English

モアナコースト日記

モアナコースト日記

徳島・鳴門のリゾートホテル モアナコーストより最新の情報をお届けします。
リゾート社長の趣味やこだわりブログ。

暑さに弱いのは4輪も同じ

猛暑な天気の鳴門・南あわじ方面です。

 

 

この暑さだと庭の水撒きも中々疲れます・・

 

そんな日の午後、MG MIDGET を充電がてら走らせました。

 

 

いつものマン島 いつもの駐車スペースで小休止

 

さて、戻ろうとキーを捻れど掛りません。

セルは勢いよく廻っているのですが掛る気配無し

 

少し、間をおいてキュルル・・ズバッと掛りました。

でも、スローも効かないしスムーズに廻りません・・

 

ガレージまで何とか・・と走らせましたがエンジンストップで路肩に駐車。

 

 

エンジンルームを開いてみると

DSCN0822

DSCN0820

 

恐らく、外気温33度もあった中での走行でキャブがパーコレーション状態になったようです。

 

 

30分近く熱が冷めるのを待ってキーを捻ると難なく掛りました。

 

 

 

遮熱版もこの気温では効果無かったようです。

 

 

 

このあたりは古い英国2輪も全く同じ。

 

 

DSCN0837

 

秋が来るのが望まれる古いブリティッシュ達なのでした。

 

 

手袋職人 再び

梅雨らしいお天気が続く

 

鳴門 南あわじ方面です。

 

 

予てよりお願いしておりました革パンツが仕上がりました。

 

 

 

DSCN0806

 

今回もご無理なお願いを快く引き受けて頂いたのは

グローブ職人 CACA-ZAN http://www.caca-zan.net/ さん。

 

 

依頼内容はブーツを外履きで格好良くみえるようにお願いしたのです。

 

変更前は跨った際、パンツの裾部分が少し広がってしまい、恰好悪かったのが理由

 

 

 

 

 

その、合わせるブーツがコチラ

DSCN0808     この幅に沿うよう少し絞ってジッパーを着けます

 

 

DSCN0785 工房の様子

 

 

DSCN0780

流石に職人 スピードが違います

 

 

DSCN0783

 

DSCN0788

 

 

仕上げは鋭利なハサミで余分な部分を切り取ります。

 

 

DSCN0789

 

 

 

 

 

すぐに戻って試着

 

 

DSCN0805

 

ナイスな仕上がり

 

 

手袋職人 有難うございました。

 

 

2年の月日を経て蘇る・・

早いもので今日から7月

つまり、昨日で一年の半分が終わったわけです。

 

 

 

時間はあっと云う間に過ぎ去ります・・

 

 

 

 

 

あれから2年

6月30日の大安、無事に356SCが納車となりました。

 

ところで納車の日のことをウィキペディアで調べてみました。

6月30日は「夏越の祓(なごしのはらえ)」と云い、この半年の罪やケガレを祓い、残り半年の無病息災を願う日なのだそうです。

 

 

さらに

 

6月30日で一年の半分が終わります。この半年の間に身内に積もった罪や穢れ(ケガレ)を落とし、後の半年の息災を願う行事が「夏越の祓(なごしのはらえ)」です。「大祓(おおはらえ)」ともいい、年に2回6月末と12月末に行われる神事ですが、民間信仰として広く親しまれてきました。厄除けの茅の輪(ちのわ)をくぐり、人形(ひとかた)に穢れを移して川に流し、災厄をはらいます・・

 

 

以上のような記述がありました。

 

DSCN0699

 

是非、コイツにも無病息災を願いたいものです

 

 

 

 

早速、鳴門のマン島を試乗します

 

DSCN0708

 

DSCN0709

 

始動時に少しクセがありますが運動性能はダイレクト感がほど良い刺激となり

ドライブ(運転)していることが体中に伝わります。

 

 

 

高速道にも乗り入れてみました。

DSCN0715

 

 

80マイル(120K~130Km)辺りで流しても安定感があります

やはりポルシェ

53年も前に製造とはとても思えない乗り味

SCよりも5年後に造られたMG MIDJETと比較しても大きく違いを感じるところです。

 

 

 

再度、夕刻のマン島へ戻ります

DSCN0675

 

 

DSCN0719

 

過去、930・928・964・993・997・718等々乗り継いできましたが

丸みのある圧倒的なフォルムは356が突出しています。

 

前、後ろ、斜め・・どこから見ても飽きることの無い美しさですね。

 

 

 

DSCN0722

 

 

ソレックスキャブのジェット類のパーツの交換で始動~低速域の改善できれば完璧です。

 

 

モアナの庭は広いのです・・

梅雨の合間の曇り空

 

創業以来、剪定をお願いしている植木職人に大規模な刈り込みをお願いしました。

 

DSCN0683

 

3日間に渡り5人で作業を行います。

 

手始めに県道からの侵入口

 

 

 

DSCN0685

 

10数年振りに剪定を行ったセンジュラン(ユッカ・アロイフォリア)

 

スタイリッシュな姿となりました。

 

 

DSCN0692

 

 

コチラは駐車場からのエントランス口のソテツ(蘇鉄)

 

DSCN0690

 

これも25年程前、植木鉢に入った60cm程の高さの木をスコップで穴を掘って植え替えたのです。

 

 

ウィキペディアで調べてみると

「ソテツ(蘇鉄、学名Cycas revoluta)は、裸子植物ソテツ科の常緑低木ソテツ類の中で日本に自生がある唯一の種である」

「名前は、枯れかかったときに鉄クギを打ち込むとよみがえるというのに由来すると考え、鉄を受けると元気になる(蘇鉄)という伝承があり、茎にクギを打ち込まれていることがよくある。」

 

おもしろいですね。

 

 

 

私はカサミエントの花の手入れを行いました。

 

DSCN0536

 

ベゴニアは花が詰んでいないと美しくありません。

 

そこで、ある程度の長さになると切ってやる必要があります

DSCN0535 鋭利なハサミで茎を切ります

 

DSCN0538

 

そうすると茎から複数の芽が出て沢山の花を咲かせることになります。

DSCN0537

 

中々楽しいものです。

 

 

 

最後にイタリア旗を新調し、業務完了となりました。

DSCN0697

 

 

 

 

 

 

T110 tiger の車検と BSA A65 spit fire のその後

梅雨らしいお天気の

鳴門 モアナコーストです。

 

スピットファイアーと入れ替えに車検に出したトライアンフ

 

小川モータースまで引き取りに行って来ました。

DSCN0618

 

修理待ちの旧車でいっぱいの工房

 

DSCN0617

 

昔話も尽きませんが明るい内に帰ることとしました・・

 

DSCN0624

 

 

 

 

一方

過日にお世話になったBSA A65 spit fire

DSC08022

 

キャブのセッティングが功を奏し絶好調

 

 

交換したジェット類

DSCN0677

ニードルジェットは106番→107番へ

メインジェットは280番→290番へそれぞれ大きくしました。

 

DSCN0679

 

今後、マフラーの変更があればこのサイズに戻したいので温存することに。

 

2 / 15512345...102030...最後 »