English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

モアナがご縁のガレージ訪問

モアナコーストの仕事を通じて

知り合いになったエンスー宅にお邪魔しました

 

DSCN6506

 

 

 

こちらはお仕事が輸入車の販売なので

ガレージ訪問ならぬ職場訪問です

 

 

 

 

DSCN6507社長の執務室からの眺め

 

 

 

後で知ったのですが

昨年のコッパディ姫路も一緒に走っていたのです

 

 

その時のモアナコースト繋がりのご縁でお食事等にもご利用頂いております

 

コチラのショップ

http://mythoscars.net/ こちらのサイトをご覧になればオーナーのクルマにかける熱い気持ちが判ります

 

DSCN6505

執務室の脇にはリフトで上げられたジネッタが..

 

DSCN6501

 

DSCN6502

この個体も非常にレアな仕様のようです

 

12494812_162182050821254_1226593094074072143_n

ミュートスさんのHPから拝借したオーナーの愛機

新車から30年近く乗っていると云いますから驚きです

 

来年のコッパディ姫路でモアナコーストがコースの一部に入るなら

是非又ご一緒したいものです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後

次の訪問先に向け、東にクルマを走らせます

 

DSCN6509 閑静な住宅地の中にそのガレージは在りました

 

オリジナル度が高いGTOとこれからレストアが始まるセリカ

 

 

昭和30年代生まれには堪りません

 

 

 

 

DSCN6514

 

コチラの328GTSは30年以上可愛がっているそう…33ナンバーが語ります

 

DSCN6515

240もセンス良くモディファイされています

 

DSCN6513

 

ガラス越しに眺めながらのエンスー話は盛り上がりそうです

 

DSCN6520

 

 

この他にもMGもお持ちです

 

いつかMGで鳴門のマン島をご一緒したいと存じます

 

或いはタルガトップでの328もお似合いですね

 

 

T110とRGS メンテナンス

DSCN6563 Triumph T110 のバッテリーが届きました

 

 

本来T110は6vなのですが私のファーストボンネ改は12vに変更してあります

 

 

 

最近は国産のバッテリー価格も大幅に値上げとなっており

もっぱらネットで外国製を購入

 

因みにこのタイプはベトナム製品

 

DSCN6564サイズが微妙ですが

密閉式を横にして装着します

 

 

 

DSCN6562英国車はアースがプラスなのです

 

 

 

 

DSCN6565

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6566

 

一方

こちらは

無事に車検が終わったロケットゴールドスター

 

 

奇しくも12回目の車検は12月となりました

 

 

 

又、行きつけのアストロプロダクトで良いモノを見つけましたDSCN6593

 

DSCN6586小振りのサンダーですが

私にはバフ磨きツールとして使います

 

 

DSCN6588DSCN6589

早速使ってみます

 

 

 

DSCN6590軽くて楽チン

 

 

DSCN6592

 

これで3400円はコスパ高いかと存じます

 

 

 

 

冬の間は楽しめそうです

 

 

 

 

Porsche 356 クラブ ビジター参加記

11月の秋晴れの過日

 

ポルシェクラブ関西支部のツーリングにオブザーバー参加させて頂きました

 

DSCN6174

 

中国道経由で舞鶴若狭道を北上します

 

DSCN6186

 

カブリオレも数台

 

皆さん快調に巡航のようです

 

 

DSCN6175

 

さらに北近畿豊岡自動車道→丹波方面へ

 

DSCN6199

 

DSCN6215

 

本格的な紅葉には少し早いようですがツーリングにはもってこいの場所です

 

 

DSCN6219DSCN6223

 

 

ここで小休止

 

DSCN6229

 

 

皆さん調子良く走っておりましたが

私のSCの調子は今一つ

 

主治医がご厚意でこの日の為に乗せ換えてくれた臨時エンジン

…応急なので仕方ないのですが上手く吹け上がらず残念な状態

 

DSCN6241

 

DSCN6242

 

皆さん素晴らしいコンディション

 

 

 

 

休憩もそこそこに出発です

DSCN6249

 

 

 

 

 

 

 

 

安全にスピードを出せる道になると置いていかれます….

 

DSCN6267

 

DSCN6280

 

それにしても皆さんの走りを見る限り

356はスポーツカーであることが判ります

 

 

DSCN6270

 

速く本来の状態で乗りたいと強く思ったワケです

 

 

DSCN6285

 

 

 

 

 

DSCN6296

これだけの356なので

すれ違う方々も驚いているようです

 

 

 

 

次の休憩地点に到着DSCN6327

 

老舗のお煎餅やさんIMG_2344

DSCN6341

DSCN6344DSCN6342

 

お土産を買って直ぐに出発します

 

DSCN6324

 

 

 

 

そしてココからが大変な道のりでした….

 

道は舗装状態も良く、景色もサイコー

 

しかし、上り勾配が半端無くきつく

ヘアピンでは1速で半クラを多用しないと登れないようなエンジンの状態となってしまいました

 

 

悪戦苦闘の末

最終目的地の山頂レストランに着くことができました

 

DSCN6363DSCN6364

 

 

 

次回の新春ツーリングはモアナコーストなので

なんとしてもリベンジしたいと硬く誓ったのですIMG_2346

 

 

 

 

 

 

 

BSA Rocket Gold Star の整備…その3

DSCN6569

 

ガレージ整備の続くロケットゴールドスター

 

 

エンジン始動等は全く問題無し

 

只、ある回転域に発生するガソリンタンクからのビビり音が今一つ、解消できていません

 

さらに、ガソリン注入蓋が上手く収まらず

走行中に蓋が空いてしまうトラブルが….

 

 

DSCN6594この蓋は恐ろしく古い構造

 

DSCN6575蓋内部の金属の爪を広がらせて固定させるのです

 

つまり、タンク塗装時に良かれと思って行った、口の内側の塗装

 

 

爪のあたる部分の塗装で滑ってしまう事になってしまったようです

 

 

 

 

そこでこの部分の塗装を剥がすことにしました

 

DSCN6573

 

 

 

 

先ず、ガソリンを抜きますDSCN6571

 

 

 

DSCN6580タンク内に塗装片が落ちないようタオルで養生します

 

DSCN6581小さなドライバーで慎重に剥がします

 

DSCN6582粗めサンドペーパーで仕上げます

 

その後、掃除機で小さな塗装片やごみを吸い込んでから

慎重に養生タオルを抜きます

 

 

ガソリンタンクを外します

DSCN6578DSCN6576

 

 

DSCN6583

 

 

タンク裏側の形状とフレーム上部の形を見比べながら

再度、防振ゴムのあたり面をチェックDSCN6584

 

 

 

さらに続きます

 

 

 

 

 

 

BSA Rocket Gold Star の整備…その2

DSCN6553

 

引き続きロケットゴールドスターの整備

 

 

 

OIL交換を行います

 

 

OILは言わずと知れたAMALIE HEAVY DUTY 40 シングル

私の師匠はコレしか使いませんので他の鉱物OILで比較したことはありません

 

 

 

アマリ画像1903年に設立されたアマリーオイルカンパニー
世界最高のペンシルバニア産原油を100%使用し、IHRAの公式認定オイルにもなっています

因みにIHRAとは(アメリカ国際ドラッグレース協会)なんだそう

 

 

 

 

 

DSCN6550ドレンボルトを外す前に硬めの紙で養生します

 

 

 

 

DSCN6552

前回からの走行距離は400Mile(600km位)でしたが結構汚れてました

 

 

 

 

 

 

 

DSCN6556

次はコイツの整備に掛かります

 

2 / 18312345...102030...最後 »