汗だくでも大満足!

全国的にも夏空続きで猛暑日も各地で記録している模様ですね

 

鳴門・南あわじも好天気で35度を超えるような暑さです。

 

 

先週までは雨が多かったせいで愛機達のメッキ類もくすみがち

 

大汗覚悟で磨き上げることにしました

DSC06553

 

大変疲れましたが

折角なので走らせてやることにしました。

 

 

 

 

先ずはRGSロケットゴールドから例のマン島へと快調に飛ばします

 

DSC06542

DSC06544 こんなになってしまった場所ですが大昔は多くの観光客で賑わっておりました・・

 

 

 

何とかしたいものです

 

 

 

 

 

 

 

DSC_08002 何方か

こんな風にやってもらえないものでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

Uターンし、T110ボンネビルに乗り換えて再びマン島へ

 

DSC06545

 

最高に調子は良いのですがキャッチタンクに溜まったオイルが

ブリーザーパイプから出るのが止まりません

 

DSC06548リアフェンダーに沿って取り付けてあるパイプの先から白濁したオイルが落ちています

 

 

さらに30分程走ると流石に出なくなりました。

 

やhり1か月に一回程度は1時間位の走行は必要ですね。

 

 

 

 

ところで、RGSとT110を乗り比べると

リアブレーキの効きが随分と違うのがわかります。

 

 

片ハブのリアブレーキのドラムのサイズや幅はほとん同じ。

DSC06550DSC06551

 

ところがブレーキレバーの長さは2倍程違います。

DSC06549DSC06552

 

RGSはセパハンにバックステップなのでロッドが半分しか無いのです。

 

小川師匠曰く「RGSは腰を入れて左膝で強く踏み込むべし」なるほどですな

30年乗ってて再認識した次第です。

 

 

次の機会にはスピットファイアーを走らせます。