「クラシカル英国車」の記事一覧

Meet the MG 2018 に参戦

昨年に引き続き

Meet the MG 2018 新西宮ヨットハーバーに参戦しました。

 

DSCN3362

DSCN3377

 

今回は好天に恵まれました

 

DSCN3366

戦前モデルも安心して走らせることができます

 

 

DSCN3427今回のエントリーナンバー

 

 

いつものロッカーカバーカーレースも大盛り上がり

DSCN3360

 

 

 

午後3時過ぎには今夜の宿泊地である六甲山に向けてショートツーリングに出発

 

DSCN3390

コマ図を見ながら正確なタイムを競いますDSCN3391

 

 

 

DSCN3393DSCN3394

場所柄、甲子園球場や灘の酒蔵を縫うように進みます

 

 

 

その後は芦有道路に向かい、急な坂道を上り始めますが・・そこでアクシデント

 

 

いきなりエンジンが吹かなくなり、高級住宅地のど真ん中で立ち往生

 

仕方なくレッカーに積載を依頼し、レンタカーでホテルに向かうことに

DSCN3395

 

 

続く

 

 

 

コメントを残す (0)

四国では貴重なTR6

好天に恵まれたGW前半

 

旧英車繋がりなM氏がひょっこりと訪ねてくれました

DSCN3293

 

近場でもご一緒したかったのですが時間も無く暫し立ち話

 

 

この個体

もうすぐ仕上る予定の私のTR6と同じダウンマフラー仕様です。

 

DSCN3301

 

次回の月曜日ツーリングを期待しつつお別れしました

 

DSCN3306

 

四国内にもこんな若者が増えること願っております。

コメントを残す (0)

2018 春のブリティッシュラン ・・その2

翌朝も絶好のツーリング日和

 

DSCN3155

 

 

DSCN3167英車乗りのレジェンドS氏

 

先にご出発のご様子、秋の再会が楽しみです。

 

 

DSCN3172

 

集合写真の後、近くの高原までみんなでショートツーリングを行います。

 

 

30分程、峠のワインディングを楽しむと・・

DSCN3178

 

 

ここで一旦、解散

 

それぞれ再会を約束し、帰路に

 

 

国道とは思えないような険しい山道を1時間近く走りぬくと

DSCN3184

DSCN3183ここで小休止

 

 

DSCN3186

 

DSCN3187

 

DSCN3188

 

なかなか絵になる場所でした

 

 

 

 

ここで、皆さんとお別れしソロで加古川を目指します

 

DSCN3189ひたすら南下

 

 

ほぼ定刻の午後2時には到着できました。

DSCN3196

 

 

鳴門着、片付けを行います。

 

DSCN3204今回の主催者であるS氏https://tribsa.exblog.jp/238482699/には感謝

 

 

こうした参加証も奥様と手作りして頂いたようです。

 

 

 

 

 

追記

友人から頂いた1枚31184879_1954585831250561_981697268937654272_n有難うございました!

 

 

終わり

 

 

 

 

 

コメントを残す (0)

2018 春のブリティッシュ ラン

晴天の中

 

加古川でトランスポーターからT110 を降ろし目的地に向かいます。

 

DSCN3111

東播磨の風光明媚な景色を楽しみながら快調に北へ向かいます

 

OHV サウンドを響かせながら

気に入った場所を見つけては写真に収めます。

 

 

少し遅いお昼にしようと立ち寄った道の駅で知り合いのスピードツインと遭遇

 

DSCN3114

DSCN3115

 

主治医も同じ小川モータースなのです

 

 

DSCN3116 なんの変哲もないとんかつ定食ですがこうしたシュチエーションで食すると何故か大層美味しいのです。

 

 

 

道の駅から北上すること30分

目的地に到着しました。

DSCN3118

DSCN3123

もうすでに大勢の参加者で賑わっています

 

 

会場のあわくら荘は、昭和を色濃く残す建物

DSCN3133敷地の廻りも「春の小川」です

 

 

主催者S氏の計らいで夜露の心配の無い場所に駐車できました

DSCN3154

 

DSCN3143

 

続く

 

コメントを残す (0)

明日からのBRITISH RUN の準備

a0285330_23364751 好天に恵まれそうな春のブリティッシュラン

 

明日の出発に向け、準備を行いました。

 

 

DSCN3086

予備のプラグ7番と8番は必須、ETC用の予備電池も忘れずに・・

 

DSCN3087 アルミとメッキパーツも磨きます

 

増し締めも忘れずにDSCN3089

 

 

DSCN3092OILチェックは重要です

 

DSCN3093DSCN3094少しだけ足してやることに・・

 

 

 

 

DSCN3095バッテリー上がりを防ぐSWもチェック

 

 

最後に空気圧を調べますDSCN3097注入前は1.5Kの圧力不足

0.3K程足してやりました。

 

 

 

DSCN3098

 

参加時の様子は後日に報告したいと存じます。

 

コメントを残す (0)