Porsche 944 Turbo S こと951で芦有Debut

 

昨年

秘密基地のメンバーとなってから半年

 

コロナ禍後、Porsche 944 turbo S /951 で初の芦有ドライブウェイ

 

 

超満員の展望台

 

かつての相棒964 C2GT ケロヨン号と久々の対面となりました

 

 

友人たちとクルマ談義で盛り上がります

 

 

この日は車種も多彩で大いに楽しむ事ができたのです

 

 

 

これはとても貴重な書類ケース

極初期の目黒ミツワのオリジナルケース

西独VWポルシェ社・日本総代理店の記載が泣かせます

 

 

いつものホットドッグで遅い朝食

 

 

やっと着ることができた例のTシャツで一人盛り上がりました

MG MIDGET で英国に浸る

コロナ禍によりマン島行きを断念したのが4月

 

行程が許せばGOOD WOOD CIRCUIT にも立ち寄る予定でありました

 

 

 

全国非常事態宣言が解除になった過日

MIDGET の点検とモディファイの相談に西宮に向かいました

芦有ドライブウェイに向かう時と同じ、阪神高速7号を快調に飛ばします

 

ペニーレーン http://www.penny-lane.jp/ さんはいかにも英国風

 

GOOD WOOD 近くに在るホテルと同じ雰囲気ですね

 

 

 

 

時間待ちの間は美味しいランチと珈琲

 

 

 

 

店内でも英国の匂いがプンプンなので妄想は膨らむばかり…

 

 

 

 

次の入庫日を確認し、帰路につきます

 

 

やはり、妄想は膨らんでばかり…

 

 

6月 梅雨入りの鳴門~南あわじ

コロナ禍に見舞われた3月~5月でしたが降水量は少な目

 

 

休館の間も大変過ごしやすい天候に恵まれましたが

いよいよ梅雨入り

 

 

 こちらも通常営業となりました

 

 

 

かのコロナ禍

この状況を打破する為の商品として開発した「お籠りプラン」が好調となり

ルームサービス用のワゴンを特注したのです

 

広げた際の高さとサイズ感で大活躍しています

 

 

 

一方

6月のこの時期にしか釣れない鳴門海峡のガシラ

 

幼馴染の漁師が絶妙の生き締めで納めてくれています…

 

 

 

 

 

 

この時期

そぼ降る雨も風情で良いのでは

 

 

 

 

 

コロナ禍により..

1989年の開業以来、GWを挟んで16日間もの間を休館したのは初めて

 

 

春の挙式は秋に延期、お花見イベントはすべて無くなってしまいました

 

 

それでもこの季節、屋外デッキをフル活用しての営業も良い刺激となりました

 

 

 

 

しかし、営業は止める訳にはなりません

 

秋の結婚式シーズンに向け、準備は進みます

 

 

 

 

秋のしつらえのシェスタの会場

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはりココはポルシェパラダイス

私の歴代ポルシェ(稀にHondaも)を全てメンテして頂いているフロッシュ http://www.frosch911.jp/ さん

 

以前の名称の「Keep9」時代からなので13年にはなるでしょうか…

 

 

遂にこんなコレクションが鎮座しました

 

 

ポルシェフリークな皆さんはご存知かと思いますが

泣かせる動画がコチラPorsche 111 Diesel Cabriolet – a very special car needs a very special service.

 

ポルシェブランドが強く感じられるのです

 

 

 

 

いつの日か、こんなトラクターでモアナコーストの菜園を耕したいものです