…そしてCTR試乗

IMG_1525

IMG_1507改めてCTRについて調べてみました

排気量3366cc水平対向6気筒ツインターボエンジンは469馬力、これは、どんな条件下でも発揮される最低性能を保証する数値であり、本来は520馬力前後が正解とあります。

1987年にはRoad & Track誌がフォルクスワーゲン社のテストコースで339.6km/hの記録をたたき出した「イエローバード」ことRUF・CTR。さらに1988年には、イタリア・ナルドのサーキットで342km/hを達成…名実ともに世界最速だったのです

 

 

同じRUF乗り仲間にナビシートに同乗してもらい走らせます

 

潜り込むと云う表現がぴったりなコックピット

強固なマター製ロールケージとフルバケットに4点シートベルトで固定される感覚

 

 

恐る恐るクラッチを繋ぎます…意外とスムース

以前にも所有してた89年930や89ターボよりも乗り易いのですIMG_1538

 

 

ところが

直線でフルスロットルを試した時の衝撃!ナビシートの彼と顔を見合わせたのです

 

前述の520psの片鱗は十分に感じることができました

 

930ターボも充分に速かったですがこのCTRはターボの効き方が全く違います

IMG_1533

機会あればもう一度、ドライブさせてもらいたいと強く思いました。