BSA スピットファイアーもリフレッシュならぬ・・手におえぬ

昨年の11月下旬より

中途半端なメンテナンスで調子が出ないままのスピットファイアー

 

微妙なエアスクリュー回転戻しやジェットニードルの位置

或いはポイント接点? 発電量?・・・

 

師匠に電話で聞けば聞く程

複雑になり

 

日帰りメンテに小川モータースまで行く事に

DSC07717

 

神戸淡路鳴門道~阪神高速東大阪線も空いており

2時間少々で大東へ

 

DSC07714

 

早速、師匠にお願いする事に

DSC07701

 

DSC07703

時間にすると20分位でしょうか

あっと言う間にアイドリングが安定しました。

 

出発前に

再度のバッテリー充電を行い

タンク内の古いと思われるガソリンを入れ替えた後

再度の挑戦をしなかったのも悔やまれますが

マイナスドライバー一本で調子を出すのは流石です。

 

折角なので店内も散策

DSC07709

見覚えのあるゴールドスター

DSC07707

 

その他、修理待ちの英車達

DSC07710

 

 

滞在時間は1時間少々

しかし良い勉強になりました。

 

やはり、旧車の基本は

新しい燃料

バッテリー点火仕様は電気の強さが大事です。

 

 

DSC07719

夕暮れ前には無事に帰宅

 

近々に近くのマン島でテストランを行います。