

DSCN1686

 

 

 

今回の宿泊地は筑後川沿いの原鶴温泉・六峰館

社長であり友人とは凡そ10年振りの再会となります。

10554554

 

92_1495591636

 

92_1495491892

 

 

夕食時の写真が上手く撮れてないのでHPからイメージを92_1495437448

 

 

翌日の早朝、筑後川を散歩

DSCN1676

 

脇の水路からは湯気?DSCN1678

 

 

 

DSCN1669

 

DSCN1671

朝食も丁寧な内容で好感がもてました

 

 

 

 

 

 

そして、今回のメインイベントである湯布院「岩下コレクション」に向かいます!

 

DSCN1798

 

 

 

続く・・

 

COPPA DI HIMEJI 2017 に初参戦・・その3

モアナコーストでの立ち寄り・小休止も無事に終わり

 

再度、大鳴門橋を渡り南あわじの昼食会場に到着です。

 

淡路昼食

 

 

食事後は再び神戸淡路鳴門道を姫路に向かいます

 

DSCN2052

 

走り慣れた道もこんなクルマと一緒だとテンション上がりまくりです・・

 

 

 

 

 

 

そしてゴールゴール

 

 

ここでも又、大勢の方々に見守られ感激と感謝・感謝!

 

 

 

 

 

 

PS

 

スタート前の1枚 DSCN1920

MIDGET で無事に戻れるのか緊張の面持ちの私とは正反対の満面の笑顔の家内

 

 

 

 

 

DSCN1917 でもいつかはこんな年代のクラシックで出場したいと考えてしまいました・・