「2018年10月」の記事一覧

神の声…

 

来る11月3日(土)

 

神戸は兵庫埠頭で開催のBrit Brat Day に参加すべく

 

Triumph TR6改が本調子を崩し

 

パーツ待ちの状態でした

 

 

 

 

 

DSCN5931 師匠より届いたのがコチラ「Lucas イグニッションコイル」

 

 

右シリンダーの爆発がどうも悪くイグニッションコイルを交換してみたのです

 

 

DSCN5917

 

手始めにシートを外します

 

DSCN5919 リアショックボルトに挟み込んでいるのですがウィンカーが干渉する為、首振りソケットを使います

 

DSCN5916DSCN5918

この年代の英国車はウィットワースに代表されるよう、英国版特殊インチネジが使われています

 

 

 

 

DSCN5920

 

現われたイグニションコイル

 

DSCN5922

 

直径等、大きさは同じですが

コードの差し込みキャップの形状等々微妙に違います

 

DSCN5923

 

DSCN5924今回は不調な右だけでなく左も交換するので

間違わないよう、コネクターにタグを付けました

 

 

DSCN5932DSCN5934

頻繁に交換する場所では無いので

錆が出ていた取り付けステーも簡易塗装してやりました

 

 

 

コイル本体にも取り付けた日付を記載DSCN5935

 

 

DSCN5942コードキャップには抜け止めのタイラッブで縛ります

 

 

DSCN5940 イグニッションアンプ所謂高価なトランジスタの不良で無いことを祈りつつ

 

バッテリーを繋ぎシートを戻します

 

 

 

 

ここまで3時間

慎重に作業は進みました….そしてキック

 

ズバッ ズバッ ズババー とアクセルを煽ると調子良く回りますが

3千回転辺りで固定させると右が不完全な爆発となります

 

どうやらイグニッションコイルでは無かったようです

 

 

 

続く

 

Monocoque 屋..のシゴト

鋭意作業の進む 356 SC

 

ボデーのチリ合わせの打ち合わせと

928 S4 Ex の内装及びホイールの相談を兼ね

加古川のポルシェパラダイスに向かいました。

 

DSCN5763

 

相変わらず大忙しのフロッシュhttp://www.frosch911.jp/

 

 

ファクトリー内で思わずガン見した930T

DSCN5759

 

以前よりも更に良くなって懐かしいやら嬉しいやら….

 

 

DSCN5756 同じくワイドボデーの初期ターボ

 

この初期ターボ専用のデカールは非常に丁寧で計算されたディテール

近くで見るとより美しく映ります

 

 

コチラもレア車 最初期の912DSCN5758

 

 

 

 

暫らく928についての打ち合わせを行った後

 

あのモノコック屋さんに主治医と向かいます

 

DSCN5765 今回はミリ単位のチリ合わせの他

ボンネットハンドルも取り付ける事となります

 

 

DSCN5766

 

 

11月中旬にはご報告できる事と存じます。

 

 

 

 

roll cage 装着できました!

DSCN5604

 

過日の秋晴れの午後

 

地元のエンスー繋がりのT氏のオースチンミニの慣らし後点検が終了

 

T氏の主治医で英国ショップ ペニーレーン http://www.penny-lane.jp/ からの積み下ろしを

モアナコーストで行いました。

 

DSCN5606

 

そうして

MG MIDGET へのロールケージを依頼すべく

帰りの積車に載せたのです

 

DSCN5609

 

 

その後

ゴキゲンなT氏は英車でのツーリングを約束し自宅へと向かいました

 

 

 

そして数週間

 

 

ロールケージの到着完了と聞き

芦有近くのペニーレーンへと向かったのです

 

 

 

DSCN5771

 

果たしてそれは

私の注文通りの仕上げで装着されておりました

 

 

DSCN5772

 

DSCN5775 太さ、角度、色調等々とても良い雰囲気です

 

後は

トノカバーのジッパー位置の修正で完了との事

 

 

 

DSCN5773

 

次の英車イベントが俄然楽しみとなりました。

 

 

 

 

 

 

70周年を祝いました

クラシックp2

 

ポルシェジャパンさんのHPから引用すると

 

 

ポルシェは、1948年オーストリア グミュントでポルシェ 356 第1号車が誕生してから、今年、2018年に70周年を迎えます。この70年間にわたって、ポルシェは魅力的なスポーツカー創りに情熱を燃やし続け、歴代の名車達と共に発展してきました。私達は、この熱意をあなたと、そして全世界のポルシェファンと分かち合いたいと思います。ポルシェ ジャパンでは、日本のポルシェ ファンの皆様とこの記念すべき日を盛大にお祝いするため、70周年記念の様々な企画を実施いたします。あなたも是非、私達と共にポルシェの70周年を祝福してください。

 

 

とあります。

 

 

 

 

 

私も秘密基地「ISLE of CLSSIC」にて密かにお祝いをしました

 

DSCN5784

 

クラシックP

 

クラシックp4 ポルシェジャパンhttps://www.porsche.co.jp/pip/porsche70/の中の

 

コチラhttps://www.porsche.com/japan/jp/accessoriesandservice/classic/には感動します

 

クラシックp3

 

機会あれば

こんな工程を是非、自分の目で見てみたいと思ったのです

 

 

 

DSCN5783

 

DSCN5779

 

 

モアナコーストも2019年には30周年を迎えます

 

ポルシェには及びませんが

イベント盛り沢山で皆様に喜んで頂けるよう頑張りたいと存じます。

 

2018年 秋の Porsche Special Exhibition も盛況に..

DSCN5700

 

心地よい朝

 

 

恒例のPorsche 展示試乗会に向け

進入道路沿いのフラッグをドイツ国旗に交換しました

 

 

 

 

DSCN5703

 

秋晴れの中

準備は整いました

 

DSCN5706

 

DSCN5707 洗車も終了し、お客様を待つ Boxster

 

 

 

今回も試乗先は

鳴門のニュルブルクリンクこと「島田島スカイライン」が多いので

走行シーンを撮るべく928 S4 Ex で向かいました

DSCN5713

 

ニュルに入って直ぐの高架歩道橋から狙います

 

DSCN5710

DSCN5711

 

DSCN5715

 

DSCN5717

 

DSCN5718

 

皆さん楽しまれている様子が伝わります

 

DSCN5719

 

 

 

 

私もドイツ国旗の前で1枚

DSCN5727

 

2日間のイベントにご来場頂いた皆様

有難うございました。

 

 

来年春の開催もご期待下さいませ。