「モアナコーストのリゾートウエディング「モアナ的☆ブライダル」」の記事一覧

春ウェディングならではの魅力

今年は桜の開花が例年よりもはやいそうで、モアナコーストの桜も少しずつ花を咲かせています。

過ごしやすい気温の日も増えてきて、フロントから大鳴門橋がきれいに眺望できます。

 

そんな3.4月シーズンのウェディングはやはりお花にこだわりたいところ🌷

ピンクやイエローなど、淡い色和えを取り入れられるのはこの時期ならではです。

 

 

屋外のチャペルに明るい花々をコーディネートすると、参列していただいたゲストも更に心躍るひとときに。

 

 

 

各テーブルにも春らしいお花をご準備。

式後にはゲストがお持ち帰りできるミニ花束をセットするのもアイデアの1つですよね💐

 

 

満開の桜とともに一生に一度の結婚式をモアナコーストで。

お問い合わせは℡088-687-2255迄。

 

 

ナイトタイムのおすすめポイント

ナイトウェディングの魅力は、キャンドルや電飾、装花などを使い夜だからこそ叶うロマンチックなムードを演出できること。

落ち着いたシックな空間は、きらびやかなドレスも印象的に映ります✨

今回は、そんなおすすめのナイト演出をご紹介。

 

【ウェルカムスペース】

キャンドルを敷き詰めてよりドラマチックな空間でゲストをお出迎え🕯

会場に足を踏み入れたゲストをあっと驚かせるはず。

さらに、ご家族やお友達の写真もフォトツリーに。メインには前撮り写真をポイントに。

 

 

【会場装飾】

装花はモアナコーストらしい南国系の植物でシンプルすぎないコーディネートがおすすめ。

キャンドルグラスには海岸の砂を入れてリゾートらしさを演出できます🌴

 

【演出】

ナイトタイムの演出といえば、華やかなキャンドルサービス。

1卓づつご挨拶周りも兼ねてあたたかな光を灯していきます。

 

ゆっくり時間をとったダンスパーティーもおすすめのひとつ。

幻想的な空間にご両家みなさまで作るアットホームな演出を取り入れて。

 

ご友人のみなさまと1.5次会パーティーも素敵な思い出に残ります。

 

 

夜だからこそ叶うロマンティックなウェディングは新郎新婦のみならず、ゲストの心にも刻まれる瞬間になるはず。

貸し切り結婚式の魅力

リゾートホテル・モアナコーストは3000坪の敷地にお部屋はたった14室。

海と山にひっそりとたたずむモアナコーストでの結婚式の魅力はなんといっても”貸し切り感”

 

非日常感を楽しんでいただけるよう、”大人の隠れ家ステイ”をコンセプトに各お部屋には露天ジャグジーを完備。

 

 

結婚式では、そんなモアナリゾート全体を楽しんでいただけるような1日をお約束いたします。

今日は結婚式前日や、当日にごゆっくり楽しんでいただけるお部屋をご紹介。

 

【本館客室・モアナコースト】全室露天ジャグジー付き&メゾネットスタイル

広々とした開放的な空間が特徴の本館は全8室。

屋上には瀬戸内海を眺める露天風呂(ジェットバス)付き。

ご両親にはもちろん、ご友人同士のゲストには本館でアットホームな3次会を。

 

 

【離れ客室・ヴィラベルトラモント】

大人の隠れ宿がコンセプトの全室スイートルーム。敷地内で一番小高い場所にワンランク上の空間を提供しています。

中庭に面した半露天風呂(ジェットバス)からは里山に沈む美しい夕日を眺めることができます。

 

本館と別館に別れた14室のお部屋はしつらえや構造が異なっており、ゲストのみなさまにはお好きなお部屋を選んでいただけることも楽しみのひとつに。

 

 

また、モアナコーストでは更に快適に過ごしていただけるよう、一部リニューアルオープンすることが決定いたしました。

リストランテ・フィッシュボーンの新設に加え、離れ客室には2室の増設をいたします。

 

【離れ客室・プレミアムスイート】

※イメージ

 

人気の半露天ジャグジーはそのままに、より贅沢な空間を演出するプレミアムスイートがこの春に誕生。

ジェットバス専用のバーカウンターや、特注サイズのワイドキングベッド、更にリラックスいただけるよう2種類のスピーカーを設置。

 

プレミアムスイートは2021年3月20日泊~ご予約をお受付しております。

 

 

新たに生まれ変わるモアナコーストを結婚式当日は贅沢にご利用くださいませ。

 

ダイヤモンドの「4C」を知ろう

花嫁さんにとっての一大事、エンゲージメントリング。

リング探しの前にぜひ頭に入れておきたい知識をご紹介いたします💍

 

 

ダイヤモンドには輝きを表現する4つの”C”があり、これを基準に定められています。

 

1、CUT(カット)

ダイヤモンドを構成する小さな平面「ファセット」という意味があり、通称”カット”とも呼ばれています。

実は、次に説明するカラットよりも重要なのがこの”カット”。

適切なプロポーションでカットされていないダイヤモンドは側面や底面で光が散逸し、

美しくカットされたダイヤが見せる輝きを失ってしまうほど。

カットの基準は6段階に分かれており、最上級のカットは「アイディアル」と呼ばれています。

 

 

2、CARAT(カラット)

ダイヤモンドといえば、よく耳にするフレーズですよね。

こちらはダイヤモンドの重さ、ひいてはサイズを示す用語。とはいえ、石の質や価格を示すものではありません。

同じサイズのダイヤでも、グレードか決まるのは”カット”が基準とされています。

 

 

3、COLOR(カラー)

一般的なダイヤモンドはその着色の程度によって評価されます。

たいていの石は、内部の不純物によって黄色から茶色になどさまざまな色がついています。

最も希少価値が高いのはもちろん、無色透明のダイヤモンド。

 

 

4、CLARITY(クラリティ)

石の内部に傷や内容物が認められる場合は、傷の大きさや目で見てわかるかどうかなどで判断されることがあります。

内容物がより少ない、あるいは目立たないダイヤモンドはより高価とされています。

 

 

基本的なカットやダイヤモンドの価値、意外な選択まで。

あなたにとってスペシャルな指輪は結婚式でも大活躍するはず💍

 

幸福を運ぶサムシングブルー

新郎新婦の末永い幸せをねがって取り入れられる、ヨーロッパの言い伝え「サムシングブルー」のおまじない。

ウェディングアイテムにはさりげなく、そしておしゃれに取り入れるテクニックをご紹介。

 

爽やかさと繊細さを兼ね備えたブルーはパーティー会場がより柔らかな雰囲気に。

リボンやナフキン、ペーパーアイテムにブルーを差し色として使うことで統一感もばっちり。

 

ショープレートにブルーを取り入れることで爽やかかつ、ナチュラルなコーディネートに仕上がります。

 

 

サムシングブルーはメインのドレスにも。

柔らかなパステルカラーやシックな濃紺まで、さりげなく新郎さまとお揃いにするのもオススメ✨

 

幸福をもたらすキーカラー、ブルーを結婚式に取り入れてみてはいかがでしょうか。