新緑のモアナコーストに緑のポルシェ

DSCN0532

 

新緑眩しい鳴門

 

 

 

 

モアナコーストのガーデンではフラのイベントもDSCN0548

 

 

 

 

 

 

そんな中

 

友人の74カレラも遊びに来てくれました

DSCN0435

 

何気にリアに廻ると・・エキゾーストが変わっておりました

 

DSCN0432

 

どうやらE1394 Danskのイメーのようです

 

 

DSCN0433 自身でのDIYとのことですが素晴らしい出来栄え

 

エキゾーストノートも聞かせてもらいましたがグッドでした!

 

 

 

 

 

 

2017年 春の「フロッシュ」ツーリング

初夏を思わせるような5月も後半の早朝

 

今回の相棒964C4と出発です。

DSCN0465

 

今回の目的地は北琵琶湖

 

但し、敢えて舞鶴若狭道を使い、日本海側から南下するようなロングコース

 

 

 

 

第二集合地にはほゞ定刻の到着することができました。

DSCN0467DSCN0468

もう既に多くの空冷が集まっています・・

 

 

 

 

ブリーフィング開始DSCN0471

 

 

 

 

舞鶴若狭道を快調に走ります

 

DSCN0474

DSCN0476

 

 

 

 

次のSAで小休止

 

DSCN0482

DSCN0485

 

 

 

小腹が空いたので‘おやき‘を買ってみました

 

DSCN0506 DSCN0507

 

DSCN0508 近江牛は判りませんでした・・・

 

 

 

 

木之本IC~琵琶湖沿いを南下

 

暫らく走れば会場到着DSCN0517「GRAZIE」

 

ここ数年、ポルシェ絡みで3回お世話になっております・・

 

 

DSCN0509 働くホールスタッフさんの容姿も   イタリア風

 

 

友人の抽選商品はコチラDSCN0515

 

 

DSCN0514 DSCN0513

 

モアナコーストよりプレゼントさせて頂いたペアランチ券も皆様にご好評となり

 

今回も大変有意義なツーリングとなったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

928 S4 exclusive ツーリング準備

明日はポルシェ主治医「フロッシュ」さんの春のツーリング

 

 

今回は整備が終わった928 S4 exclusiveでの初参加となります。

 

DSCN0438

 

いつものガスステーションでV-POWERを満タンにします。

 

コイツはツアラーだけあってカラに近ければ80L近く入るのでガスステーションの方も驚きます。

 

 

 

 

折角なので近くの岡崎海岸へ夕景を撮りに行く事に・・

 

傍には懐かしの渡し船の乗り場もあるので

県外の方には是非、訪れてみては如何でしょうか?

DSCN0442

 

 

 

DSCN0444 私も高校までよくお世話になったものです。

 

 

 

 

整備の整った岡崎海岸

 

DSCN0453

 

遠くには大鳴門橋と淡路島

 

 

 

DSCN0447

 

 

DSCN0452

 

 

写真がお好きな方には大変良い場所ではないでしょうか・・

 

 

 

 

 

 

ガレージに戻り、バリアスコートで簡易コーティング

 

DSCN0462

 

 

中々の出来栄え

 

 

 

今回の長期レストアの中でも特に時間と手間がかかったのが内装

当時の特注であったウッドパネル

 

ご覧のように新品以上の出来栄え

DSCN0459DSCN0460

当初、修理困難といわれたアナログ時計も完璧です

DSCN0461

 

当日レポートは後日と致します。

 

 

 

Meet the MG 2017 に参加しました・・その3

翌朝は快晴とまではなりませんでしたが

良いお天気に・・

 

DSCN0341

 

 

出発前、六甲山ホテル前でお約束の記念写真 DSCN0343

 

 

 

 

 

折角なので芦有に行ってから帰る事にしました。

 

 

DSCN0346

 

MG MIDGET では初の定位置での駐車

 

薄曇りで海を臨むことはできません

 

がッ!

 

 

非常にセンス良く仕上げられた AUSTIN HEALEY SPRITE と遭遇

DSCN0352

 

お話をさせて頂くと、昨日のイベント参加者とお知り合いとのこと

 

 

それにしても細部に亘るまで完璧な仕上がり

 

DSCN0348

 

ビンテージなゴーグルが泣かせます

 

 

DSCN0353

 

MK-1 1959年とありましたので私のTRIUMPH T110と同年

 

 

英国車の奥深さに感銘しのでした。

 

 

 

 

 

 

今回の記念品はコチラ

DSCN0373

 

ビンゴでの獲得品はコレ

DSCN0369

DSCN0370

 

 

 

 

 

 

記念のTシャツDSCN0379

 

 

 

DSCN0374

 

帰ってから数日後、このナンバーに重ねるカバー(何て言ったか?)を付けたまま30分程走って

 

休憩時に気がついたと云うオチもありました。

 

終わり

 

 

 

Meet the MG 2017 に参加しました・・その2

雨も上がった午後

ロッカーカバーカー・レースが始まりました。

DSCN0278

 

最初は何のことなのか?解りませんでしたがこれらを見て納得!

 

 

 

 

 

 

ロッカーカバー・・つまりコレ

valve-covers-spm_1

使わなくなったカバーを車体に見立てて走らせるんですね

 

 

DSCN0273

実に手の込んだ作品です

 

 

 

レース前には車検もあります

DSCN0275

錘がキャブレターと云うのもこだわりですね!

 

 

 

いよいよスタート

DSCN0316

 

大盛り上がりのレースとなりました・・・

 

 

 

ガレージの片隅にはノーマルのカバーがあるので作ってみようかなと考えております。

dsc07305

 

 

 

 

 

夕刻前には六甲山へ向けて移動

DSCN0319

 

前後はこんな感じでハイテンション

DSCN0321DSCN0322

 

敢えて下道をコマ図を見なが進むのですが・・

途中迷ってしまい

裏六甲からホテルに到着

 

DSCN0323

山頂は濃い霧で包まれておりました。

 

 

 

 

 

少々疲れ気味でパーティーに参加となりました

 

DSCN0338

本国の英国クラブの方もお越しになりお祝いのスピーチ

 

 

ビンゴやら美味しい食事、アトラクションで楽しめました・・・

 

続く