2020年のマン島に向け、英国 前哨訪問…その2

改めてウィキペディアでリーズを調べてみると

 

リーズ (Leeds) は、イングランドの北部にある都市。人口は75万7700人、ロンドンから鉄道で2時間15分の場所に位置している。

羊毛工業が盛んで産業革命時にはその中心地となったイングランド北部の商業都市。イングランドで3番目に大きな都市と言われるが、町の中心から30分も車で走れば、牧草地に羊が群れて草を食んでいるヨークシャーの田舎の景色が広がる。国立公園のヨークシャー・デールズはイギリスの中でも主要なトレッキング・スポットとして有名である。

ウィキペディア参照

 

 

 

宿泊したホテルの前はこのような美しい運河

 

この黒いクレーンはその昔、栄華を極めた時代の名残なのでしょう

 

 

街もとても綺麗

丘陵地帯なのか?坂道も多くありました

 

 

 

そしてメインイベントであるヘディングリーロータリークラブへ訪問したのです

 

流石に英国

 

このような建物に紳士淑女が集まり、例会が開催されます

 

 

   日本の国旗が準備されていたのを見て、とても緊張したのです

 

 

プレゼン内容や進行は割愛しますが

私のスピーチの中で趣味の話とパワーポイントを使った「MG MIDGET」「Triumph」「BSA」等の写真が大うけでした。

 

 

 

翌朝のホテルの朝食の後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レンタカーを使ってドニントンサーキットに向かいます

 

 

さらに続く