2019年のメンテナンスも無事終了に…

毎年この時期に行うメンテナンス

 

今年は大塚国際美術館に合わせて1週早く実施しました

 

 

今回の目玉はサクラ

 

DSCN6716

 

DSCN6714

 

ソメイヨシノを9本植えました

 

 

DSCN6740

 

入口近くには枝垂桜を8本

 

 

この春に咲かすことができればと念じておりますDSCN6726

 

 

枝垂桜の前方にはアジサイを追加DSCN6705

DSCN6706いつもの植木のスペシャリストに石で土留めもお願いしました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次はデッキの拡張DSCN6713

 

 

大工さんが絶妙の息で木の柱を打ち込みます

 

 

DSCN6746

 

DSCN6747

 

 

使う板はイペ材(別名パオロぺ)

ノウゼンカズラ科の広葉樹で、ブラジル・ペルー等アマゾン川流域に生育する強度と耐久性に優れた代表的なウッドデッキ材です

 

 

 

DSCN6789

 

DSCN6790

 

庵治石の破砕材と敷地に自生していた植物で足元を隠すことで重厚な雰囲気となりました

 

 

他にも傷んだ場所を補修しますDSCN6719

 

DSCN6721

 

 

 

 

入口のサインもやり替えました

DSCN6732DSCN6737化粧も注文どおりに加工

 

DSCN6731

 

DSCN6735

 

 

最後に本館のベッドを入れ替えますDSCN6753

 

 

ヴィラにはシモンズを使いましたが本館はサータをチョイス

 

 

 

DSCN6798

 

サクラの時期が楽しみなメンテナンスとなりました