RUF CRo を走らせる…鈴鹿サーキット編

2019年11月に参加したツーリング

 

いつもお世話になっているフロッシュhttp://www.frosch911.jp/さん主催の秋バージョン

今回は鈴鹿サーキットを走れると云う素敵な企画

 

途中集合の新名神・甲南SA

 

これから鈴鹿を目指します

 

相変わらずグッドコンディションのT氏89ターボ

見る度に想い出がよみがえります

 

前後共にこんな状態…俄然盛り上がりますね

 

O氏、パステルイエローの993 エアロバージョン…やっぱりカッコイイです!

 

 

サーキット内の食事を楽しみ、夕方からの走行会まで遊園地で時間をつぶします

いよいよ、コースインの時間

 

何しろ大所帯なので2班に分かれてのコースインとなります

 

 

夕闇に映えるグラマラスなボディ

 

RUF専用の5連メーターとグリッブの太いステアリングもとてもスパルタン

 

ドラミを思い出しながらスタートです

 

富士スピードウェイの時もそうでしたが

道幅が広く、前後に車がいないとどこを走っているのか分からなくなる始末….

 

 

 

しかし

とても想い出深いツーリングとなりました!

 

 

続く

Porsche 356 SC の活躍…その2

コレ又、昨年の晩秋

 

岡山に出張時、訪れたいお店があり

敢えて356 SC で向かいました

 

中国道は交通量も少なめ

 

快調に目的地に向かいます

 

 

訪ねたいお店がコチラhttp://tetta.jp/

 

以下、HPを引用致します

「domaine tettaのぶどう畑は、岡山県北西部、新見市哲多町にあります。
『晴れの国・岡山』と言われる通り、長い日照時間と寒暖差、
そして美しい自然の山々に囲まれた石灰質の土壌。
標高400メートルの小高い山の頂上に広がる集約したぶどう畑は、
まるでヨーロッパのぶどう畑のように爽快な景観。
この地の可能性を最大限引き出せるぶどう栽培にチャレンジしています。」

さらに

「このブドウ園は日本では稀な石灰岩土質、南西に向かっての斜面、谷から吹く風は太陽で暖められたブドウ達を冷やして畑内に溜まった湿気も飛ばす」のだそうです。

 

 

ここの情報を知ってからずっと興味津々

本当にそんな場所があるのか?とワクワクで向かったのです

 

到着することは出来たのですがその日は定休日

 

山の中に忽然と現れるこの場所

 

勿論、ぶどう有りきの場所とは存じますが素晴らしい取り組みであると感激した次第です

 

 

 

次回は、HPの写真にあるような季節に訪れたいと思います。

 

終わり

Porsche 356 SC の活躍

昨年からの356SC でのツーリング/ドライブについて…

 

晩秋の紀州路~熊野路

356クラブ関西で参加しました

 

 

 

山深いワインディングを心地良いエキゾーストノートを響かせながらのマスツーリング

 

ノンアシストのステアリングの重さも心地よく

2速、3速を多用するのがこのエンジン+マフラーには合っています

 

 

 

ワインディングを存分に楽しみ、熊野本宮大社に到着しました

 

熊野本宮大社は熊野三山(本宮・速玉・那智各大社)の中心、全国に4700社以上ある熊野神社の総本宮

モアナコーストすぐ横に在る熊野神社もその一つなのです

 

 

 

ここはJ リーグの旗のシンボルにもなっている「ヤタガラス」が降り立った地

その為、勝利祈願にたくさんのJリーガーが訪れています…神様は「スサノオの神子と」なのだそう

 

 

 

参加者全員で交通安全祈願をして頂き、山を下ります

 

 

 

 

 

今日の宿泊地は南紀白浜ホテルシーモア https://www.keyterrace.co.jp/

旧友のホテルであり、色々と配慮頂きました

インフィニティに見える足湯、この造りは是非参考にしたいと思いました

 

素晴らしい夕日であります

 

 

何といってもご無理を聞いて頂いたのが地下ガレージを占有させて頂いたこの場所

みんな喜んでくれていました….

 

 

 

翌日は南方熊楠記念館までドライブ

 

 

実は今回のメンバーの中に、熊楠の家系の方がいらっしゃると云うオチも大いに盛り上がりました

356クラブ関西恐るべし!

 

 

続く

 

 

 

 

RUF Porsche 964 CRo / Honda S800M 様子見散歩…

暖かな天候が続いている鳴門~南あわじ方面

 

年末年始と忙しく、バッテリーの状態も考慮して近場を散歩することに…

 

 

先ず、RUF CRo を走らせます

 

スターターの状態は若干弱さを感じましたが始動後はいたってスムース

 

 

鳴門北IC~徳島道・徳島IC~R11で戻ります

 

 

すこぶる調子の良い状態で安心しました

 

 

それにしても、RUF社のこだわり具合には脱帽します

エンジンは勿論、この専用ホイールの収まりにもそれが感じられます

 

スペーサーの使い方やミリ単位での面仕上げにはメーカーとしての自負があるのでしょう

 

 

 

 

 

 

 

 

S800M は鳴門の岡崎海岸~マン島を走らせます

 

ここは平日だと人影も無く、撮影には絶好の場所

 

向こうに見えるのはモアナコーストの在る大毛島

 

右、東方面は淡路島を岡崎灯台越に望めます

 

 

 

大毛島に戻りマン島を目指します

 

 

この場所も平日だとクルマも少なくじっくりと写真に収めることができます

 

 

スタート時にこそ、チョークを使う気温ですがこの個体もとても良い状態でした

 

 

 

素晴らしくハッピーな時間でした。

 

 

 

ローカルCM、2019年のヒット

昨年の12月27日(金曜日)

 

いつものように日経MJを読んでいて驚きました

 

3面の「発・創・力 消費を動かす」の誌面

キャッチコピーは{誇りを持って「自虐広告」}

 

姫路セントラルパークや北九州・下関と並んで鳴門が取り上げられていたのです

 

 

 

行政がテレビCMやYouTubeを使い取り組んだことにとても感心しましたし

フジテレビと云うプロが製作し、とても濃い内容であることにも驚きました

 

モアナコーストも負けてられないと強く感じたのです

 

http://uzukoe.com/ とても良くできています。