私のDriving Music その3

鳴門のニュルブルクリンク入口近くの港で佇むRUF Porsche 964 CRo

 

 時折、遠くで聞こえるバイクの走行音以外は波と風のねのみ

 

 

 

 

邦楽で一押しなのはSUGAR BABE 唯一のアルバム「SONGS」の中のDOWN TOWN

 シュガーベイブを知ったのは1977年頃

デビューは1975年なので私が高校だったか?

 

 

当時のアルバムは無くしてしまい、2005年に「SONGS」30周年CDを購入した次第です

このCDにはDOWN TOWN カラオケバージョンも含め20曲収められています

 

 

詩もリズムもアレンジ・コーラス…とても45年も前の作品とは思えない位に

センス良く、心地良い

 

 

DOWN TOWN

パレード

風の世界

蜃気楼の街

SHOW

雨は手のひらにいっぱい 等々

オムニバスにしなくてもアルバムのまでも聴ける内容

 

そんなワケでドライブ用のオムニバスにはSONGSから5曲セレクトしています

 

ハイセンスなトーキョーを聞かせるこのシュガーベイブに憧れた若者は

私を含め多かったと思うのです

 

 

それにしても凄いメンバーが揃ったものですね 後の活躍が偲ばれるワケです

 

 

 

 

ところで

あの変わったジャケットの絵ですが

大変興味深い、新事実を見つけました

これはSONGSで使われたジャケットとなる原画写真

 

オランダの写真家、ニコ・ジェス氏 とアンドレ・モーロワ氏の文章による著作「 Femmes de Paris 」の中の一枚で

1954年に出版されたようです

これを画家であり、達郎氏の友人であった金子辰也氏がモチーフした作品なのだそう…

 

そして、この絵の二人について達郎氏は

パリの女装した男性であったと随分後で後述しています。