この暑さで英車もグロッキー

この夏、雨の多さと湿度の高さを感じる徳島・鳴門です

 

こんな天気では

ご近所の民間海水浴場もあまり良い商売にならなかったのではと拝察申し上げます。

 

業務の忙しさも重なり

しかもこんな高温多湿な日々

従って英車を動かすのも億劫となり

 

可愛そうな状態に

DSC05447

 

お解りでしょうか?

 

動かさないのが一番の原因ですが・・・

クラッチカバーからOILが落ちています

 

本来、OILタンク内で溜まっている筈のエンジンOIL

動かさないのでOILが重力で下がりクランクの隙間からクラッチ側に出ているんですね

 

DSC05444

 

この落ち具合だと毎日、一滴以上落ちています。

 

1週間に一回以上、エンジンを掛けてやればそんなことも無いのですが

BSAエンジンの宿命ですね

 

トライアンフは同じ状態でも全く大丈夫なんですが

DSC05446

クランクシールの方法が違うのか?漏れていません。

 

師匠曰く「夏は気温が高いんで冬に比べるとOIL粘度が下がって落ち始めるんが早いんよ・・乗らなアカンがな」

そのとおりです。

 

因みにガレージ内の気温と湿度は

DSC05442

 

早い時期に整備したいと存じます。