English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

Monocoque 屋..のシゴト その2

秋も深まる11月18日(日)

 

 

356クラブ関西支部ツーリングに参加すべく

一時帰宅許可となった356 SC

 

 

主治医より仮エンジンの組み付けとチリ合わせが完了との連絡を受け

ポルシェパラダイスに向かいました

 

 

DSCN6166

 

 

 

主治医も驚きの完璧なチリ合わせ施術後のモノコック屋のシゴト

 

 

 

私も

目を閉じて

指と手のひらに全神経を集中させて撫でても判りません

 

 

板金など一切無し

0.1mm単位の専用スペーサーを上下のヒンジに数枚ずつ入れたりずらしたりしながらの作業

 

モノコック屋魂を強く思ったのでしたDSCN6165

 

 

 

 

DSCN6168

 

 

 

それにしても主治医の誠意には感謝の念に堪えません

 

内燃機屋さんの作業が想定以上に時間のかかる仕事となり

18日のツーリングに使えるよう、秘蔵の予備エンジンを載せてくれたのです

 

 

 

DSCN6172

ココhttp://www.frosch911.jp/はポルシェパラダイスです。

 

 

 

 

 

 

モアナの日常…その2

DIYが好きな(得意な)御仁は多いかと存じます

 

斯く言う私も嫌いではありませんので

セメントで石の補修を行いました

 

 

 

 

コチラ

DSCN5786 誤って車をぶつけてしまい

センサーが動かなくなってしまいましたDSCN5787

 

 

そこでいつものDIY店で材料を調達します

 

DSCN5788 水を混ぜるたけの超簡単な仕様

 

DSCN5790 乾くのが早いようなので素早く練ります

 

DSCN5791 DSCN5792

 

石の位置が決まったら滑り止めに小石を挟み

外側の溝に指で塗りこんでいきます

 

DSCN5794

 

何とかなりました。

モアナの日常…

秋も深まり

ガーデンの芝生も薄茶けています

 

花の彩を良くする為、植え替えをDIYしました

 

DSCN5944 小鉢の花が少し貧相に

 

拡大してみるとDSCN5945 明らかにアウト

 

 

 

 

いつものDIY店で植え替え用の苗と土を調達

DSCN5943   私はパンジーよりもビオラが好みです

 

 

30分少々で10小鉢を入れ替えました

DSCN6041

DSCN6042

 

 

花に勢いがありますね

 

 

 

これで苗1つが68円はコスパ高しかと!

Brit Brat Day トライアンフ祭り

DSCN5982

 

兵庫埠頭に向かうべく TR6改ボンネで出発して15分

 

想定外のアクシデントで止む無くUターンすることに…

 

 

 

直ぐにT110改ボンネに乗り換え 再度、神戸淡路鳴門道を走ります

DSCN5983

予定よりも1時間少々遅れて着いた兵庫埠頭・和田岬 に在る

「北の椅子と」https://kitanoisu-to.com/

 

 

送れて到着するも プロカメラマンである主催者様に素敵な写真を撮って頂けました 45353140_2230707197195547_4009697032783527936_n http://rustless-gb.com

 

45238709_2230705077195759_5639055183611691008_n

http://rustless-gb.com

 

 

45275158_2230704463862487_875791724834717696_n

http://rustless-gb.com

 

トライアンフ祭りですが当然、BSAは外せません

 

 

45249939_2230705040529096_363958140003155968_n

http://rustless-gb.com

英国バイクを語るには欠かせない御大

 

 

 

 

 

 

 

 

45244361_2230710187195248_6210152101582995456_n

http://rustless-gb.com 決まってます!

 

 

 

 

 

 

IMG_2278いつものI氏も頭の先からつま先まで完璧なイデタチ

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5980

正に絵になる場所です

 

 

45291585_2230707747195492_1445574357043642368_nコーヒーを飲みながら

曾てのモトクロスチャンプと話も弾みます。

 

 

 

 

国産OHVも参加していました

DSCN6014「彼のオートバイ、彼女の島」を思い出しました…

 

 

 

午後1時も過ぎ

ボチボチ帰る準備を行います45365664_2230706153862318_7787949844332544000_n

 

 

 

 

皆さんにお礼を言って出発しました

45431016_2230710123861921_1801607801349341184_n

 

 

 

 

 

阪神高速3号神戸線を西へ

 

明石海峡大橋手前のSAで小休止

DSCN6015

 

 

淡路島は東浦ICで下道に降り

海岸線を南下することに

 

DSCN6027

 

大鳴門橋を渡る手前、南あわじの国道はお気に入りの場所です

 

 

 

 

 

 

 

 

DSCN5965

 

スタートでツマズキましたが有意義なツーリングとなりました

 

TR6の原因究明は少し先になりそうです。

 

神の声…その2

満身創痍・疲労困憊 正にそんな気持ちで

師匠に電話しました

 

 

 

旧車の基本となる その1) 強い火花 その2) 新しいガソリン その3) 適切な混合比等々は

確認済み

兎に角、事細かに状態を伝えていきます……

 

5分程話したでしょうか

師匠から「スロットルバルブの高さが合ってないんちゃうか?」

 

 

過日、左右のファンネルを外し、指を当てながらスロットルの開け閉めして確認はしましたが

確かに中速域でのアクセルを固定させた状態での症状なら理解できます

 

DSCN5959指示のとおり、ネジ山3つ分(1mm弱)下げて

何度か右手でアクセルグリップを廻します

 

そうして  キック!

 

ダッ ダッ ダッ ダダッ ズバッバー  何と治りました!

 

 

本当に

あのツインキャブボンネビルの走りになったのか

 

急いでヘルメットを被り マン島に向かいます

 

 

DSCN5956

 

DSCN5955

 

あのデュープレックス骨格にツインキャブで武装したボンネビルが蘇りました

 

 

 

早々に秘密基地に戻り

師匠に報告です

 

あの僅か1mm弱のスロットルバルブの高さで激変するのが英車の醍醐味なのでしょう

流石に師匠も新品のアマルだったので数か月でズレが出るのは想定外だったようです

 

最後の電話を入れなければトランポで大阪まで行く覚悟だったのですが

今回は良い勉強(訓練)をさせて頂いたと感謝しています

 

いずれ、イグニッションコイルも交換する時期だったと考えれば遠出も安心なワケです

 

 

 

 

しかし

もう一つ発見がありましたDSCN5961  このツーリーディングのブレーキ

 

恐ろしい程 効きます

 

師匠からも「他の古いんと同じように掛けたら効きすぎて危ないから」と念を押されてました

先程の試乗でスピードが上がり過ぎ、信号で慌ててレバーを握った時の制動は

とても同年代の英車とは思えない位、危なかったのです

 

何しろ、軟なフロントフォークがフルボトムし、2度程つんのめる寸前でした

 

DSCN5960このように中指1本で充分な制動が得られます

 

 

 

DSCN5962DSCN5963

コロナタンクバックにETCを装着

 

 

DSCN5964

 

 

最後に

こだわりのグラフィック屋さんといつもの看板屋にお願いした風切に貼りつけるデカール

 

DSCN5968  DSCN5969

 

 

 

Brit Brat Day の報告は後日に行いたいと存じます。

 

DSCN5972

 

 

 

 

 

 

1 / 18012345...102030...最後 »