Porsche 356 クラブ ビジター参加記

11月の秋晴れの過日

 

ポルシェクラブ関西支部のツーリングにオブザーバー参加させて頂きました

 

DSCN6174

 

中国道経由で舞鶴若狭道を北上します

 

DSCN6186

 

カブリオレも数台

 

皆さん快調に巡航のようです

 

 

DSCN6175

 

さらに北近畿豊岡自動車道→丹波方面へ

 

DSCN6199

 

DSCN6215

 

本格的な紅葉には少し早いようですがツーリングにはもってこいの場所です

 

 

DSCN6219DSCN6223

 

 

ここで小休止

 

DSCN6229

 

 

皆さん調子良く走っておりましたが

私のSCの調子は今一つ

 

主治医がご厚意でこの日の為に乗せ換えてくれた臨時エンジン

…応急なので仕方ないのですが上手く吹け上がらず残念な状態

 

DSCN6241

 

DSCN6242

 

皆さん素晴らしいコンディション

 

 

 

 

休憩もそこそこに出発です

DSCN6249

 

 

 

 

 

 

 

 

安全にスピードを出せる道になると置いていかれます….

 

DSCN6267

 

DSCN6280

 

それにしても皆さんの走りを見る限り

356はスポーツカーであることが判ります

 

 

DSCN6270

 

速く本来の状態で乗りたいと強く思ったワケです

 

 

DSCN6285

 

 

 

 

 

DSCN6296

これだけの356なので

すれ違う方々も驚いているようです

 

 

 

 

次の休憩地点に到着DSCN6327

 

老舗のお煎餅やさんIMG_2344

DSCN6341

DSCN6344DSCN6342

 

お土産を買って直ぐに出発します

 

DSCN6324

 

 

 

 

そしてココからが大変な道のりでした….

 

道は舗装状態も良く、景色もサイコー

 

しかし、上り勾配が半端無くきつく

ヘアピンでは1速で半クラを多用しないと登れないようなエンジンの状態となってしまいました

 

 

悪戦苦闘の末

最終目的地の山頂レストランに着くことができました

 

DSCN6363DSCN6364

 

 

 

次回の新春ツーリングはモアナコーストなので

なんとしてもリベンジしたいと硬く誓ったのですIMG_2346

 

 

 

 

 

 

 

BSA Rocket Gold Star の整備…その3

DSCN6569

 

ガレージ整備の続くロケットゴールドスター

 

 

エンジン始動等は全く問題無し

 

只、ある回転域に発生するガソリンタンクからのビビり音が今一つ、解消できていません

 

さらに、ガソリン注入蓋が上手く収まらず

走行中に蓋が空いてしまうトラブルが….

 

 

DSCN6594この蓋は恐ろしく古い構造

 

DSCN6575蓋内部の金属の爪を広がらせて固定させるのです

 

つまり、タンク塗装時に良かれと思って行った、口の内側の塗装

 

 

爪のあたる部分の塗装で滑ってしまう事になってしまったようです

 

 

 

 

そこでこの部分の塗装を剥がすことにしました

 

DSCN6573

 

 

 

 

先ず、ガソリンを抜きますDSCN6571

 

 

 

DSCN6580タンク内に塗装片が落ちないようタオルで養生します

 

DSCN6581小さなドライバーで慎重に剥がします

 

DSCN6582粗めサンドペーパーで仕上げます

 

その後、掃除機で小さな塗装片やごみを吸い込んでから

慎重に養生タオルを抜きます

 

 

ガソリンタンクを外します

DSCN6578DSCN6576

 

 

DSCN6583

 

 

タンク裏側の形状とフレーム上部の形を見比べながら

再度、防振ゴムのあたり面をチェックDSCN6584

 

 

 

さらに続きます

 

 

 

 

 

 

BSA Rocket Gold Star の整備…その2

DSCN6553

 

引き続きロケットゴールドスターの整備

 

 

 

OIL交換を行います

 

 

OILは言わずと知れたAMALIE HEAVY DUTY 40 シングル

私の師匠はコレしか使いませんので他の鉱物OILで比較したことはありません

 

 

 

アマリ画像1903年に設立されたアマリーオイルカンパニー
世界最高のペンシルバニア産原油を100%使用し、IHRAの公式認定オイルにもなっています

因みにIHRAとは(アメリカ国際ドラッグレース協会)なんだそう

 

 

 

 

 

DSCN6550ドレンボルトを外す前に硬めの紙で養生します

 

 

 

 

DSCN6552

前回からの走行距離は400Mile(600km位)でしたが結構汚れてました

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6556

次はコイツの整備に掛かります

 

BSA Rocket Gold Star の整備

めっきりと

冬らしい気温となった鳴門~南あわじ方面

 

 

 

一方 では

ガレージライフには適したシーズンとなります

 

 

 

 

そこでロケットゴールドスターの整備を行いました

 

DSCN6525手始めにヘッドライト球を交換します

 

DSCN6526  接触不良かと思ってましたが外してみるとこの状態

 

DSCN6524専門ショップから通販すると2日もあれば届きます

 

次はホーン

DSCN6521

生憎、6Vの同じのは見つからず小ぶりの汎用品を使いますDSCN6522

 

 

DSCN6529フレームへのステーは流用することに

 

 

DSCN6538缶スプレーで簡易補修を行います

 

DSCN6533接続部もギボシ端子への加工が必要

 

いつものDIY店で調達しましたDSCN6535

 

 

DSCN6536

 

 

DSCN6541

 

上手く収まることが出来ました

 

 

 

 

DSCN6549それにしてもこのロゴは素敵です

 

 

フロッシュ 秋のツーリング参加記 その2

そして目的地となる場所に到着

DSCN5871

センス良くモディファイされた993

 

 

 

そしてこの施設には大変驚いたのです

DSCN5912

 

正に私がやりたいと妄想している「モアナ村」

 

いつかこんな「村」を創りたいとイメージしていたのです

 

DSCN5913

 

DSCN5910

 

元在った地形を上手く活かした絶妙の配置です

 

 

DSCN5907DSCN5906 この演出と見せ方は見事!

 

 

これもヤラレタと云う感じDSCN5882

 

 

 

DSCN5888

地域との関わりもかなり意識した見せ方ですね

 

 

 

DSCN5905DSCN5890

再度、別な機会にじっくりと研究したいと強く思ったのです

 

 

DSCN5909

 

 

 

 

DSCN5872この993についても研究してみたいと存じます

 

 

終わり