English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

琵琶湖へ日帰り

うだる暑さが続く日曜日

 

友人からのお誘いで琵琶湖までポルシェの引き取りに同行させて頂きました。

 

 

 

 

IMG_0643

 

こんな暑さでは到底、古いクルマでは怖くて走れません

 

 

安全で快適に向かう為、718で向かいました。

 

IMG_0644     名神・京都東~湖西道路で大津方面へ

 

 

空冷ポルシェ好きなら一度は目にしたことがあるであろうコチラ

IMG_0655

ガレージクレヨンhttp://www.crayon911.co.jp/

 

興味津々でお邪魔させて頂きました。

IMG_0648

 

 

そして目的のポルシェがコチラ

IMG_0646

 

クレヨン社長が通勤にも使いつつ、大切にしてきたポルシェ純正バイシクル

 

 

そんなワケで今回友人は89ターボでは無く軽バンだったのです。

IMG_0656

 

この後、丁寧にロープ掛けを行い帰路についたのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_0693      ちなみにコイツは私のスペシャライズド・ファットバイクスペシャライズド

昨年、某オークションで落札

 

近年、トラやBSA等650 cc のバイクの取り回しに不安を感じ足腰を鍛える目的で購入したのですが・・

 

おそらく

友人も89ターボのクラッチ対策・足腰強化作戦かと存じます。

 

 

IMG_0694

 

 

来年のクレヨンカレンダーも74カレラの友人にお願いしようかな・・

 

718マイアミブルー繋がりの・・

DSCN3515

 

6月オープンのポルシェセンター四国中央 高松店

 

 

高松道・高松中央ICから5分

徳島方面からは随分と近くなりました。

 

 

DSCN3509

DSCN3508

 

天井も高く、高級感漂うスペース

 

 

DSCN3510DSCN3511

先代社長から受け継がれた356もポルシェパレード仕様で飾られています。

 

 

 

 

少し前、店長から展示用にマイアミブルーのケイマンが納車されたと聞いていたのですが

その個体をご購入になったお客様がご友人とモアナコーストまでお食事にお越し下さいました。

IMG_0641

IMG_0640皆様、私とほゞ同年代

 

IMG_0642

 

機会あれば是非ご一緒にツーリングさせて頂きたいものです。

 

 

 

 

 

 

やはりこのカラー

ソリッドなマイアミブルーはリゾートホテルには良く似合いますね。

 

 

 

Porsche GT4 をドライブ

少し前

暑さも和らぐ平日の夕刻にGT4をドライブさせて頂く機会を得ることができました。

IMG_0607

ソリッドブラックのボディは一際グラマラスさが強調されます。

 

 

IMG_0604

私の718ケイマンSと同じ6Fマニュアル

 

又、ステアリングも718ケイマンSでオプションで装着した小径350mmのGTタイプ

 

 

 

IMG_0605 ドアハンドルは曾ての964RSなどで見られるヒモストラップが泣かせます。

 

 

 

走りはじめて驚いたのがクラッチの重さ

911GT3シリーズのそれと同じ感触

 

非力な方だと結構こたえるのではと感じます。

 

 

 

モアナコースト駐車場から鳴門のニュルに向かいます。

 

 

走り出して感じるのはサスペンションの硬さ

718ケイマンSのスポーツプラスよりも硬いセッティング?

 

エンジンは3.8L,991カレラSとほゞ同じ仕様なので申し分ありません。

 

ニュルのタイトコーナー手前でのシフトダウン時には電子制御の強烈なブリッピングが効き

興奮モノ。

この仕組み、718ケイマンSにも装着されていますが微妙に違います。

 

 

IMG_0612

素の981よりも30mm低い車高により随分とGTカー然として映ります。

 

 

GT4 NA 3.8L 385Ps  0-100 4.4

718 S 2.5L ターボ 350Ps 0-100 4.6 (PDK 4.4)

 

なんとも悩ましいですね。

 

 

 

 

 

戻ってきました・・MG MIDGET

IMG_0627

 

5月の神戸イベントの際、思わぬアクシデントに見舞われたMIDGET

 

3か月振りに修理と化粧直しを終え、戻ってまいりました。

 

 

 

早速、足回りのデキを確かめるべくマン島を走らせたのです。

 

IMG_0634

IMG_0636

 

驚く程に変わりました!

 

新品の板バネとブッシュ類を入れ替えるだけでこんなに違うとは想定以上です。

 

中速域で明らかにストロークが無いなと感じながら鈍い挙動だったタイトコーナーも

しっかりとリアタイアにトラクションを掛け、出口に向けて抜けることができるようになりました。

 

さらに

車高も適切な高さとなり、直線の悪路でのガツンとくる底突きも無くなったのです。

 

IMG_0633

 

IMG_0623

 

チリ合わせも絶妙

 

ボンネット裏もご覧のようにエンジンルームが映るほど綺麗にして頂きました。

 

 

そして今回は

ボンネットの角は敢えて着けない仕様に・・

 

IMG_0622コックピットは何もしていませんが何故かレーシーになったような?

 

 

 

 

今回の作業のおさらい

 

IMG_0418お世話になったフロッシュさん御用達のこだわりショップ

 

IMG_2024全剥離の状態

IMG_0412IMG_2025こんな穴も逃しません

 

 

IMG_0416IMG_2023ミリ単位で修正

 

 

IMG_2026こちらはフロッシュさんでの作業

デスビキャップの中で踊っていたコンデンサーの固定穴をヘリサートで切り直し

IMG_2027IMG_2028

 

 

 

そして足回り

IMG_2030これだけの差がありました!

 

IMG_2029IMG_2031

全く役目をしていなかったブッシュ類

 

 

 

 

 

気分爽快でガレージへ戻ると

IMG_0638

 

バイク達も「兄貴お帰り」と云っているようでした。

 

 

 

 

 

 

Porsche の DNA その2

五月晴れの過日

 

友人も参加の徳島工業短期大学で行われたクラシックイベントを見学したのです

DSCN3451

DSCN3439DSCN3446

国内外の多くのクラシック4輪&2輪がエントリー

 

DSCN3453

加古川から参加の友人は02ターボ

 

 

 

DSCN3466

DSCN3461       大阪マッハクラブのチャーターメンバーである私としては

この年代の2サイクルには深い思い出があります。

 

 

 

そんな中

 

一際目を引いたのがコチラDSCN3436

 

ジオラマにハマっていた中学生の頃、挙って製作していたのがナチスドイツ軍の車両

 

このキューベルも何台も組み立てた記憶があります。

 

F ポルシェ氏、傑作の戦うクルマですね

 

 

他にもこんなポルシェの名前の戦車も

 

ウィキを参照すると

初期名称は 8.8cm43式2型対戦車砲搭載突撃砲(Sturmgeschütz mit 8.8cm Pak43/2)、またはティーガー(P)戦車駆逐車(Panzerjäger Tiger (P))であったが、1943年2月6日の会議でフェルディナント(”Ferdinand”)と正式に命名され、1944年2月27日にヒトラー総統の提案によりエレファント (Elefant) と改称された。

 

タイガー原型フェルディナンド

 

ポルシェ博士

 

政治や思想には全く興味が無く、純粋に技術者としてクルマや特殊車両を造り続けたF ポルシェ氏

 

 

こんな生き方には大変興味を感じるワケです。

 

 

 

 

 

DSCN3459DSCN3458

こんなオジサン達も会場にはピッタリでした。