「2010年03月」の記事一覧

ポルシェクラブ四国 春のイベント参加

P1010013.JPG3月の最終日曜日にポルシェクラブ四国の春のイベントに参加しました。岡山から山陽道、広島をさらに西へ向い山口は岩国までの日帰りロングツーリングです。与島PAで香川組と合流です。
P1010022.JPG沼田PA(広島)で愛媛組と合流。さらに西へ向かいます。
P1010026.JPG廿日市市、山間部にある「ウッドワン美術館」で昼食。
この時点で総勢17台となりました。
P1010044.JPGP1010047.JPGP1010049.JPGP1010050.JPG
大変な賑わいをみせていた岩国の錦帯橋。橋の入り口には5ヶ国語のアナウンスが準備されていました。鳴門も観光では負けてられません。
皆さん、錦帯橋を渡るのに300円必要なのはご存知でしたか?広い駐車場にも地元ボランティアと思しきスタッフがいらっしゃいました。
きっと街全体で観光に取り組んでんでしょう。
参考にしたいものです。
1日で700K強、走ったのですがまだ走り足りないのはポルシェならではと感じさせられました。

医療観光モニターツアーに参加しました。

P1000987.JPG今日は全国的に黄砂が舞い降り、鳴門でも視界が悪く感じられるどんよりとした日になりました。中国大陸からやってくる黄砂・・ご縁と言う訳ではありませんが、昨日から徳島市内には中国の方々が「医療観光」に大勢で来てくれています。ご存知の方も多いかと存じますが徳島県は全国でワースト1の“糖尿病”の患者の率が多い県なのです。そこで徳島大学医学部を中心にした予防医学が研究され成果を出しています。近年、発展目覚しい中国でも糖尿病患者が急増しているようなのです。そこで徳島県として観光と予防医学を組み合わせたモニターツアーを計画しているのです。
ご挨拶頂いているのは中国国際旅行社の王・新さんです。
P1000994.JPG写真のような鳴門金時を使ったヘルシーサラダを始め、徳島の特産品が予防食として試作されていました。
P1000998.JPG鳴門観潮や祖谷のかずら橋、ラフティングも体験し、ご満悦の皆様でした。

ホンダCR-Zその3

CIMG8597.JPG
今日のモアナコーストは春一番?と感じるくらいの風の強い一日でした。
皆様は3月9日火曜日放送の「ガイアの夜明け」はご覧になりましたでしょうか。
そう、写真中央のサンドイエローのジャケットの方があの“CR-Z”開発責任者の友部氏、ご本人であります。最終日にモアナコーストのスタッフと記念写真に納まってくださいました。廻りの関係者の皆様も一見温厚な佇まいですが内に秘めた情熱は想像を絶するものでは無かったかと拝察いたします。
今回のイベントでは私達も大変、勉強になったと感じております。
世界を相手にする一流企業とはここまでやっているのか・・を目の当たりにした次第です。
私達も、業種は異なりますが、その姿勢を是非見習わせて頂きたいものです。

»» 続きを読む

モアナコースト CR-Z その2

P1000961.JPGホンダスペシャルにはお約束の“無限”。
P1000962.JPGP1000963.JPGリヤスポイラーとホイールにもスペシャルの証。
本田宗一郎イズムは今も脈々と受け継がれているようです。

ホンダCRーZが大挙モアナに現る

P1000977.JPG3月上旬の鳴門は「ほとんど春!」の天気でしたが今週は記録的な雨と寒さに見舞われました。この巨大なスクリーンは“技術のホンダ”がエコカーでも速くて格好良くなきゃ・・・のコンセプトで世に送り出した“CRーZ”のプレゼン用のスクリーンです。モアナコーストの駐車場を半分近く使っています。皆さんに早くお知らせしたかったのですが5日間貸切クローズドでの報道関係者のみを対象としたイベントでしたのでご容赦ください。
P1000974.JPGテラスから覗く3台のCRーZ。白の1台は私達世代には燦然と耀く“無限”仕様です。
P1000970.JPGこのような状態で5日間。スタッフの皆さんお疲れの事とお察し申し上げます。
P1000969.JPG
P1000965.JPGCR−Z 絵コンテと初期の木型?
シェスタ入り口にはずらりとボディカラー見本が並びました。