対岸 南あわじへ

薄曇りの鳴門モアナコースト

 

急遽、所用で淡路に行く事になり

暫く走らせて無かった’96 4sで向かいました。

dsc07014

 

 

淡路島南ICを降り福良方面に向かいますdsc07036

 

 

暫く続く海岸線はドライブには最高

img2194_dsc01987

(こちらは964 C2での過去画)

 

 

福良港にはお洒落なカフェもimg2193_dsc00657

 

 

 

旧道を西淡三原方面へ向かうと老舗の和菓子屋さん

http://www.shokoren.or.jp/sweets/data/1022/index.html

dsc07037

 

dsc07038

お店の紹介を参照すると・・

創業は江戸時代、地元の亀岡八幡宮でのお祭りにお土産としてだしたのがルーツ。街道沿いに建つ昭和初期の店構えは、なつかしい雰囲気があります。現在の店主は5代目の岸上進さん。創業以来、独特の、つぶあん製法をもち、手作りのスタンスを守り続けています。添カロ物を使用せず素材の良さをいかした菓子は、苗から地元のお客様に愛されています。季節感を重視して、くずもち、さくらもち、かしわもち等も、時期に合わせて店頭にならんでいます。一押しは、やっぱり「おいよさ饅頭」(90円)。甘さを控えて、いくつでも食べられそう。地元からは、「店主の人柄をあらわした手作り菓子で、ほっこりできる」という声が聞こえてきます。

一押しは、おいよさ饅頭、中のあんこが特徴。こしあんの風味が満載されています

 

・・とありました。

 

早速、おいよさ饅頭を購入させて頂きました。

 

dsc07039 dsc07040

餡があっさりとしており、幾つでも食べられそうな美味しさです。

 

今日の南あわじ方面は多くの競技用自転車も走っており、観光面でも羨ましい限りでした。