暑さに弱いのは4輪も同じ

猛暑な天気の鳴門・南あわじ方面です。

 

 

この暑さだと庭の水撒きも中々疲れます・・

 

そんな日の午後、MG MIDGET を充電がてら走らせました。

 

 

いつものマン島 いつもの駐車スペースで小休止

 

さて、戻ろうとキーを捻れど掛りません。

セルは勢いよく廻っているのですが掛る気配無し

 

少し、間をおいてキュルル・・ズバッと掛りました。

でも、スローも効かないしスムーズに廻りません・・

 

ガレージまで何とか・・と走らせましたがエンジンストップで路肩に駐車。

 

 

エンジンルームを開いてみると

DSCN0822

DSCN0820

 

恐らく、外気温33度もあった中での走行でキャブがパーコレーション状態になったようです。

 

 

30分近く熱が冷めるのを待ってキーを捻ると難なく掛りました。

 

 

 

遮熱版もこの気温では効果無かったようです。

 

 

 

このあたりは古い英国2輪も全く同じ。

 

 

DSCN0837

 

秋が来るのが望まれる古いブリティッシュ達なのでした。